コミュニティ形成こそ、適正なマンション管理組合運営の最大の近道!

松井 久弥 松井 久弥

こんにちは。

さて、皆様のマンションでは総会の出席率は如何ですか?最近、総会の成立も困難なマンションが非常に増えています。この問題は、管理組合がどのような活動を行っているか分からない組合員の方が多く、理事会に任せっきりになっていることが原因だと考えます。今回は、適正な管理組合運営で快適なマンション生活を送るために重要な「コミュニティ形成」についてご紹介します。

fhnUxsRgcHZuCcT1454515749_1454516461 (1)

目次

  • 1.管理組合の活動を組合員に周知しましょう!
  • 2.イベントを企画しましょう!
  • 3.イベントの最終的な目的とは?
  • まとめ

1.管理組合の活動を組合員に周知しましょう!

まず、管理組合として行いたいことは、マンションの管理運営に関心を持っていただくことが大事だと考えます。しかし、管理運営に関心のない方は、「修繕積立金を値上げする」・「駐車場を値上げする」などの自分に関わること以外は、管理組合の活動に参加しない傾向にあります。このような方々を管理組合の活動に参加してもらうためには、どのようなことを行えばよいか考えました。理事会議事録などは見ていただけないので、管理組合の活動内容をイラストなどを用いて、読んでもらいやすい書式で定期的に配布することを行います。その内容には、管理組合役員の仕事はもちろんですが、管理会社が補助してくれるので負担が少ないことを強調し、管理組合役員が大変でないことをアピールします。また、震災などの災害時に、マンション居住者同士の助け合いが重要であることなどを記載し、コミュニティ形成の重要性をお伝えします。

 

2.イベントを企画しましょう!

 続いて、コミュニティ形成をどのように行えばよいか考えましょう。マンションの居住形態は様々ですが、自分の管理組合の年齢層などを考慮したイベント開催が、コミュニティ形成への近道だと考えます。どこの管理組合様でも、消防署からの指導で年に1度「消防訓練」「避難訓練」はされていますよね。しかし、毎年同じことを行っていて、参加率が低い管理組合様も多いのではないでしょうか。参加率を上げるためには、皆様が参加したくなるような企画にすれば良いのです。小さなお子さんが多い管理組合様の参加率を上げる1つの手法で、「はしご車の体験」・「煙体験」・「地震体験」など、消防署と事前の打ち合わせを行えば、用意してくれます。高齢の方が多いマンションであれば、「安否確認の訓練」・「高齢者の救助」・「広域避難場所までの避難」などを入れることによって、参加率が上がると思います。また、「炊き出し」・「非常食の試食会」なども参加率を上げるには良いでしょう。

次に毎年恒例のイベントを企画しましょう。「納涼祭」・「クリスマス会」・「餅つき大会」・「総会後の懇親会」など自分のマンションの居住形態にあったイベントが良いでしょう。 管理組合様だけで実施するのは手間暇も掛かるので、多くのイベントを経験している管理会社を有効に活用しましょう。当社では、大型マンションの夏祭りなど、支店だけではなく会社全体で管理組合様のお手伝いを行うことによって、管理組合様とのコミュニケーションを図っています。

名称未設定-2

画像

3.イベントの最終的な目的とは?

イベントの最終目的とは、管理組合にとって有益な意見交換を行える環境の構築です。マンションのような集合住宅では、助け合いが非常に重要です。日頃からイベントなどで交流を持ち、コミュニケーションが図れていれば、管理組合の活動も拡散することが可能になります。このようなイベントを定期的に開催し、管理組合運営に関心を持っていただき、支出削減や共用部分の有効活用など、金銭的にも無理のない快適なマンションライフを送れるようにしましょう。

 

4.まとめ

今回は、「コミュニティ形成」についてご紹介させていただきました。「イベント」は、組合員同士のコミュニケーションを図る絶好の機会です。関心がない組合員の多かったマンションでも、イベントを定期的に開催することで、総会の出席率が上がり、有益な意見交換が行なえるようになり、居住者のマナーも非常に良くなったケースが多くあります。このような実績から、当社では管理組合のイベント開催の提案や補助に力を入れています。管理会社にもメリットがあり、管理組合の役員以外の皆様にも顔を覚えていただけ、組合運営を補助させていただくにあたり、プラスになっています。

せっかく自分が欲しいと思って購入した方々で構成されている管理組合なので、他人任せにせず、みんなで力を合わせて問題を解決し、快適なマンションライフが送れる環境の構築を行っていきましょう。管理会社も全力でサポートさせていただきます。

 

The following two tabs change content below.
松井 久弥

松井 久弥

あなぶきハウジングサービス:松井 久弥(まつい ひさや)
2000年あなぶきハウジングサービス入社。
全国10都道府県において、管理担当・リプレイス営業・新規拠点立上げ・部門責任者に従事。特にマンション管理会社のM&Aにおいては、案件化からデューデリ・譲渡契約・お客様対応全般・統合後プロセス(PMI)までを実践。
マンション管理士、M&Aシニアエキスパート。
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

最近書いた記事

関連の記事

  • facebook
  • feedly
  • rss
backtotop