コロナ禍で変わった暮らしやすい家のカタチ、住宅リフォームのアイデアをご紹介

山本由美 山本由美

こんにちは。あなぶきデザイン&リフォームの山本です。

コロナ禍による影響で『新しい生活様式』が提唱され、私たちの生活は大きく変化しました。家で過ごす時間が長くなった今だからこそ、より快適な暮らしが求められているのではないでしょうか。

長期化する新型コロナウイルス感染拡大に不安を抱えての生活。新しい生活様式を取り入れたくてもなかなかできないご家庭も少なくありません。

今回は『新しい生活様式』に即した住宅リフォームのアイデアをご紹介します。

 

厚生労働省から新しい生活様式の実践例が公表されています。その中から住宅環境に影響すると考えられるものをピックアップしました。

 

働き方の新しいスタイル

新型コロナウイルス拡大防止のため、テレワークや時差通勤など家で仕事をする機会が増えています。多くの企業がテレワークを実践し、働き方が大きく変化しました。しかし、住宅の環境が整っていないままテレワークがスタートしてしまったので、仕方なくダイニングやリビングで仕事をし、やりづらさを感じた方が多くいたのではないでしょうか?

書斎なんてないし、机を置くスペースすらない!!モノがあふれて片付かない。そんな方におススメなのが…

LIXILのヴィータスパネル。クローゼットや押し入れのスペースを活用して、機能的で素敵なワークスペースをつくることができます。
デスクとして利用しなくなったら、棚板を増やして物入にしたり、ハンガーパイプを取り付けてクローゼットとして使うことも可能です。用途を簡単に変更できるのがうれしいですね。

LIXIL ヴィータスパネル

 

クローゼットや押入れを整理する必要がありますが、これを機に不要品は思い切って処分しましょう。整理すると意外に使っていないモノがたくさんあるはずです。必要なモノだけ残して、以降増やさないように心がけましょう。

同じ家に住み続けると、いつの間にかモノが増えますよね。私は引っ越しをするたびに、断捨離をしました。まだ使えるけど、今は使っていない。もったいないな~と思いながら処分してきました。それを繰り返すと、洋服や雑貨などを購入する際「本当にこれ必要?」と考えられるようになりました。結果、衝動買いをする回数が減り、無駄遣いが減ったような気がします。

 

こまめに換気

室内に風の通り道をつくりましょう。

密閉を避けるためにルーバーを開放して、扉を閉めたままでも風の通り道をつくることができます。

LIXIL 通風タイプ室内建具

 

間仕切り壁に窓を設けることで、各部屋の中に風や光を通すことができます。オシャレ感を出しながら快適な空間を演出します。

LIXIL デコマド

 

気になる生活音対策にも

家で過ごす時間が増えた今、マンションにおいては特に気になる音対策。ユニットラグは、長方形のコンパクトサイズで、置くだけの簡単設置です。
防音効果があり、部分的な手洗いが可能。小さなお子様やペットがいるご家庭にもおススメ。
ソフトな肌触りでどんな場面にもお使いいただけます。

LIXIL ユニットラグ

 

まとめ

今や手洗いやマスク着用など、生活に定着したものもありますが、住宅環境を変えるとなると費用や時間などの問題があり簡単にはいきません。
家に入ってすぐ手洗い場が欲しい。家でご飯を食べる機会が増えたので、家事軽減のために食洗器が欲しい。食料や常備品を大量にストックできるパントリーが欲しい。などいろいろ思うところがあるでしょう。
今回ご紹介した商品は簡単な工事でリフォームできます。今後の参考にしていただけると嬉しいです。
最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

The following two tabs change content below.
山本由美

山本由美

山本 由美(やまもと ゆみ)

広島県出身。
マンションの内装リフォームを担当しております。打合せから完工まで携わり、お客様の思いをカタチにしていく業務です。お客様に身近な存在として感じていただけるよう、日々努めております。
以前介護の現場で働いていた経験を活かし、体が不自由になっても安心して住むことができる住環境のご提案にも取り組んでいます。

保有資格:福祉住環境コーディネーター2級、介護福祉士、整理収納アドバイザー2級
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

最近書いた記事

関連の記事

  • facebook
  • feedly
  • rss
backtotop