知らないと損する?「マンション購入を迷われている方、必見」借りるべき?買うべき?

山本晴之 山本晴之

 

この度、初投稿となります「あなぶきハウジングサービス」不動産事業部の山本晴之と申します。
まだまだ未熟ではございますが、皆様の支えのおかげで今年で入社11年目を迎えることとなりました。
今までの経験を生かし不動産にかかわる有益な情報をお伝えしていきたいと思います。
私の感性と所感ではございますが、余すことなく想いを発信してまいりますので参考にしていただければさいわいです。

 

さて、お住まいを購入することは一生の買い物の中でも最も高い買い物の一つだと考えれています。
それほど購入することは勇気のいることで、多くの方がお住まい探しに悩まれていることと思います。
「購入時期」「場所」「金額」どれをとっても妥協できない条件であり、多くの方が賃貸物件との比較で悩まされます。では、どういった方が購入を決断されて、はたして賃貸と売買ではどちらがお得なのでしょうか?

 

目次

  • 賃貸マンションで暮らしている人の考え方
  • マンションを購入して暮らしている人の考え方
  • 実際どっちがお得なの?
  • まとめ

 

賃貸マンションで暮らしている人の考え方

① 購入した場合、月々の管理費を継続して払わないといけないのは嫌
② 周辺環境やマンションに問題があれば気軽に引越しができる
③ 設備等、修繕があった場合、オーナーに依頼できる
④ 何年か毎にずっと新しい物件に住みたい
⑤ 転勤が多いので、購入しても自分で住めない
⑥ オリンピック前なので、マンション価格が高い
さまざまな意見がありますね。
では、購入を決意された方はどうでしょうか?

 

マンションを購入して暮らしている人の考え方

① 賃料を払う位なら自己投資としてローンを支払った方が良い
(家賃を払ってる期間がもったいない)
② 自分の好きなようにリフォームができる
③ 社会的信用があがる(と思われることがある)
④ 万が一、住むことができなくなった時でも、賃貸や売却で収入を得ることができる
⑤ 今、金利が安い
⑥ 万が一、事故やご病気で働けなくなってもローンを支払う必要がなくなるので安心
(団体信用生命保険により精算しご家族にローンは残りません)※保険種類により保障内容は異なります
⑦ 頭金なしで購入できる

 

実際どっちがお得なの?

いかがでしょうか?周りでもこういったお声を聴いたことがある方は多いのではないのでしょうか?
上記のとおり、これだけでは実際のところ一概にどちらが得かはわかりませんね。
それでは実際に、マンション「賃貸希望者様」のお部屋探し、マンション「購入希望者様」のお部屋探しを数多く経験してきた私が「これだけは」と思うことについて満を持してお伝えいたします。

 

自分のライフプランを見据えて、
将来住みたい場所が決まっているなら、
早く購入した方が良い!

上記のとおり、当たり前ではありますが早く購入すれば早くローンが終わります。つまり賃貸マンションに住んでいる間に支払う家賃が自分のローンに充当できる訳ですね。そして当然ローン期間は終了日を迎えます。それに引き替え賃貸に住む限り一生涯支払いは続きます。
ここからは私の持論ではありますが、高い買い物はそう簡単に決断できないという言葉をよく耳にいたします。私もそう思います。但し、生活する上で、ほとんどの人に住宅費用が発生します。つまり賃料より同等か安いローンを組めば住宅を購入することは高い買い物では無くなるということです。
※たとえば賃料8万円の家賃を支払っている方は今の金利ですと「3000万円」の物件の購入が可能です。
また、これも私が経験して思うことではありますがやはり住めば都です。最初の決断したきっかけ(想い)をご縁と思ってぜひ大切にしてください。5年以上住まれている皆様はその物件のことが大好きになっています。賃貸や売買の相談をオーナー様から承る機会は多数ございますが、皆様が物件に相当な愛着を持っておられ、買って後悔したという話は正直聞いたことがありません。

※例:借入3000万円、金利0.65%、ローン期間35年の場合

 

~おまけ~

購入したマンションを、特段の事情により、「売る」もしくは「貸す」場合

・高く早く売れる・高く早く貸せる物件の最大ポイント

「不動産は場所が最重要ポイント」

何よりも場所が重要です。
今都内では、築年数が20~30年近く経っても、購入時より高く売れる事はよくあります。

・おススメな場所
① 最寄駅5分以内
② 人気沿線の最寄駅10分以内
③ 人気学校区
④ 市街地からの距離10分以内
⑤ 周辺環境Ⅰ(スーパー・コンビニ等が徒歩10分圏内)
⑥ 周辺環境Ⅱ(治安が良くのどかな場所)

新築物件の内覧は魔法です。新築は他には味わえない魅力がありますので、問題は築年数が経った後ですね。

 

~おまけ2~

独身転勤者の方で会社から家賃の補助がある内は賃貸がおすすめ。
皆様の会社には家賃補助はございますでしょうか?
家賃補助の際のメリットはこのようなことが挙げられます。

メリット

・会社の家賃を補助してもらえて住める(その分、お金が貯まる)→当たり前ですが非常に重要ですね
・将来住みたい場所が新たに見つかる可能性がある(転勤先にて)
・購入するためにかける時間が無駄にならない
・大きなローンを組むリスクが無い
・何かあれば管理会社に連絡し解決
・思い切った場所に住める(実費では住めないちょっといいところ)

※但し、定年間近になった時にローンの組める年数が短くなったり、
月々の支払いが高額になったり審査が厳しくなるので、将来購入を検討されている方はしっかり貯金を貯めておいてください。笑

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?このブログで私がお伝えしたかったことは、将来のライフプランを見据えているのであれば、なるべく早くお気に入りのマンションを購入した方が良いということでした。
また、決断に悩まれている方を含め不動産のお悩みやご質問がございましたらお気軽にご相談くださいませ。
※その際、このブログを読んだと言って頂ければ嬉しく思います。

その物件はあなたにご縁があってからこそ出会った物件です。
~あなたのこれからの人生を素敵なマンションとともに~

The following two tabs change content below.
山本晴之

山本晴之

あなぶきハウジングサービス 不動産事業部 山本 晴之(やまもと はるゆき)
出身は広島県呉市で、実家は本屋を営んでおります。
大学を卒業し、あなぶきハウジングサービスに入社後、高知で2年・福岡に6年、現在は東京で勤務しています。
高知・福岡では主に賃貸業務、東京では賃貸業務と売買及び買取業務に従事、一人一人のお客様に誠心誠意を込めて精一杯向き合う事をモットーに業務に励んでおります。
また、今年こそ広島カープが日本一になることを、東京の街でひそかに願ってます。
【保有資格】宅地建物取引士 管理業務主任者 賃貸不動産経営管理士 住生活プランナー(将棋初段)
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

最近書いた記事

関連の記事

  • facebook
  • feedly
  • livedoor
  • rss
backtotop