マンションの管理委託項目|管理員業務・清掃業務とは

松井 久弥 松井 久弥

こんにちは。

今回は、マンション管理会社との委託契約業務の中にある「管理員業務・清掃業務」について、ご説明します。

PAK89_shibuyanomachiwoseisou_TP_V[1]

目次

  • 管理員業務とは
  • 清掃業務(日常清掃)
  • 清掃業務(定期清掃)

管理員業務とは

「管理員業務」とは、入居者の皆様と1番接することの多い管理員が行う業務です。

”管理員”というと、管理員室に座っているというイメージをお持ちの方もいらっしゃるのではないでしょうか。
実際は、管理員=清掃員であり、館内の清掃等を行っているのが正しい管理員の姿です。

管理員が適切な業務をおこなっているマンションは、マンションも清潔に保たれ、マンション管理会社への問い合わせも少なく、組合運営もしっかりしているマンションが多い傾向にあります。

その理由は、管理員が皆様からいただいたご意見や依頼事項を迅速にマンションの管理担当者へ伝え、解決が早いからです。
当社の場合、年に4回の現場研修と、優秀な管理員の表彰を年1回行い、管理員のスキルアップやモチベーションの維持を行っています。

また、管理員指導員やエリアサポーターが定期的な巡回における指導にて、管理員の清掃における問題点を解決しています。

おまけとして、良い管理員と悪い管理員の見極めポイントをご紹介しますので、悪い管理員で当てはまる内容があれば、マンション管理会社へ改善要望を行うとよいでしょう。

★良い管理員

・身だしなみが綺麗で、挨拶もきちんと出来る
・依頼事項が速やかに対応されている
・清掃が丁寧で、細やかなところにも気配りがされている
・管理担当者との情報共有が出来ている
・ゴミ置場がいつも清潔に保たれている

★悪い管理員

・身だしなみが汚く、挨拶もしない
・いつも管理員室に座っている
・依頼事項が、全く対応されない。蛍光灯が切れたままなど。
・清掃が雑で、同じ場所にずっとゴミがある
・管理員室が汚い

清掃業務(日常清掃)

「日常清掃」とは、管理員が勤務時間内に行う清掃のことを言います。

管理員は、マンションの規模やゴミの収集日に合わせての勤務時間や勤務日が変わってきます。
1日の清掃の流れをお話しすると、最初にゴミの分別とゴミ出しを行い、ゴミ置場の清掃を行います。続いてマンション内の清掃になりますが、そのマンションに合った清掃頻度を考え、適正な頻度でのごみ拾い・掃き掃除・拭き掃除を実施します。今の時期は、枯れ葉拾いに悪戦苦闘している管理員も多いのではないでしょうか。

管理員の清掃において、顕著に違いが表れるのが、腰壁とエレベーター内の清掃です。腰壁は雨だれが付きやすく、小まめな清掃を必要とします。またエレベーターは使用頻度が多く、雨の日などに汚れが付きやすい場所なので、気をつけて見てみましょう。

下の写真は、私がマンションの腰壁を特殊なスポンジで清掃をして綺麗になるか、実験をしてみて、理事会の方に確認いただいたものです。マンションを綺麗に保つため、管理会社と協力して快適なマンションライフを送りましょう。

DSC03170  DSC03173 DSC03175

 

清掃業務(定期清掃)

「定期清掃」は、マンションによって年間での実施回数は異なりますが、日常清掃では落としきれない凹凸がある廊下の塩ビシートの汚れやエントランスホールのタイルを、専門業者が機材を使用して行う清掃のことです。以前はポリッシャーという機材のみで行う清掃が主流でしたが、近年ではポリッシャーに加え、高圧洗浄機や特殊な洗剤を使用して清掃を行うことにより、より綺麗になるようになりました。しかし、定期清掃を多く入れて綺麗にすることは必要だと思いますが、管理員の清掃がきちんと行われているマンションでは、定期清掃の回数を減らす提案を行い、支出削減などを行っている管理組合様もあります。適正な回数で実施することで、支出削減になることも併せて覚えていてください。

まとめ

今回は、三部作の第二弾として、「管理員業務・清掃業務」についてご説明させていただきました。管理員がしっかりしているマンションは、マンションも綺麗で快適なマンションライフを送ることができると思いますので、「管理員業務」は委託契約の中でも重要な業務であると覚えておいてください。また、清掃業務については、素人でも清掃の出来は目に見えて分かる業務になりますので、管理会社の評価基準として判断するのも良いかもしれません。次回は、「建物・設備管理業務」についてご説明しますので、宜しくお願い致します。

The following two tabs change content below.
松井 久弥

松井 久弥

あなぶきハウジングサービス:松井 久弥(まつい ひさや)
2000年あなぶきハウジングサービス入社。
全国10都道府県において、管理担当・リプレイス営業・新規拠点立上げ・部門責任者に従事。特にマンション管理会社のM&Aにおいては、案件化からデューデリ・譲渡契約・お客様対応全般・統合後プロセス(PMI)までを実践。
マンション管理士、M&Aシニアエキスパート。
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

最近書いた記事

関連の記事

  • facebook
  • feedly
  • rss
backtotop