大規模修繕工事|工事内訳⑥防水工事(アスファルト防水編)

丹波良太 丹波良太

あなぶき加賀城建設 マンション修繕工事担当 丹波です。

シリーズで実際の工事内容、各工事内訳項目(どんな工事をするのか)の内容について、数回に分けてご紹介したいと思います。

今回は⑥防水工事(アスファルト防水編)について書きたいと思います。

目次

  • かぶせ工法と撤去工法の選択
  • アスファルト防水 工法の選択
  • 体験施設のご案内
  • まとめ

かぶせ工法と撤去工法の選択

まず、屋上防水を改修する場合、かぶせ工法と撤去工法のどちらにするか選択する必要があります。

撤去工法

長所は、全て既存の防水を撤去して施工するため、新築と同じ防水をすることが出来ます。
短所は、既存の防水を撤去しますので、施工中に漏水事故が発生する可能性が増えます。
既存の防水撤去・処分費用がかかります。

かぶせ工法

既存の防水を残したまま、その上に防水をする工法です。
長所は、既存の防水をのこしたままにする為、既存の防水撤去・処分費用がかかりません(立上り部分は除く)。
既存の防水層を残す為、既存の防水性能も期待できます。
最大の長所は、施工中の漏水事故の危険性が少ない事です。
短所は、新規防水の荷重増加が懸念されます。
また、施行条件にもよりますが、被せ工法は2回までが限度と考えた方が良いでしょう。
その場合、撤去工法となりますが、既存の防水層が新築時から数層分増えているので撤去・処分費用が増えます。
大規模修繕の場合、漏水事故や費用面からかぶせ工法を採用する事が多いです。

アスファルト防水工法の選択

アスファルト防水には数多くの工法がありますが、かぶせ工法の代表的な工法をご紹介します。

密着工法

既存防水の上に新規防水層を密着して増し貼りする工法です。
(写真参照   撮影場所:あなぶきPMアカデミー)
既存防水の状況が良い場合は、この工法を取ると良いでしょう。
部分的に悪い部分を補修して、増し貼りする場合もあります。
密着工法でも1枚だけ増し貼りする工法と2枚まし貼りする工法があります。
当然2枚の方が費用がかかりますが、防水性能は高いです。

機械固定工法

既存防水の上に新規防水層を機械的に(ディスク盤で躯体に固定)固定する工法です。
既存防水の状態が悪い場合は、この工法が選ばれやすいです。

機械固定工法のチェックポイント!

機械固定工法で重要なのは、ディスク盤の間隔が重要になります。
建物と防水を固定しているのは、ディスク部分です。
台風などの強風により、ディスクの数不足や、引張強度不足により、防水が剥がれる危険性があります。
その為、ディスクを固定するアンカー(ビス・釘のような物)の引張強度試験が重要です。
引張試験の数値を基に、風に対する強度計算を行い、どれだけの間隔でディスク盤を設置すれば良いのか事前に試験・検討しておく必要があります。
引張試験もせず、標準割り付け寸法で施行することは避けた方が良いでしょう。
 

体験施設のご案内

実は、今まで写真でご紹介してきた工法などが体験したり、見ることが出来る施設が有ります。

「マンション生活学習館 あなぶきPMアカデミー」
場所:〒760-0063 香川県高松市多賀町2丁目-8-2
電話:087-861-7300
http://www.anabuki-housing.co.jp/pm/

目で見て触って体感されると、より修繕について理解しやすいでしょう。

まとめ

今回はアスファルト防水の代表的な改修方法について書きました。
防水の改修工法については、各防水メーカーに依頼し、下地の状況などを見てもらったうえで、メーカーから工法・仕様について提案してもらうと良いでしょう。

これまでのブログタイトル!
リンクしていますのでクリックしてみてください。

事前に準備しておきたい外壁タイル
事前に準備しておきたい代替駐車場
事前に決めておきたい乾燥機のルール
施工時期はいつがいいの?
実は支払条件って大事

①共通仮設工事
②直接仮設工事
③下地補修工事(塗装下地編)
④下地補修工事(タイル編)
⑤シーリング工事
⑦防水工事(塩ビシート防水編)
⑧防水工事(ウレタン防水編)
⑨防水工事(共用廊下・バルコニー・階段編
⑩外壁塗装工事
⑪鉄部塗装工事
⑫その他工事(玄関扉取替工事編)
⑬その他工事(共用照明LED取替編)

⑭その他工事(金物編)

仕様書・数量
建物調査診断
業者選定業務(改修設計編)

業者選定業務(公募編)
業者選定業務(見積取得編)

業者選定業務(ヒアリング編)

塗装体験会

The following two tabs change content below.
丹波良太

丹波良太

あなぶき加賀城建設 丹波 良太(たんば りょうた)
以前は、新築工事にたずさわり建物を建てる・作る側の人間でした。現在は、マンション大規模修繕工事の現場管理をしています。担当エリアは北部九州です。出来たマンションを直す仕事です。建物を建てた経験を今は直す事に活かせています。
好きな事は、神社めぐり。心をおちつかせたり、パワーをもらったり。
いつもお参りできるように5円玉を常備しています。

保有資格:1級建築士・1級建築施工管理技士
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

最近書いた記事

関連の記事

  • facebook
  • feedly
  • rss
backtotop