不動産のリースバックをご存知ですか?そのメリットについて解説します

平尾侑大 平尾侑大

こんにちは、あなぶきハウジングサービスの平尾です。

ここ数年でよく耳にするようになった『リースバック』。

聞いたことはあるけれど、実際にどのようなものなのかは分からないという方も多いのではないでしょうか?

今回は、リースバックとは何かリースバックのメリット・デメリットをご紹介します。

お持ちの物件を売却、新しい物件の購入を考えている方はぜひご参考ください。

 

リースバックとは?

リースバックを簡単に言うと、「売却した物件を借りて暮らす」ということです。

主に不動産会社に物件を売却し、その後家賃を支払うことで今の住まいを変えずにまとまった資金の確保ができるというものです。例えば当社の場合は下記のような要領です。

契約前に、賃貸借期間・賃料を決めるので安心して住み続けられます。

途中解約・再契約(1回限り)も可能ですので、急なご事情の変化にも対応できます。

さらに、買戻し特約を売買契約につけることによって、賃貸借期間中売却したお部屋を買い戻すことが可能です。買い戻す際の価格についても、売買契約前に将来の価格予想等から算出しオーナー様にご納得いただいてから決定します。

どういったケースに使えるかというと・・・

  • 新しいお家に住み替えする予定だが、購入資金とお家が完成するまでの住まいを確保したい。
  • 自宅を売却し老後の資金の確保したいが、今の住まいを変えたくない。
  • 昨今の情勢で収入が減り借入金の返済が難しくなったが、今のお部屋に住み続けたい。
  • ケガや病気で急にまとまった資金が必要になった。                etc…

まとまった資金が必要だが、現在の住まいを変えたくないといった方におススメのサービスです。

 

リースバックのメリット・デメリット

リースバックのメリット・デメリットとしては以下の点があります。

 

メリット                       デメリット

購入代金は一括でお支払い                ・所有権がなくなる

短期間で現金化                     ・毎月の支払いが増える可能性がある

・ご近所の方には知られることなく住み続けられる      ・自由なリフォームができなくなる

お引越し費用が不要                    ・通常の売買に比べ、買取価格が低くなる

・毎月の管理費、修繕積立金、固定資産税がかからない

・将来、売却した物件を買い戻すことが可能(買戻し特約可能)

 

ご相談いただいた際には、お客様のご事情・目的に合わせたご提案をさせていただきます。

 

あなぶきハウジングサービスからのお約束

当社でリースバックをご利用されるお客様に5つのお約束をさせていただきます。

  1. 安心してお住まい頂くために、お客様との賃貸借契約期間中、第三者に売却することは致しません。
  2. 長らくお住まい頂いている感謝として、お家賃を賃貸借期間1年の場合「相場より安く」、2年の場合「相場よりやや安く」設定致します。
  3. ご要望に応じてご高齢の賃借人様に定期的にご連絡をとり、ご親族様へご報告致します。
  4. 特典としまして年に1度お中元もしくはお歳暮をお送り致します。
  5. 賃貸借期間終了後、新たなお住まいの斡旋、お引越しの手配等サポート致します。

 

詳しくは、当社Webサイトも是非ご覧ください。
 https://www.f-anabuki.jp/html/lease-back.html

 

まとめ

最後までお読み下さりありがとうございました。

リースバックがどのようなものか、どのような時にご活用いただけるかお伝えさせていただきました。

今後、ご自宅の売却や新しい物件のご購入を検討される際に、1つの選択肢として「リースバック」もお考えいただけらば幸いです。

実際にお部屋を売買・賃貸等をお考えになる際に、ご自身だけではご不安な点が多いと思います。

「あなぶき」にはマンションについて、各分野の専門知識をもっている者が多数おりますので、お気軽にご相談ください。

The following two tabs change content below.
平尾侑大

平尾侑大

あなぶきハウジングサービス 西日本不動産事業部 山陰営業所
平尾 侑大(ひらお ゆうだい)
香川県高松市出身。2020年あなぶきハウジングサービス入社。
入社後、不動産グループ(現:西日本不動産事業部)に配属。
主に、中古マンションの売買・賃貸を担当しております。
皆さまのお役立ちになる情報を発信していきますので、よろしくお願い致します。

【保有資格】 宅地建物取引士、管理業務主任者
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

最近書いた記事

関連の記事

  • facebook
  • feedly
  • rss
backtotop