“あなぶきの寮・社宅管理”が目指すもの 「住みたくなる寮・社宅」

松井一三 松井一三

こんにちは!あなぶき社宅サービスの松井です。

弊社は、企業様が保有される社員寮や研修センター、保養所などの福利厚生施設の管理運営、また、そうした施設での食事の提供(給食業務)等、様々なサービスを提供している会社です。
今回は、弊社が目指している“寮・社宅管理”について、お話ししたいと思います。

私たちが目指しているもの

企業様からお預かりしている寮や社宅などを管理運営する上で、私たちが目指しているゴール、それは企業理念である「しあわせ『感』理」をお客様にお届けすることです。

昨年から続くコロナ禍にあって、日々の暮らし・生活スタイルも一変している中で、寮生さまに、少しでも「快適」「簡単」「便利」を感じていただけるようなサービスを提供したいと考えています。

例えば、以前にご紹介しました寮生活支援アプリ「ハピメシ」も、そのための一つのツールです。日々の食事の予約がスマホで簡単にできたり、消防点検や館内の定期清掃の日程のお知らせ機能など・・・すでに導入いただいている施設の寮生さまには便利にご活用いただいています。

管理の基本は「人」であり、管理・調理の知識や技術ばかりでなく、気配り、心配りができる“奉仕の精神”に富んだ管理人さんの育成は欠かせません。
そのために設けられた施設が、あなぶきPMアカデミーTOKYOの3階にある『社宅スクエア』です。

私たちは食を通じて、企業で働く皆さまを応援しています

キッチンLABO(ラボ)…これまでブログで紹介しました寮食メニューの調理を行ってきた社宅スクエアのメインコーナーです。
寮や社宅で生活される皆さまの健康的な食事の提供(献立・調理法・素材等)及び「調理技術向上」「衛生環境維持」の研修を目的に、調理技能士が監修・設計したスペースとなっています。

この「キッチン・ラボ」では主に次のようなことを行っています。

  1. 健康経営に寄与する「健康メニュー」の開発
  2. 地域の特産物や季節食材を活かした「特別限定メニュー」の開発
  3. 長時間保存可能なメニュー・新調理法の研究(急速冷却機・真空包装機などの活用)
  4. 調理スタッフの実技試験や、定期的なスキルアップ教育の実施
  5. HACCPに準拠した調理手順の習得と安全衛生環境の維持を目的とした研修

※HACCP(ハサップ)とは…

HACCPとは、食品等事業者自らが食中毒菌汚染や異物混入等の危害要因(ハザード)を把握した上で、原材料の入荷から製品の出荷に至る全工程の中で、それらの危害要因を除去又は低減させるために特に重要な工程を管理し、製品の安全性を確保しようとする衛生管理の手法です。この手法は 国連の国連食糧農業機関(FAO)と世界保健機関(WHO)の合同機関である食品規格 (コーデックス) 委員会から発表され,各国にその採用を推奨している国際的に認められたものです。 

 (厚生労働省ホームページより)

2台のカメラが設置されたキッチン・ラボ

カメラで撮影された様子は、スクエア内のコミュニティゾーンに設置されたモニターに映して、キッチン内で行われている作業の様子を確認しながら研修プログラムを作成しています。

寮・社宅管理の外部委託を検討されている企業のご担当者さまをお招きしてのプレゼン会場としても活用しています。

大型モニターを活用したプレゼンを行っている間に、お客様が要望される食単価に合わせた朝食、夕食のメニューをキッチンLABOで調理して、試食会を開催します。

住みたくなる寮・社宅を目指して

寮・社宅と言えば、企業様の福利厚生の一翼を担っておりますが、昭和から平成、そして令和と時代の変化とともに、そのあり方も変わってきています。
特に、昨今では、企業様が推進されている健康経営においても、寮・社宅の果たす役割は大きいのではないかと思います。
弊社では、寮や社宅にお住まいになられている入居者さまの健康を第一に考えたお食事を提供しています。
また、寮生さまが寮に帰ってきた時に、ホッと安心できる快適な空間をご提供させていただくことを念頭に日々の管理業務を行っております。

まとめ

結局、「住みたくなる寮・社宅」って何だろう?と考えた時、日々の巡回で訪問している施設で見かける次の写真の中に、その答えがあるような気がします。

 

新型コロナウイルス感染拡大防止策として、テレワークの導入等が進む中、時差出勤で、朝食を召し上がるのが遅い寮生さまへメッセージを添えて。

お帰りの遅い寮生さまとは、顔を会わせる機会も少ないので、少しでもコミュニケーションを。

日々の仕事の中で疲れを癒やす場所、オン・オフの切り替え、明日への活力につながるような生活の場所をお届けできたらと思います。
結局、「住みたくなる」ということは、こういう管理人さんのちょっとした心配りの積み重ねではないかと考えています。テレワークや時差出勤、オンライン会議などなど、社会が変容していく中で、カタチは変わっても、“人のぬくもり”にホッとできる寮・社宅の管理運営サービスをご提供していきたいと思います。

施設の管理・運営に少しでもお困りのことがありましたら、是非、私どもあなぶき社宅サービスにご連絡ください。これを機会に、弊社ホームページもご覧いただけると幸いです。
弊社ホームページ ⇒ あなぶき社宅サービス

 

 

The following two tabs change content below.
松井一三

松井一三

あなぶき社宅サービス 東日本開発部 松井 一三 (まつい かずみ)
あなぶき社宅サービスは、企業様が保有される社員寮・社宅・保養所などの運営管理と給食の提供を行っています。このブログでは、弊社がお客様にお届けしている様々なサービスの中から、皆さまのお役に立ちそうなモノ・コトをお伝えしていければと思っています。
趣味はクロスバイクです。四季折々の風を感じながら疾走していると見慣れた景色も、表情が変わって見えてくるから不思議です。

保有資格:宅地建物取引士 
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

最近書いた記事

関連の記事

  • facebook
  • feedly
  • rss
backtotop