転勤って実際どうなの?経験者にインタビューしてみた!

笹田颯大 笹田颯大

こんにちは!あなぶきハウジングサービス採用担当の笹田です。

 

気がつけばもう今年もあと4日ですね。早い、早すぎる…皆様はどんな一年だったでしょうか。

さて、本日は、就活生の皆様にぜひ見てもらいたい!
就活生の仕事選びの軸にもなってくる、「転勤」ついてあなぶきハウジングサービスの視点でお話をさせていただきたいと思います。

転勤って実際良くわからないけど、大変なんでしょ?
困ることは…?
いいことってあるの…?

そんな疑問を実際に転勤した社員にインタビューしてみました!

 

転勤って何のためにあるの?

そもそも転勤って何?

まず転勤とは勤務地が従来の場所と変わることを指します。勤務地が変わるので必然的に引っ越しが伴うのが特徴で、同じタイミングで部署が変わり、仕事内容も変わることもあります。

何のためにするの?

様々な意図がありますが、一般的に言われる内容としては、組織の活性化、ゼネラリスト人材の創出、適材適所の人員配置などを目的としています。
あなぶきハウジングサービスも同じような意図を持って転勤の制度を導入していますが、
新しい土地や新しい仕事を知ることでの、社員」の成長の機会と捉えています!

インタビューの中でそんな一面を感じていただければと思います。

それではインタビュー行きましょう!

転勤経験者にインタビュー 若手社員編 Part1

転勤経験済みの若手社員にインタビューをしてみました!

まずは江郷さん

開発部門他社様で管理を行っている分譲マンション管理組合様へ当社の管理をご提案するリプレイス提案を行う部署です。

↓↓↓詳しくはこちら↓↓↓

管理会社の変更をするメリット・デメリットって? | もっとわくわくマンションライフ|マンションライフのお役立ち情報 (anabuki-m.jp)

江郷さんもライターとしてブログ投稿中です!

異動を言われたときはどんな気持ちだった?

笹田:よろしくお願いします!早速ですが、異動を伝えられたときはどんな気持でしたか?

江郷:転勤先の関西エリア(大阪)は希望していたエリアだったので、嬉しい反面、今までやっていた管理の仕事と違い、開発の仕事が想像できていなかったし、自分に務まるか不安な気持ちでした。

新天地という嬉しさ30%、不安が70%といった感じでしたね…

笹田不安の割合おっきいですね笑
新しい仕事、新しい場所だとやっぱり不安がありますよね。新しい環境にはなれましたか?

江郷:赴任してからは仕事を一から覚えることや、人間関係を新たにつくることは大変でしたが、
周りの社員の皆様がサポートしていただいたおかげで早めに慣れることができました!
今までとは違う業務を行うことで、新しい刺激があって自身の成長につながっているなと思います。

 

良かったことはありますか?

笹田:よくマイナスなイメージがある転勤ですが、良かったことはありますか?

江郷:大阪には美味しいごはん屋さんがいっぱいあるところです!笑
行きたい候補リストがたくさんあるので、タイミングをみて色々行ってます。最近は近所に安くて美味しいお気に入りの粉もん屋を見つけました!岡山でも色々食べ歩きましたけど、新しい土地だと新規開拓が楽しいですね~!

仕事面でいうと、業務内容がガラッと変わったので、会社の見え方が変わったのが一番大きいです。
今までは自分の会社のやり方・考え方しか知りませんでしたが、他社のやり方・考え方を知って勉強にもなりましたし、より自信をもって弊社をアピールすることもできるようになりました!

        

悪かったことは?

笹田:では気になる悪かったことは?

江郷運転です(T_T) 大阪は車線が多すぎるんですよ、、、土地勘がなさすぎて、最初は道を覚えることも苦労しました。(今でもひゃっとすることありますが)

笹田:確かに大阪での運転は怖いですね笑 けど、それだけ??実際他には??

江郷:パッと思いつかないですね…強いていうなら…
地元が福岡なのでちょっと遠くなっちゃったこと?ですかね。
それでも新幹線ですぐなので、正月、GWには地元に帰ってリフレッシュしてます!

笹田地元からのアクセスは気になるところだね。ぜひ長期休暇はしっかり使って帰省してくださいね!
では、本日はインタビューの時間をいただきありがとうございました!

 

転勤経験者にインタビュー 若手社員編Part2

続いてインタビューをしたのは入社7年目O.Kさん

Kさんは2回の転勤を経験している社員です。

2回転勤経験されていますが、大変でした?

笹田:すでに2回の転勤を経験されてますが、振り返ってみて大変でしたか?

Kさん:大変だった事…2回目は家族と一緒なので引っ越し作業はちょっと大変でしたね。役所に回ったりとか、意外に時間が取られるので…
笹田:家族と一緒だと荷物も多いし、お子さんの保育所・幼稚園問題もありますもんね。
Kさん:そうですね。自分にとっても家族にとっても大きな変化にはなるので、支え合いは大事ですね。

新天地はどうですか?

笹田:今は広島支店のグループリーダーとして異動されてきましたが、異動してみて感想を聞かせてください。
Kさん:そうですね、私は広島→倉敷→広島と以前にいた拠点への出戻り異動だったので
驚きが大きかったです。また?なんで?って思いましたね笑

ただ、「なぜこの勤務地」なのかや、「ステップアップでリーダーをしてもらいたい」という会社の想い・期待も一緒に伝えてもらったので、「頑張ろう」と気が引き締まったというのもありますね。

あと、一度いた拠点なので、土地勘があるのは良かったです笑。すぐ馴染めました!

 

変わったことってありますか?

笹田:もともといらっしゃった拠点とのことですが、以前と変わったことはありますか?
Kさん:他にも転勤で別の拠点に動かれている方も居たので、メンバーは以前とは変わってましたね。
あとは、拠点の人数が以前の拠点から5倍くらいになり、周りの方の相談を受けることやサポートに回ることが増えました。
今までとは立場が変わったので、リーダーとしての自覚を持って仕事するようにしています。

私生活でいうと家の近くに動物園があるので、家族で動物園に行くことが増えました笑。今までになかった娯楽に触れることができるのはいいな~と思います!

 

笹田:ありがとうございます!仕事もプライベートでもいいことがあったんですね。
インタビューありがとうございました!

 


インタビューした2人とも、転勤を機に考え方や仕事に対する姿勢が変わったというコメントをいただきました。必ず社員の中でも良い変化のあるタイミングになっていますね。

 

番外編 転勤大ベテラン社員にも話を聞いてみました。

入社15年目、西日本事業部の支社長にも話を聞いてみました。私の記事では2度目の登場!

転勤回数でいうと計7回!

いろんな経験をしているに違いないということで、質問をぶつけてみました!

数々の拠点を経験されて面白かったことは?

支社長:これって思うかもしれないですが、「方言」おもしろいですね笑
こんな違うんだ、と各地に住んでみて思うのと、この方言はどこに言っても誰とでも話のネタになります。
友達、家族、お客様、同僚誰とでも弾む会話になるので、いつも使っています。

転勤して思うことは?

支社長:いい事と悲しいことが表裏一体ですが、たくさんの出会いと別れがあるなと。
慣れ親しんだ人たちの別れは悲しいですが、新しい出会いは本当に自分の人生の刺激になる。
転勤して最も良かったと思うことですが、各地に「頼れる人」や「また会いたい」と思える人たちがいるのは嬉しいことですね。

ここまで成長できたのはこれまで出会った人たちのおかげだと思っています。

笹田:ありがとうございます!

まとめ

いかがでしたでしょうか?転勤についてイメージは膨らみましたでしょうか?

当社にも総合職、エリア職ともに制度としてあります。地域密着企業だからこそ、地元愛を大切にする姿勢と、
それぞれにいい部分があり、どちらかが正解であるわけではありません。
どちらの選択だとしても当社の社員は「チャレンジ」をする精神を持って仕事をしています。

もっと詳しく先輩社員の話を聞いてみたい!と思っていただけた方はぜひ当社のHPを除いて見てください!

人事ブログこちらから過去の記事をチェックいただけますよ。

あなぶきハウジングサービス採用サイト (anabuki-housing.co.jp)

ではまた次回お楽しみに!

The following two tabs change content below.
笹田颯大

笹田颯大

あなぶきハウジングサービス 人事部:笹田 颯大(ささだ そうた)
お部屋探しの部署、賃貸事業部で3年間現場を経験し、2020年の9月に人事グループへ異動してきました!
現在は新卒採用をメインに日々てんやわんやしながら仕事をしております。
このブログでは難しいことは書きません!私たちの日々の仕事様子をみていただき、少しでも、「あなぶき」に興味をもってもらえればうれしいです!趣味ではありませんが、自炊にハマっています。三日坊主になりませんように…
【保有資格】宅地建物取引士
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

最近書いた記事

関連の記事

  • facebook
  • feedly
  • rss
backtotop