分譲マンションでインターネットを引く前に確認しておきたいポイント

飯野琢磨 飯野琢磨

おはようございます。あなぶきセザールサポート飯野です。

3月は入学、転勤、就職等による引っ越しの多い季節です。

この時期は引っ越しに向けて新しい住居を探している方も多いかと思います。

住居が新しくなるといろいろ手続きがありますが、本日はインターネットについてご説明したいと思います。

転居後も継続してインターネットを利用できる場合もあれば、現在の契約を解約しなければならない場合もあります。

転居予定の方もそうでない方もこれからインターネットを利用するためにどこかの会社と契約を予定している方は必見です。

2017.01.19

目次

  • インターネットの種類
  • 有線利用の注意点
  • まとめ

 

・インターネットの種類

まずはインターネットの種類について紹介します。

インターネットは大きく分けると有線と無線に分けられます。

 

有線:アナログ電話回線・ISDN回線・ADSL・光回線・CATV

無線:WiMAX・3G・4G

 

皆さんが現在利用しているのはどちらでしょうか?現在無線を利用されていて今後も無線を利用される場合は、マンションの設備に影響されずに利用できます。唯一注意点をあげるとしたらマンションの所在地住およびその中の部屋の位置により電波受信状況事なるため、場合によっては受信状況が悪いところもあります。

WiMAX等無線の契約を制限するようなルールがあるマンションは有りませんので、電波の受信状況が確認できればインターネットの利用が可能です。この契約は転居が多い方にはおすすめな契約だと思います。

 

・有線利用の注意点

WiMAX等無線以外のインターネットを利用する場合、マンションの設備によっては利用できない場合があります。配線工事ができれば利用は可能となりますが、マンションに契約予定の配線がなされていない時は共用部を含めた工事が必要となってきます。

分譲マンションの共用部の工事は個人の都合で自由に工事をする事が出来ないため注意が必要です。プロバイダー契約をしたけれども工事ができないというようなことも発生しかねませんので、お住まいのマンションでのインターネット環境がどうなっているか管理会社へ事前に確認しておきましょう。

 

・まとめ

本日はインターネットを個人で契約する場合の注意点を紹介しましたが、マンションによっては管理組合でまとめてインターネット契約をしていて、個人でのインターネット契約をしなくても入居当日からインターネットが利用できるマンションもあります。管理組合で契約している場合は使用料を管理組合で支払っている事が多いので得した気分になりますね。

これからインターネットを引く予定の方はそのマンションのインターネット契約がどのようになっているのか必ず管理会社へ確認しましょう。

 

The following two tabs change content below.
飯野琢磨

飯野琢磨

あなぶきセザールサポート 東京南支店:飯野 琢磨(いいの たくま)
前職では大工や建築積算を経験。入社後、マンション修繕工事のコンサル業務、分譲マンションのリプレイス営業、分譲マンションのフロントを経験。
マンション管理のことについてはもちろんのこと、リフォームやリプレイスなどさまざまな視点から幅広い情報を提供します。
所有資格:一級建築士・マンション管理士・管理業務主任者・宅地建物取引士
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

最近書いた記事

関連の記事

backtotop