民泊検討中の方必見!民泊運営会社の仕事とは【あなぶきの民泊】

問可叶 問可叶

こんにちは!初めまして!あなぶきスペースシェア 問可(とが)です。

将来の夢は素敵な一戸建てで犬を飼うことです!

これから民泊の施設紹介を中心に、皆さんにわくわくをお届けしたいと思います。

本日は民泊の運営会社がどのような業務をしているのか、私たちあなぶきスペースシェアの会社を例にご紹介します。

物件のセットアップ

家具や家電を設置するだけでなく、アートパネルや観葉植物など、インテリア小物も大切な役割を果たします。
オーナー様の中には、ご自身で家具や家電をご用意される方もいらっしゃり、ご予算にあわせて仕上げていきます。

また、グループ会社の「あなぶき実重建設」や「あなぶきホーム」などに依頼をしてお部屋を仕上げていくこともあります。

お部屋作りについてはこちらの記事がおすすめ→今すぐまねできる、おしゃれな部屋作り6つのコツと事例集~民泊のお部屋作りより~

予約サイトへの掲載

日本国内は勿論、世界中の方にご予約頂けるよう旅行サイトに掲載をするのも大切な仕事です。
少しでもお部屋の良さが伝わるように沢山の写真を載せたり、設備について細かく記載をしたり、同じエリア内にいるライバル達に負けないよう工夫を凝らして掲載をしています。

具体的には、国内では「楽天トラベル」「じゃらん」を利用されている方が多いのではないでしょうか?
最近では、民泊の大手仲介会社でもある「エアビーアンドビー」からも、沢山の方にご予約を頂いています。
海外の方を中心に多く利用されている「エクスペディア」「ブッキングドットコム」「ホテルズドットコム」「バケーションステイ」などにも掲載をしています。

同じ内容であっても、掲載サイトによって写真の大きさを編集したり、記載方法が異なったり、予想以上に大変なんですこの作業…。

でも、予約できるサイトがあるほど、沢山の方に予約を頂ける……そんなの……頑張るしかないではないか!!!というわけで、日々頑張っております。

予約の管理

お客様からご予約が入れば、ご宿泊頂くために室内の準備をする必要があります。
具体的には、チェックイン・アウトを任せているスタッフ、清掃スタッフとの情報共有です。

安心のチェックインサービス

あなぶきスペースシェアが運営している施設は、グループ会社であるあなぶきエンタープライズの運営しているホテルや、平井タクシー、賃貸の営業所である部屋ナビショップなどで鍵のお渡しをしています。
物件の場所によっては、無人チェックイン端末を設置している施設もあります。

フロントでは、パスポートのコピーや宿泊台帳の記入をお願いしています。
フロントにてチェックイン・アウトを行うため、24時間受付可能となり、荷物預かりのサービスもご利用頂けます。

室内クリーニングも安心

お部屋の清掃は、あなぶきクリーンサービスに委託をしています。
いつ、誰が、どこに、何人で宿泊するのかを共有し、タオルやアメニティの準備をします。
専門の清掃業者によって室内を仕上げるため、安心して綺麗なお部屋にご宿泊頂けるというわけです!

お客様とのやり取り

日々の業務のメインといっても過言ではない、お客様とのやり取り。
主には予約サイトのメッセージ機能を通して、宿泊施設のご案内や、チェックイン・アウトのご説明をしています。

お客様からよくあるお問い合わせは、荷物預かり・受け取りが出来るかどうか、空港から宿泊施設までのアクセス、お勧めのご飯屋さんを聞かれたり。。。
お客様の代理で、お店の予約をすることもありますよ。

宿泊施設にスタッフは在中していませんが、お客様に安心してご宿泊頂けるよう努めています!

お部屋の価格調整

ゴールデンウィークやお正月などの連休、コンサートなどのイベントがある際には価格を上げ、逆に旅行のシーズンでない際にはポイント還元のプランを作成し…などなど
沢山のお客様にご予約して頂けるよう、日々料金の調整をするのも大切な業務の一つです。

(個人的に)最も重要かつ難しい業務だと思っています。
だって同じ一部屋でも、この料金設定によって大幅に売り上げが変わるんですよ?
近隣のホテルとの価格を比較したり、イベントカレンダーをチェックしたり、日々勉強中であります。

ここだけの話ですが、価格調整の際に値を間違え(ゼロを一つ付け忘れるという凡ミス)夏休みの最中にも関わらずとてもお得な値段に設定してしまったことがあります。
次の日には気付いたのですが、既にその日は予約が入ってしまいとてもとても悲しい思いをしました…(勿論ご予約頂けたのは有難いことですが)

物件のメンテナンス

ご宿泊頂くお客様の大切な一泊を台無しにしてしまわないよう、日々のメンテナンスも大切なお仕事
季節の変わり目にはスタッフ総出で物件を巡回し、備品や掲示物のチェックをしたり、ベッド下や高いところの拭き掃除をしたりすることもあります。
頻度は少ないですが、照明や電池が切れてしまったり、寝具を交換したりすることも。

現状維持のためのメンテナンスも必要ですが、より多くの方にご宿泊頂けるようなお部屋になるようメンテナンスをすることもあります。
具体的には、予約が入りにくかった施設のコンセプトを見直し、お子様用のおもちゃや絵本を設置したり、洋室のみだった施設の一部屋にだけ畳を入れ、和室の空間をつくったりしたことも。

価格調整と同じで、同じ一部屋でも少し工夫をするだけでご予約状況が変わってくるんです!
日々、予約状況を見ながら試行錯誤を繰り返しています。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

あなぶきスペースシェアでは、オーナー様への提案業務を中心とした【開発課】と、稼働し始めた物件を営業していくための【運営課】にわかれています。
今回は、オーナー様が弊社にて運営をお任せ頂いた際、どのようなサポートをしているのか【運営課】の業務を中心としてお話をしました。

あなぶきスペースシェアでは、「暮らすように泊まる」をコンセプトに、グループ会社の協力を得ながら、
オーナー様の大切な一室を新しいかたちで再生し、より高い価値を生み出しています。

現在は香川県高松市を中心に、岡山・広島・福岡でも宿泊施設を展開しているあなぶきスペースシェア。
今後、北は北海道~南は沖縄までも展開していく予定です。はたまた海外にも進出するとかしないとか・・・?!

「うちの一室も民泊にしてみようかな…」というオーナー様、「次の旅行では民泊に泊まってみようかな…」と思ったそこのあなた!
そんなときは、あなぶきスペースシェアまでご連絡ください!!


ご予約、その他お問合せはこちら→https://alphabed.jp/

そもそも「民泊って何だっけ…?」という方には、こちらの記事がお勧め→民泊を検討している方へ|民泊とはなんだ?~定義と3つの選択肢~

The following two tabs change content below.
問可叶

問可叶

あなぶきスペースシェア 高松本店運営課
問可 叶(とが かなえ)
高知県出身。2017年入社。
以前は賃貸事業部仲介営業として、お部屋探しのお手伝いをしていました。2019年6月、あなぶきスペースシェアへ入社。現在はお客様対応を中心として、宿泊施設の管理・運営をしています。
誰が読んでもわかりやすい記事を書いていきたいと思います。宜しくお願いします!
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

最近書いた記事

関連の記事

  • facebook
  • feedly
  • rss
backtotop