なぜ「マンション管理会社」に就職?|新入社員インタビュー

高野葉月 高野葉月

こんにちは!あなぶきセザールサポートの高野です。

最近梅雨入りし、じめじめした天気でとても憂鬱な気分です…。

はやく梅雨が明けて欲しいな~と思います!

 

さて、今回のブログ記事では、新入社員の初山くんにたくさんある職種の中でなぜ「マンション管理会社」就職したのかについてインタビューをします!

「マンション管理会社」を志望されている方に、参考にしてしただければと思います!

 

目次

  • 新入社員にインタビュー
  • まとめ

 

新入社員にインタビュー

 

Q.なぜ不動産業界を志望したのか教えてください!

私は大学生時代、まちづくりに関しての研究をしていました。
まちが栄えるには人・家があることが絶対条件(らしい)です!それを知ってから、
私は「まちづくりの一端を担えるなら、人の住まいに関係した仕事がしたい」と考えていました!
人の住まいに関係した仕事といえば不動産業なのかなと思ったのが志望したきっかけです!

 

Q.なぜ不動産業界のなかでも「マンション管理業」を選んだのですか?

私は昔から人と接することが好きでした。「これも仕事に繋げられるかな」と思い、
不動産業界に絞って職種を調べているなかで、ひとりの人と永く関係を持ち続けることができるマンション管理業が目に入りました!
当時私は、「不動産業界は、物件を売ってそこでその人とは関係終わり」というイメージを持っていました。
私は可能ならば様々な方と永くお付き合いしていきたいなと考えていたので、マンション管理業はそんな考えを持っていた私にピッタリだと思い、選びました!

 

Q.「マンション管理業」ってイメージが沸きにくいと思うのですが、仕事を始めるまでどんなイメージを持っていましたか?

香川県での研修が始まるまで、居住者様のお悩み・相談をお聞きし、最善の策を提案し、いつまでも幸せに暮らしていただけるようお手伝いをする、というイメージを持っていました。
研修を終え、配属された今では、最善の策を考えてあげるために膨大な知識が必要であることを知り、考えが甘かったかなと思っていますがイメージ通り……かな?と思っています。
覚えることもやることもとても多いですが、やりがいがある仕事だとも考えていたので、イメージ通りでとても楽しいです!

 

Q.社会人になって、学生のうちに準備しておけば良かったと思うことは何ですか?

宅地建物取引士や、管理業務主任者という資格を学生のうちにとっておけばよかったなと思っています。
個人差はあると思いますが、社会人になると忙しくなってしまい、資格の勉強に時間を満足にまわせないと思います。
残りの学生生活を謳歌するため、遊びまくるのはすごい大事です!
でも、社会人になる準備として資格合格のために勉強を頑張ってみるのも大事だと思います♪
私は内定をいただいて以降はひたすら遊んでいて、勉強を始めたのが試験日ギリギリになってしまっていたので、その頃の自分に「ずっと遊んでいないで資格の勉強しろ!」と言ってやりたいです…..。

 

まとめ

インタビューに答えていただき、ありがとうございました!!

皆さんそれぞれに入社した経緯がありますが、詳しくお聞きする機会はなかなかないので、とても興味深い内容でした!

高野も以前ブログ記事で、就職活動についてお話しているのでよかったら読んでみてください(笑)

マンション管理会社に就職!タカノの就活体験記

 

The following two tabs change content below.
高野葉月

高野葉月

あなぶきハウジングサービス 北関東支店:高野葉月(たかの はづき)
大阪府出身。2017年にマンション管理フロントとして入社。
管理業務主任者と宅地建物取引士の資格を保有しています。今年は、簿記に挑戦します!!
新入社員として日々感じることをお伝えできたらと思います。
趣味は、スポーツ観戦(サッカー・格闘技)です。よろしくお願いします!
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

最近書いた記事

関連の記事

  • facebook
  • feedly
  • rss
backtotop