分譲マンションリフォーム テレワーク リフォーム事例 タイプ別3選

前原望 前原望

あなぶきデザイン&リフォームの前原です。

コロナ禍によりテレワークが一般的になった近年、リフォームでもテレワークスペースの需要が増えています。

今回はリフォームでテレワークスペースをつくり出す方法について、

施工事例を用いてタイプ別にご紹介します。

 

 

テレワークがメインの方におすすめの半個室型

 

もともと和室だった箇所をLDKに取り込み、半個室のテレワークスペースに。

しきり窓でリビングをゆるやかに仕切れば、家族の気配を感じられながら、作業に集中できます。

 

 

 

奥行のある作業カウンターと大容量の造作収納で使い勝手のいい、テレワークスペースに。

 

 

しきり窓で採光も取り入れつつ、デザインのアクセントにも。

 

■担当:あなぶきデザイン&リフォーム 高松オフィス 田本さん

 

 

 

テレワーク用の書斎にも趣味の工作部屋にも使える併用型

 

【DEN(デン)】とは、巣・洞穴を意味する英語からくる言葉で、趣味を楽しむための部屋のことです。

クローゼットを設けた余りのスペースに、造り付けの机と棚板を設置することで

パソコンを置いて書斎にしたり、趣味の工作部屋にしたりと、集中したいときには快適な空間となります。

また、シューズクローゼットとの境の壁上部に採光窓を設け、昼間でも太陽の光を取り込み

真っ暗にならないようにしました。

 

 

 

 

■担当:あなぶきハウジングサービス 東日本支社 リフォーム事業部 リファイン課 西川さん

 

 

 

オフィス勤務がメインで、一時的にテレワークをする人に

 

リビングの一角に設けた台形のPCコーナー、テレワーク以外にも普段から家族みんなで使えます。

立ったままでも作業がしやすいようにカウンターの高さをキッチンと同じ高さに

使いやすさを重視した設計にしました。

 

 

 

■担当:あなぶきデザイン&リフォーム 近畿オフィス 竹内さん

 

 

まとめ

いかがでしたか。

リフォームでテレワークスペースをつくるのは予算的に厳しい方には

「Panasonic 組み立て簡単デスクKOMORU」がおすすめです。

https://sumai.panasonic.jp/interior/miriyo/komoru/

(誰でも簡単に約15分で組み立てが完了する置き型のデスク)

 

これから働き方の種類が増えてくる中、家族やご自身のライフスタイルの

変化に合わせた住まいづくりを検討してみてはいかがでしょうか。

 

The following two tabs change content below.
前原望

前原望

あなぶきデザイン&リフォーム 東中国エリア 岡山オフィス
前原 望 (まえはら のぞみ)
岡山県出身。2020年入社。
地元の住宅会社で3年間営業として勤務。
現在、あなぶきデザイン&リフォームでマンション専有部のリフォームをメインに行っています。
今までの経験を生かして、お役立ち情報をお伝えできればと思います。

保有資格:整理収納アドバイザー2級・介護職員初任者研修
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

最近書いた記事

関連の記事

  • facebook
  • feedly
  • rss
backtotop