マンションリフォームできる?できない?5つの事例

木須 拓己 木須 拓己

こんにちは、蒸し暑くなって疲れがとれない木須です。
今回はマンションで、できる(可能)リフォーム・できないリフォーム
をお教えしようと思います。

マンションでリフォーム工事を経験した皆様の中には、
自分が実施したかった工事をリフォーム業者さんに依頼した際、「それはできない」「組合さんの許可はあります?」
と言われた方もいらっしゃるとおもいます。

マンションは、共用部と専有部の区分けがあるため、
リフォーム工事の中でも「できること」と「できないこと」の制限があります。
そこで今回は、「このリフォーム工事はできるの?」といった声が多い
5つの内容についてご紹介したいと思います。

image1

目次

  • 窓の断熱性・防音性を高めたい
  • 床をフローリングに変更したい
  • 玄関のドアの色を変えたい
  • お水やお湯の配管を交換したい
  • エアコンを部屋に取り付けられるようにしたい
  • まとめ

窓の断熱性・防音性を高めたい

結露対策やエアコン等のエネルギーをガラスから逃がさないための
「単板ガラス⇒複層ガラスへの交換」
「単板ガラス⇒Low-Eガラス(高断熱ガラス)への交換」
「二重サッシ(インナーサッシ)の取付」

といった高性能の窓やガラスへの交換・取付のご要望が多く見られますが、
これらのリフォーム工事はできるのでしょうか?

基本的には×。
窓サッシや窓ガラスは専用使用権のある共用部分ですので、専有部ではありません。

ただし、国土交通省の「マンション標準管理規約」によると、
2004年の改正で「窓ガラスの防犯性、防音性、または断熱など住宅の性能向上を目的とするものに関して、
管理組合が計画的な修繕を速やかに実施できない場合は区分所有者の責任と負担で実施できる」という細則があります。
現行のマンションの管理規約内の使用細則が、上記の内容を含んでいる場合は検討が可能です。

また、「二重サッシ(インナーサッシ)の取付」に関しては、
お部屋の中にもう1つ窓サッシを取り付けるリフォーム工事ですので、
取り付けることが可能です。

01
インナーサッシ:インプラス / LIXIL

床をフローリングに変更したい

「いまカーペットだけど、フローリングに変えたい!」
といった要望は、非常によく聞くリフォーム相談の1つです。
カーペットや畳からフローリングにすることは可能なのでしょうか。

こちらは基本的に○。
お部屋内の床は専有部になりますので、リフォームは可能です。

ただし、下階への騒音問題がありますので、
遮音等級のとれたフローリングが求められます。(LL-45やLL-40といった表記)

1階は基本的に遮音等級のないフローリングでも可能、といった場合や
マンション毎で基本的にフローリングへの交換はNG、といった使用細則がある物件もありますので、
事前に管理組合へお問い合わせください。

02

玄関ドアの色を変えたい

「マンションのドアの色や装飾を自分好みに変更したい」
という要望も多い声の1つです。
ズラッと並んだ玄関ドア。こちらはどうでしょうか。

答えは△。
基本的に、ドアを垂直方向に割ったとしたら、
外側は共用部、内側は専有部となります。
ですので、共用廊下側半分は変更不可、お部屋内側半分は変更可能ということです。

内側は一般的なスチールドアで塗装であれば塗り替え可能です。
ただし、皮のような表面素材の場合は、塗装できません。
その場合は、カッティングシートを貼って表装を変更できます。

また、鍵も専有部分ですので、併せて防犯性の高い鍵への変更も考えられたらいかがでしょうか。
03

お水やお湯の配管を交換したい

「築年数が経過し、漏水が心配になってきた・・・」
当然の心配事だと思います。
目で見えない部分の配管から下階へ漏水したら、と想像しただけでも恐ろしいです。
実際に、配管の老朽化による漏水は起こりえる事態です。

こちら基本△。
玄関ドアの横にPS(パイプスペース)という空間があると思いますが、
そこにある水道メーターから室内側の配管は専有部、建物側の配管は共用部となります。
上記の玄関ドアの考え方と同じですが、メーターから室内側の配管は変更が可能です。

ですが、お部屋内に通っている配管のほとんどは『床の下』に存在します。
ユニットバスの下、床や廊下の下といった、目視できない場所に配管されています。

ですので、お風呂を壊したり、廊下や床を一部壊したりしないと変更はできません。
行おうと思うとかなりの大工事になってしまいます。

築年数が経っているということは、ライフスタイルも変化してきている時期かと思います。
間取りを変更したい、などといった大規模なリフォーム工事の際に
合わせて行うのが一番おススメです。

04
築30年以上経ったお水の配管(鉄管)の様子

エアコンを部屋に取り付けられるようにしたい

「外廊下側の洋室にエアコンが取り付けられないから、取り付けられるようにできないの?」
夏の暑さ、冬の寒さにエアコンなしでは耐えられない。
この要望も非常に多い1つですが、果たして可能でしょうか。

残念ながら×。
エアコンは室内機と室外機といった2つの機械で構成されています。
室外機は必ずベランダ等の室外に設置しないといけませんので、
室内機と室外機を結ぶエアコンの配管を躯体壁(コンクリートの構造壁)に
穴を開けなければいけません。

しかし、躯体壁はマンションを支える大事な構造部分です。
そこに対して、穴を開けるといった行為自体が禁止されています。

05

まとめ

マンションは、他の居住者の方々と共同で住まう「集合住宅」です。
厳密なルールの上で、やっていいこと悪いことが定められています。
ここまで読まれたらお分かりかと思いますが、
基本的に共用部に手を加えることはNGとなっています。
では、お部屋内であれば何をしてもOKなのかと言うと、
そこも各マンションによってルールが異なりますので、
リフォームをご計画の際は、管理組合へ事前にご相談ください。

kiji_banner_seisou

The following two tabs change content below.
木須 拓己

木須 拓己

あなぶきハウジングサービス :木須 拓巳(きす たくみ)
分譲マンション管理会社で専有部(お部屋内)の様々なサービス開発・企画の立案、リフォーム&リノベーション・室内クリーニング、インテリア商品販売等、お客様の快適な生活をサポートする部署の担当。分譲マンションの管理会社を15年務めた実体験及び情報をわかりやすく伝えるために日々仕事に励んでいます。仕事での心情:ニーズを形にする
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

最近書いた記事

関連の記事

  • facebook
  • feedly
  • rss
backtotop