マンションの購入を考えている方必見!!マンション購入の諸費用とは?

平尾侑大 平尾侑大

こんにちは。穴吹ハウジングサービスの平尾です。

マンションの購入を考えている方で、購入時に物件価格以外にも支払わなくてはいけない諸費用があることを

ご存じの方は多いと思います。

ですが、実際に諸費用の内容・金額まで把握されている方は少ないと思います。

ですので今回は、【マンション購入時にかかる諸費用】について解説して参ります。

現在、マンション購入を検討されている方はお役立てください。

 

 

諸費用とは

諸費用とは、物件価格とは別に支払う必要のある税金手数料を指します。

掛かってくる諸費用もケースバイケースではありますが、以下では主なものを解説いたします。

 

仲介手数料

不動産会社へ仲介を依頼した場合に必要な手数料です。

直接売主様から購入される場合等を除き、ほとんどの場合で必要になってきます。

仲介手数料は、法律で上限が決まっており物件価格によって変動します。

仲介手数料はこちらで計算できます

物件価格 仲介手数料
200万円以下 物件価格の5%+消費税
200万円超400万円以下 物件価格の4%+2万円+消費税
400万円超 物件価格の3%+6万円+消費税

例)2,000万円の物件を購入される場合は・・・

2,000万円×0.03+6万円=66万円 これに消費税10%を加算して66万円×1.1=72.6万円

72.6万円が仲介手数料として必要となります。

 

登記費用

不動産を購入した際には、トラブルを防止する為にも登記手続きを取る必要があります。

不動産登記は、通常司法書士へ依頼し手続きをしてもらいます。

その際に、必要になる登録免許税と司法書士への報酬等が登記費用です。

物件価格・登記内容等によって金額が変わりますので、見積もりを取ることをおススメします。

登録免許税については、こちらのブログを是非ご参照ください。

知っておきたい!中古マンション購入と登録免許税の話

 

住宅ローン費用

住宅ローンを組む場合、金融機関等に支払う必要のある費用です。

主に①事務手数料、②保証料、③団体信用生命保険料、④印紙税が必要となります。

借入を行う金融機関、住宅ローンの種類等によって変わってくるので、事前に借入内容について、

確認し把握しておきましょう。

 

その他

その他には以下の費用があげられます。

印紙税

売買契約を締結する際、契約書面に必要となる税金です。

物件価格によって変わってきます。↓

物件価格 印紙税額
1,000万円超5,000万円以下 10,000円
5,000万円超1億円以下 30,000円
1億円超 60,000円

(軽減措置の税額を記載)

不動産売買に関する印紙税については、こちらのブログを是非ご参照ください。

3分でわかる中古マンション購入と印紙税 ~売買契約書~

 

保険料

火災保険料や地震保険料等です。

保険会社・内容によって金額は変動します。

事前に見積もりを取りましょう。

 

固定資産税等・管理費等精算金

物件の引き渡し後の固定資産税等や管理費・修繕積立金等(新所有者が負担すべき部分)を前所有者が支払って

いた際に、支払う必要がある費用です。

通常、お引渡し日からの金額を日割りで計算します。

固定資産税については、こちらのブログを是非ご参照ください。

【簡単計算】中古マンションの固定資産税はいくら?

 

不動産取得税

不動産を購入する際に必要となる税金です。

原則として、建物・土地ともに固定資産税評価額の4%が掛かりますが、

令和6年3月31日までは建物が住宅・土地の場合は3%に軽減されます。

さらに、一定の要件を満たすことによって、軽減を受けられる場合があるので、購入前に軽減をうけられる物

か確認しておきましょう。

 

リフォーム・ハウスクリーニング費用等

中古物件の場合は現状有姿(現在の状態そのまま)での引き渡しが基本となります。

必ずしも必要とは限りませんが、前所有者の使用状況によっては、リフォームやハウスクリーニング、設備の交

換を行う必要があるかもしれません。

契約前に、物件の状況の確認・交渉を行うことが後々のトラブル防止にも繋がります。

気になる部分は細かいことでも確認しておきましょう。

 

引っ越し費用

作業日時によって大きく金額が変わってきます。

売主様・仲介業者としっかり話し合い無理のないスケジューリングをしましょう。

また、マンションの場合引っ越し日時が決まったら管理会社への連絡を忘れないようにしましょう。

 

まとめ

以上が主な住宅購入時に必要となる諸費用となります。

金額はケースバイケースではありますが、通常物件価格の6%~10%が諸費用として掛かると言われていま

す。

仲介会社がいる場合は、担当者に諸費用が総額いくらになるか聞いておきましょう。

購入金額の総額を把握しておくことで、購入に無理がないか、物件価格の上限がみえてきます。

気に入った物件に長く住み続けていくためにも、購入初期段階での資金計画はしっかりと立てていきましょう。

 

 

 

The following two tabs change content below.
平尾侑大

平尾侑大

あなぶきハウジングサービス 西日本不動産事業部 山陰営業所
平尾 侑大(ひらお ゆうだい)
香川県高松市出身。2020年あなぶきハウジングサービス入社。
入社後、不動産グループ(現:西日本不動産事業部)に配属。
主に、中古マンションの売買・賃貸を担当しております。
皆さまのお役立ちになる情報を発信していきますので、よろしくお願い致します。

【保有資格】 宅地建物取引士、管理業務主任者
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

最近書いた記事

関連の記事

  • facebook
  • feedly
  • rss
backtotop