駐車場運営を始める際に知っておきたいポイントとは?

山本飛鳥 山本飛鳥

こんにちは。

あなぶきハウジングサービス パーキンググループの山本です。

今回の記事では、以前の記事でも一度ご紹介させていただきましたが、駐車場運営におけるポイントを改めてご紹介させていただきます。

1.所有している土地がコインパーキングと月極駐車場のどちらに適しているか考える

まず、表題の通り、自分が所有している土地がコインパーキングと月極駐車場のどちらに適しているのかをしっかり判断する必要があります。

例えば、人の行き来が多い駅や商業施設の近くであればコインパーキング分譲マンションや賃貸マンションの近隣であったり、住宅街の中であれば月極駐車場といったように、周辺の環境や自分の土地の特徴によって駐車場の需要が大きく異なります。

駐車場としての需要を見極めないまま、経営をスタートしてしまうと、収益の面で損をしてしまう場合や、最悪赤字での経営になってしまい、駐車場運営を継続する事が困難になってしまうことも考えられますので、周辺環境の調査は怠らないようにしましょう。

もし、自分自身での判断が難しい場合は、駐車場の運営を行っている業者に相談することも大切です。

また、コインパーキングと月極駐車場では必要な初期投資やランニングコストが大きく異なっています。

それぞれの特徴は以下の通りです。

・コインパーキング

・月極駐車場と比較すると、機械の導入や工事費用がかかってしまい初期投資が高額になる。

・利用者が使った分だけ収益を得ることができる為、利益の上限が無く、収益率を上げやすい。

・ある程度人の出入りが多くないと、駐車場を利用してもらえず赤字になってしまうリスクがある

・月極駐車場

・コインパーキングと比較すると、初期費用はあまりかからない。(最低限、駐車場の舗装とライン引きをすれば運営できる。)

・賃料が決まっている為、収益の上限があるが、基本的には安定した収入を得ることができる。

・空き区画が出てしまうと、収益が大幅に減少してしまう。

それぞれのメリットデメリットを把握することも非常に大切な為、運営を検討する際は、是非把握していただければと思います。

2.運営方式を決定する(自分で運営するか、業者に委託するか)

 

次に検討すべき点は、駐車場の運営方式です。

運営方式は大きく分けて以下の3通りございます。

1.自分自身で管理、運営を行う自営方式

2.業者に駐車場の管理のみを依頼し、運営は自分で行う管理委託方式

3.業者に土地を一括で貸し出し、支払われる地代で収益を上げる一括借り上げ方式

基本的には、2番の管理委託方式か3番の一括借り上げ方式で運営されることをオススメします。

自営の場合、コインパーキングの売上や月極駐車場の賃料は全て収益となりますが、月極の契約業務であったり、コインパーキングの修理対応、また、各種クレームの対応や日頃の維持管理等全てオーナー様自身で行う必要があり、相当な負担となってしまいます。

一括借り上げ方式の場合は、必要な初期費用やランニングコストは基本的には全て委託業者の費用負担になる為、オーナー様からしてみれば、管理上の負担もなく、確実に収益を上げることができます。毎月の収益は一定で変動する事はありませんが、安定した収入を得ることができるのは魅力的です。また、管理委託の場合は、売上や契約数によって収益は変動しますが、日々の維持管理の業務は委託する事ができます。

所有している土地によっては、管理委託の方が儲かる場合もございますので、しっかりと見極めたうえで、検討しましょう。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

土地活用としては比較的始めやすい駐車場経営ですが、ある程度はリスクを伴う為、始める際にはしっかりと事前の調査や、業者への相談を行っていただければと思います。

また、エリアにもよりますが、弊社では駐車場用地を常に募集しておりますので、駐車場運営をご検討されている方は、是非一度ご相談下さいませ。

 

 

The following two tabs change content below.
山本飛鳥

山本飛鳥

あなぶきハウジングサービス 山本 飛鳥(やまもと あすか)
香川県の小豆島出身。2017年入社。
入社後一年間は岡山県で賃貸仲介の業務をしていました。現在はパーキング事業本部にてコインパーキング管理、運営事業とシェアリング事業に携わっております。
皆様のお役に立てるような情報を提供できればと思っております。
宜しくお願い致します。

【保有資格 宅地建物取引士、管理業務主任者、賃貸不動産経営管理士】
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

最近書いた記事

関連の記事

  • facebook
  • feedly
  • rss
backtotop