寮・社宅探訪記!夏バテ防止にぴったりのスタミナ料理をご紹介

松井一三 松井一三

こんにちは!あなぶき社宅サービスの松井です。

今年も暑い夏がやってきましたね。毎年のように日本列島各地で最高気温が記録されるようになって、照り付ける日差しの中で、「いや~暑いですね~」と挨拶をしていたかと思えば、突然のスコール(集中豪雨)…もはや亜熱帯な様相を呈するニッポンの夏!皆さまいかがお過ごしでしょうか?

さて、今回は、フードサービス推進部の高吉さんに同行して、施設を訪問してきました。
弊社が管理運営している寮・社宅で提供している食事の標準メニューの中から、夏の人気メニューをご紹介させていただきます。

■夏メニューの特徴

豊かな自然と四季に恵まれた日本は、四季折々の旬の素材をふんだんに使った「季節ならでは」「ご当地ならでは」の名物料理が目白押しです。
“蕎麦”や“うどん”に代表されるのど越し爽やかな麺料理は、暑さで食欲不振に悩まされることの多いこの時季には欠かせないメニューの一つですね。

あとは、例えば、夏野菜たっぷりの“山形のだし” “鹿児島のへちま汁”などもご家庭で楽しめる人気メニューですね。
暑い夏を乗り切るために、寮や社宅でご提供しているメニューにもいろんな工夫をしています。

のど越し、スタミナ、食欲増進、栄養バランス…と、夏メニューのキーワードはたくさんありますが、なんと言っても、旬を迎えた野菜をふんだんに取り入れてた夏らしい彩り豊かな料理が並ぶ食卓は、目で見て、香りを楽しみ、舌で味わう…まさに五感で味わいを楽しむ舞台と言えるのかもしれません。

<山形のだし>夏野菜と香味野菜の絶妙なハーモニー

■寮で大人気の「スペアリブ大蒜醤油焼き」

さて、今回お伺いしたのは、高吉さんが食品衛生検査を担当している首都圏にある社員寮です。ご夫婦お二人で寮を切り盛りしていただいております。

寮生さまは20代の若い社員さんが多く、食べ盛りの寮生さまのリクエストにお応えしながらも、栄養の偏りのないように、不足しがちな野菜をなるべく取り入れて、ボリュームたっぷり!ご満足いただけるよう工夫をされているそうです。

当日のメニューは「スペアリブ大蒜醤油焼き」でした。今回は豪快に!寮でのレシピそのままにお伝えします。

◆スペアリブ大蒜醤油焼き

材料(10人分) 作り方
・スペアリブ ……… 2kg
・にんにく  ……… 2~3片
・生姜    ……… にんにく同量
・残り野菜  ……… 適量(臭み取り)
・酒     ……… 300ml
・水     ……… 3ℓ(A)
・おろしにんにく用… 2~3片
・醤油    ……… 150ml
・酒     ……… 150ml
・みりん   ……… 150ml
 ① スペアリブに塩・胡椒をし表面に焼き目を付ける

② 圧力鍋で15分程火にかける

③(A)のタレを入れ焦がさないように焼きからめる

④ 火からおろし、お皿に盛付け、あらかじめ作っておいたラタトゥイユを添える

☆ワンポイント:圧力鍋にかけたスペアリブを湯切り後、冷水にくぐらせる事で余分な脂と肉の臭みが取れて、より美味しく仕上がります。柔らかいので崩れないように気をつけましょう。

◆ラタトゥイユ

材料(10人分) 作り方
・イタリアントマトカットダイズ … 1缶
・赤&黄パプリカ  ………     各1個
・ズッキーニ    ………     1本
・茄子       ………    中2~3本
・玉ねぎ      ………    中1~2玉
・おろしにんにく  ………     適量
・コンソメ     ………     適量
・ローリエ(あれば)………    1~2枚
 ① 野菜は小角に切る

② 鍋にオリーブオイルを入れ弱火にかける

③ おろしにんにくを入れ、香りが立つまで炒める

④ 野菜を火の通りにくい物から入れ、火が通ったらトマトを加える

⑤ コンソメ・塩・胡椒で味を調え、火からおろしボールに移し、氷水で手早く冷ます

☆ワンポイント:それぞれの野菜の食感を楽しむために火加減・加熱時間に注意しましょう。

前菜に「カプレーゼ」、デザートに「シトラスジュレ」を加えた完成品がこちらです。


スタミナ満点に加えて、引き立つ香りが食欲を刺激して、これは、寮生さまに人気なのもうなずけます。スペアリブと言えば、キャンプやバーベキューなどの夏の屋外レジャーでも大人気メニューですね。

 

■衛生検査もしっかりと

寮生さまに美味しい食事を召し上がっていただくこと、そして健康に毎日の生活を送っていただくこと、食事や睡眠の大事な場所となる寮や社宅の生活環境の創造は、私たちの永遠のテーマです。

そして、給食事業の根幹となるのが衛生管理で、食中毒事故防止のために「衛生検査」を徹底しています。

食品や調理器具、調理台、まな板や調理に従事するスタッフの手指のふき取り検査に加えて、実際に調理をする作業を観察して、弊社で決めた規則、基本動作が守られているかどうかをチェックする作業時点検検査などを実施しています。

当たり前のことを当たり前に行うこと、基本を忠実に繰り返し行うことの大変さと大切さを改めて感じました。

■まとめ

フードサービス推進部の高吉さんと“タカマツ”ペアでお届けしてきましたあなぶき社宅サービスのブログですが、現場で管理人さんの声を聞いたり、人気メニューの実際の調理の現場に立ち会ったり、私自身非常に勉強になることが多かった1年でした。

弊社は「お住まいになられている居住者様が、安心・安全、そして快適に日々の暮らしを送れる生活空間の創造」というコンセプトに基づいて企業様から施設をお預かりしております。居住空間の美観維持、建物の点検やメンテナンス等を弊社グループ企業も含めてワンストップでのサービスをご提供していますので、寮・社宅等の施設の管理・運営にお困りのことがありましたら、私ども、あなぶき社宅サービスにご連絡いただけますようお願いいたします。

弊社ホームページ ⇒ あなぶき社宅サービス

管理人さん一人ひとりの“おもてなしの心”や“人と人との絆”を大切にしつつ、時代に即した新しいサービスをこれからも、ご提案して参りますので、ご期待ください。

The following two tabs change content below.
松井一三

松井一三

あなぶき社宅サービス 東日本開発部 松井 一三 (まつい かずみ)
あなぶき社宅サービスは、企業様が保有される社員寮・社宅・保養所などの運営管理と給食の提供を行っています。このブログでは、弊社がお客様にお届けしている様々なサービスの中から、皆さまのお役に立ちそうなモノ・コトをお伝えしていければと思っています。
趣味はクロスバイクです。四季折々の風を感じながら疾走していると見慣れた景色も、表情が変わって見えてくるから不思議です。

保有資格:宅地建物取引士 
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

最近書いた記事

関連の記事

  • facebook
  • feedly
  • rss
backtotop