賃貸のお部屋探しで内覧をするときの5つポイント(共用部編)

藤原一貴 藤原一貴

こんにちは。あなぶきハウジングサービスの藤原です。
今回はお部屋探しで内見(下見)に行った際に、「マンションの共用部分のどういった箇所を見ておくべきか」を動画を混ぜながらご紹介します!

目次

  • エントランス
  • ロビー
  • 集合ポスト
  • ゴミステーション
  • 駐輪場
  • まとめ

 

■エントランス

エントランスとは、マンションの入り口であり、玄関です。
エントランスがキレイなマンションは、とても印象も良いですよね。
エントランス部分で見る個所は、
・床はキレイな状態か。
・窓はキレイな状態か。
・植栽があれば剪定がされているか。

上記の箇所を見ておくのがオススメです。

 ■ロビー

ロビーとは、エントランスを通った後の広間のことです。
マンションによっては、ロビーがないところもありますが、
ロビーがあれば、下記の箇所を見るのが良いでしょう。
・床はキレイな状態か。
・インフォメーションボードが整理されているのか。
・掲示板はキレイに整理されているのか。

 

 

 ■集合ポスト

集合ポストとは、共用部にある郵便受けのことです。
メールボックスということもありますね。
集合ポストは、下記の箇所を見るのが良いでしょう。
・チラシが散乱していないか。

 

 

■ゴミステーション

ゴミステーションとは、いわゆるゴミ置き場のことです。
マンション敷地内にゴミ置き場があるかどうか、町内会で合同で集積場を作っているのかも注目すべき点ですが、
もし、敷地内にあれば下記の箇所を見るのが良いでしょう。
・ゴミが散乱していないか。
・ゴミカレンダー等の掲示物があるかどうか

 

■駐輪場

駐輪場とは、自転車やバイクを置く場所のことです。
大半のマンションには駐輪場が設置していると思います。
駐輪場は、下記の箇所を見るのが良いでしょう。
・自転車、バイクが整理されて置かれているかどうか。
・使っていないような自転車が放置されていないかどうか。

 

■まとめ

共用部でも確認しておく箇所が多いなぁと思う方もいらっしゃるかもしれませんが、
お部屋の部屋内だけが良くても共用部も非常に大事な部分です。気になることなどあれば遠慮なくどんどんと同行する不動産会社のスタッフ確認しておきましょう。
お部屋探しでもっとも楽しい内覧。ポイントをきっちり抑えて条件に合うお部屋を見つけましょう!

 

The following two tabs change content below.
藤原一貴

藤原一貴

あなぶきハウジングサービス 藤原 一貴(ふじわら かずき)

愛媛県出身です。2009年あなぶきハウジングサービスに新卒で入社しました。賃貸仲介を3年、プロパティマネジメント業務を6年経験しております。現在は、高知で賃貸マンションのオーナー様の資産価値向上に向けて取り組んでおります。お酒が得意ではないですが、高知で働いているのでお酒に強くなれるように頑張っております。

保有資格:宅地建物取引士、賃貸不動産経営管理士
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

最近書いた記事

関連の記事

  • facebook
  • feedly
  • rss
backtotop