月極駐車場運営の際にありがちなトラブル

山本飛鳥 山本飛鳥

こんにちは!

あなぶきハウジングサービスの山本でございます。

今回の記事では、月極駐車場の運営においてよくあるトラブルについてご紹介させて頂きます。

今現在、月極駐車場を運営されている方や所有地の月極運用をご検討されている方は、是非今回の記事をご覧いただきまして、運営時の参考にしていただければ幸いでございます。

1.駐車場内で私物やごみの放置

ありがちなトラブルの一つとして、駐車場内にゴミや自転車等の私物の放置がございます。

月極駐車場の区画は基本的には車の駐車のみを目的として貸し出しを行う為、私物等の放置を確認した場合、直ちに回収を行っていただいた方が良いでしょう

ゴミの放置に関して言えば、月極の契約をしていない外部の方が捨てている可能性も考えられる為、定期的に現地を確認することをオススメします。

また、契約者の私物の放置を防ぐために、あらかじめ契約書に車の駐車以外での月極区画の使用を禁止する条文を加えておいたほうが良いかもしれません。

2.駐車場への違法駐車

利用者にとっても運営者にとっても迷惑なのが、月極駐車場への違法駐車です。

区画内や駐車場内の車路に車を停められて、利用者が車の入出庫を行えない、、

といった事態になることもございます。

もし仮に駐車場内に無断で停められていたとしても、管理者自身がレッカー等を手配して車の移動を行うことは、基本的にはできないため、違法駐車があった場合は、警察に連絡し車の所有者に直接連絡をしてもらうといった対応が必要です。

月極の契約者が駐車できない状況であれば、他の空き区画に一時的に避難をするように案内すると良いでしょう。

また、故意的な違法駐車ではなく、月極の契約者が区画を誤って駐車していたり、外部の方が間違えて駐車してしまうこともよくあるので、月極駐車場であることが分かるような看板を見えやすい場所に設置したり、区画の白線や番号が消えかかっていれば、適宜修繕を行うことも必要になります。

3.賃料の未納

賃料の未納もよくあるトラブルの一つです。

オーナー様からしてみれば、収益が下がってしまいますし督促にも手間がかかるので、できる限りは回避したいトラブルではありますが、支払いに対してルーズな利用者がいるのも現実です。

賃料の滞納が発生してしまった場合は、滞納が長期的なものになってしまわないように、早急に利用者に支払いを催促する必要があります。

まずは書面にて請求を行い、それでも支払わない場合は直接連絡や訪問を行うことを検討したほうが良いかもしれません。

督促を繰り返しても支払わない場合は、強制的に解約をすることも視野に入れておきましょう。

また、事前の対策として、契約書に賃料未払い時の対応について、詳細に記載しておくことも効果的です。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

月極駐車場はコインパーキング等と違い不特定多数の人が利用するわけではありませんが、やはり人が利用する以上はトラブルが起こってしまう可能性がございます。

トラブルにいち早く対応するために、月極駐車場の管理を業者に委託するなどして、対策を行っていただければと思います。

The following two tabs change content below.
山本飛鳥

山本飛鳥

あなぶきハウジングサービス 山本 飛鳥(やまもと あすか)
香川県の小豆島出身。2017年入社。
入社後一年間は岡山県で賃貸仲介の業務をしていました。現在はパーキング事業本部にてコインパーキング管理、運営事業とシェアリング事業に携わっております。
皆様のお役に立てるような情報を提供できればと思っております。
宜しくお願い致します。

【保有資格 宅地建物取引士、管理業務主任者、賃貸不動産経営管理士】
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

最近書いた記事

関連の記事

  • facebook
  • feedly
  • rss
backtotop