ここがポイント!初めて民泊に宿泊する時に確認すべき5つのコト

三輪有香 三輪有香

あなぶきスペースシェアの三輪です。
これまで当社が運営している民泊のご紹介をしてきました。
今回は、ちょっと趣向を変えて、民泊に泊まる方(いわゆるゲスト)にお伝えしたいことを書きたいと思います。
今まで私たちが運営している中で、宿泊したゲストから大きなトラブルにあったという声は聞きません。
ただ、初めての民泊宿泊で困った…ということがあるかも…と思います。
実際に私が民泊を利用するときに注意して確認しているポイントを5つにまとめてみましたので、宜しければご参考ください。

 

【1】セキュリティ

ホテルと違って、民泊は色々なタイプの施設があります。賃貸マンションの一室を貸切にしたり一軒家を貸切にできるタイプだと、玄関の鍵が付いていることが多く、割とセキュリティがしっかりしていることが多く、安心です。
ただ、ホスト同居型だったりシェアルームのように他グループの方と共同で使うような施設だと、自分のプライベート空間に鍵がかからないこともしばしばあります・・・しっかりと確認しておくことをお勧めします!

【2】アメニティ・設備・備品

これもホテルと大きく違うところですね。ホテルだと当たり前に揃っているアメニティ(歯ブラシやくし、タオル、パジャマ、おふろセット一式等)も民泊だとそうとは限りません。これはあるけど、これはない・・・という事も多く、現地で調達しなければいけなかったものもあります。実際に私が京都の民泊を利用した時にはパジャマがなくて、近くのお店を探してまわるという悲しい経験をしました・・・
また、インターネットの環境が整っているかどうかも、事前にホストに確認しておいた方が良いポイントです。フリーWi-Fiがあるかないか、容量に制限はないか等、滞在中に困らないようにしたいですね。特に、ビジネス利用の場合はインターネット環境が無いと仕事にならない・・・という事もあると思います。事前に確認しておきましょう。
なかには滞在中に持ち歩けるポケットWi-Fiを貸してくれるところもありますよ。

【3】チェックイン・チェックアウトの方法(入室方法)

ホテルであれば、まず迷ったり間違ったりすることが少ないであろうチェックイン。
これも民泊ですと、施設やホストによってバラバラです。当社でも、ホテルのフロントでチェックイン、コンビニに設置しているIT端末でセルフチェックイン、施設近くのタクシー会社さんや不動産屋さんに委託してチェックイン等、複数の方法を採用しています。
他にも、ホストが直接鍵を渡す場合や、現地で暗証番号を入力して自分で開錠するなど本当に千差万別です。
鍵をもらってから宿泊施設まで距離のあることもありますので、しっかり確認しておきましょう。

また、ホストによってはチェックイン前とチェックアウト後の荷物預かりのサービスもありますよ。

それと、宿泊施設への行き方も確認をしておくことをおすすめします。
民泊はホテルのように目立つマークや目印がないことも多いです。住宅街の中にあるものもあり、宿泊施設の場所を見つけるのに少し手間取ることがあります。
民泊に初めて泊まる人は、ガイドマップ等で行き方を下調べしておきましょう。

【4】料金・支払方法

民泊は宿泊料以外にも、清掃料、サービス料などが発生する場合があります。これはホテルの場合でも同様のことが言えますので、予約の時に総額がいくらになるかを確認した上で予約をするようにしましょう。
また、民泊は現地での支払いができないことが多いです。オンラインカード決済での支払方法のみということが多々ありますので、これについてもよく確認してから予約しましょう。なかには、支払を忘れていて、当日行ってみたら予約がキャンセルになっていた・・・ということもあるようです。

【5】ホスト(オーナー)が在宅かどうか、困った時の連絡先

民泊の中にはホスト在宅型、いわゆるホームステイのようなタイプの施設もあります。自分が泊まりたい施設はどうなのかを確認して予約しましょう。中には現地のホストとのコミュニケーションを楽しみたい方もいると思います。そういう方は、ホスト在宅型の施設を選んでください。
あと、ホテルであれば何かあればフロントに言えばなんとかなることが多いです。しかし、民泊でホスト不在型の施設の場合、何かあった時の連絡先をしっかり確認しておかないと何かあった時とても困ります。電話がつながるのか、メールでのやり取りになるのかもチェックしておくと良いですね。また、中には運営会社に依頼しているホストもいますので、窓口をしっかり確認しておきましょう。
※民泊運営をしていて意外とよくあるのが室内の電球切れです。民泊ですと電球のストックやタオルのストックなどがクローゼットや収納棚、リネン庫に保管されていることがあります。また、早朝・深夜の場合、なかなかホストと連絡がつながりませんので、チェックインしたらまず部屋に問題はないか最低限の確認をしてもいいかもしれません。

まとめ

いかがでしょうか?少しでも参考になりましたでしょうか?
民泊に宿泊中に何か困ったら、まずは部屋に置いてあるハウスマニュアルを読んでみてください。
また、分からない事や気になる事、不安な事は予約前にしっかり質問しておくといいかもしれません。民泊は問い合わせの質問の返答が早いことが多いです。案外すぐ解決するかもしれません。ぜひ安心して民泊を利用してみてください。

 

 

 

The following two tabs change content below.
三輪有香

三輪有香

あなぶきスペースシェア 運営事業部 三輪 有香(みわ ゆか)
島根大学卒業後、2009年に入社しました。賃貸物件の仲介営業に4年間従事し企画室へ。1年半の産休・育休を取得後、賃貸事業部に復帰しました。2018年2月1日にあなぶきスペースシェアの設立と共に現在の会社へ。初めて触れるシェアリングエコノミー事業ですが、七転八起で頑張ります。保有資格:宅地建物取引士、管理業務主任者、福祉住環境コーディネーター2級
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

最近書いた記事

関連の記事

  • facebook
  • feedly
  • rss
backtotop