不動産業界を目指す就活生必見|分譲マンション管理フロント担当者の仕事

三宅 由香里 三宅 由香里

こんにちは、三宅です。最近、一気に暑くなりましたね。本格的な夏を迎える前に薄着になれる体型の準備をしているこの頃です。・・が、間に合いそうにありません(笑)

さて、 就職活動をしていると、普段広告や商品を見かけたりするような企業もあれば、まったく知らなかった企業を知る機会もたくさんありますよね。あるいは、まったく知らない業界に出会うこともあるのではないでしょうか。

当社の『マンション管理業』も説明会等に参加するまでまったく知らなかったと学生さんから言われがちな、どちらかというと学生さんには馴染みのない業界なのではないかと思います。実は、いつも説明会で「マンション管理ってね~」なんて偉そうに話している私も就職活動をするまではマンション管理業の知識は一切ありませんでした!(笑)

不動産業界を目指している就活生の方、あるいはいろんな業界を検討しているという方にもこんなお仕事もあるんだ!と感じていただければ嬉しいです。

image

目次

  • マンション管理会社とは
  • マンション管理会社の『フロント』とは
  • フロントの業務内容
  • フロントに向いている人

マンション管理会社とは

マンション管理会社は、簡単にいうと『分譲マンションにお住まいのお客様の生活をより良くするためにコンサルティングする役割』を担います。

マンションを購入した方の気持ちを想像してみてください。マンションという大きなお買い物をしたのであれば、買った時と同じように10年後、20年後、その先もずっと快適で安心、安全な暮らしをしたいと思いますよね。ただ、年数が経てば建物は老朽化しますし、マンションという共同生活ならではの困りごとが生じる場合もあります。そういったマンションが抱える課題や潜在的なニーズを把握・解決し、今よりももっと暮らしやすい生活になるようアドバイスをしてくれる存在がいたら安心だと思いませんか?

この存在こそがマンション管理会社なのです。現在、日本全国にある分譲マンションの約9割以上が当社のようなマンション管理会社に管理委託をしているのが現状です。そして、実際に直接お客様とお会いしてアドバイス等コンサルティング業務を担うのが「フロント担当者」と呼ばれる社員です。

マンション管理会社の『フロント』とは

マンション管理と聞くと、清掃やお出迎えをしている「管理員」をイメージされる方が多いのではないでしょうか。よく誤解されがちなのですが、フロントと管理員の仕事は全く異なります。マンション管理会社には「フロント」と「管理員」がそれぞれいます。

管理員とは

マンション現地で主に清掃、受付、点検工事の立会等を行う人。

当社では「管理員」ではなく、「ライフサポーター」(暮らし、生活を支える人という意味)と呼んでいます。

フロント担当者とは

数棟のマンションを担当し、コンサルティング業務を行います。マンション毎に現地で働くライフサポーターがいますので、連携を取りながらかつ清掃・接遇指導を行いお客様が気持ちよく生活できる環境づくりを考えます。

マンション管理会社では、管理を任せていただいているマンション毎に担当者を割り当てています。その担当者のことを「フロント(担当者)」と呼びます。マンション管理会社においてフロントは花形の仕事であるといえます。マンションの規模やフロントの技量、経験値などによっても異なりますがフロントは複数のマンションを担当します。当社の場合は平均して1人10~15棟程度のマンションを担当することとなっています。

フロントの業務内容

フロントの業務内容は多岐にわたりますが、大きく3つに分けることができます。

  • 総会・理事会等組合活動の支援
  • マンションの維持又は修繕の企画、実施
  • 日常のご要望への対応、緊急時の対応

 

分譲マンションでは、マンションの適切な維持管理をおこなうため、区分所有者全員で管理組合という組織を設立しており、管理組合では、マンションの維持管理のため、総会や理事会といった会合を定期的に開催します。フロント担当者はこの会合における事前の資料作成や日程調整、会場の確保等の準備を行い、また、会合の場では進行の補助やマンションへの提案・アドバイスを行います。提案・アドバイスの内容はマンションが抱える課題や潜在的なニーズ、マンションに関わるあらゆる事柄に関しての幅広いものとなります。

さらに、生活の基盤となるマンションでは日常的にお住まいの方お一人おひとりがマンションでの困りごと、悩み事を抱えるケースがあります。あるいは突発的なトラブル、緊急事態が発生することもあり得ます。そのような生活を脅かす可能性のある事象も改善するためフロントが対応をし、お客様が快適で安心、安全な生活を送れるようサポートすることがフロントの業務内容です。

 

フロントに向いている人

フロント担当者に求められるスキルを、当社の取締役を務める松井が記事にしています。

→マンション管理会社のフロント担当者に必要な5つのスキル 

最後の「担当マンションのことを考え抜く姿勢」にもあるように、知識や経験ももちろん必要ですが、一番はお客様をどれだけ想えるかということが大切なのだと思います。お客様のことを考え抜き、知り尽くしたうえでの提案をお客様に納得していただいたり、感謝の言葉をいただけた時にやりがいを感じられる、そんな人にこのマンション管理フロントの仕事は向いているのではないでしょうか。

さいごに

ざっくりとした説明ではありますがなんとなくマンション管理業というものをイメージしていただけましたか?就職活動はあなた自身の世界を広げるチャンスでもありますので、少しでも興味が湧いた方はマンション管理業への道も検討してみてはいかがでしょうか。

The following two tabs change content below.
三宅 由香里

三宅 由香里

あなぶきハウジングサービス 総務部:三宅 由香里(みやけ ゆかり)
分譲マンション管理担当(フロント)の経験を経て、現在は総務部で採用をメインに担当しています。常に就活生の等身大の採用担当であることをモットーに日々奮闘中。年間200名を超える学生さん、転職者の面接を実施しており、面接対策アドバイスを得意としています。
見た目に反してフットワークの軽さは誰にも負けません!
保有資格:管理業務主任者・宅地建物取引士
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

最近書いた記事

関連の記事

  • facebook
  • feedly
  • rss
backtotop