はじめて分譲マンションを購入する方必見|賃貸マンションと違う3つのポイント

松井 久弥 松井 久弥

はじめて分譲マンションにお住まいになる方へ、賃貸マンションと違う知っておくべき3つのポイントをご紹介します。

2

目次

  • 分譲マンションには管理規約(ルール)がある
  • 分譲マンションの所有者は管理組合員となる
  • 分譲マンションには管理費等(管理費・修繕積立金)の納入義務がある
  • まとめ

 

分譲マンションには管理規約(ルール)がある

分譲マンションには入居する人全員が守る管理規約というルールがあります。

この管理規約にはマンションで暮らす居住者が快適な生活が送れるように、区分所有者(=マンションの購入者)の義務や権利などがあらかじめ定められています。

購入したマンションだから自分の好きなように暮らせるというわけではなく、守るべきルールがあるということを覚えておいてください。

分譲マンションの所有者は管理組合員となる

分譲マンションを購入すると、管理規約に基づき自動的に管理組合の組合員となります。
(※「自分は組合員になりたくないからならない!」ということは法律上認められません。)

マンション建物や運営管理を行うために、管理組合という組織が構成されています。

名称未設定

分譲マンションには管理費等(管理費・修繕積立金)の納入義務がある

分譲マンションの購入者(区分所有者)は、マンションの維持管理を行うために管理費等を管理組合へ納入することが管理規約で義務付けられています。

管理費は日常管理(点検や光熱費等)に要する費用等に充当され、修繕積立金は建物の資産価値の維持向上や計画的な修繕などにかかる費用に充当されます。

修繕積立金は建物の資産価値を維持するための貯金だと思っていただくと分かりやすいかもしれません。

まとめ

賃貸マンションとは違う、知っておくべき分譲マンションの3つのポイントをご紹介しました。

快適なマンション生活を送るためにも、ご自身のライフスタイルに合うマンションをぜひ見つけてくださいね。

The following two tabs change content below.
松井 久弥

松井 久弥

あなぶきハウジングサービス:松井 久弥(まつい ひさや)
2000年あなぶきハウジングサービス入社。
全国10都道府県において、管理担当・リプレイス営業・新規拠点立上げ・部門責任者に従事。特にマンション管理会社のM&Aにおいては、案件化からデューデリ・譲渡契約・お客様対応全般・統合後プロセス(PMI)までを実践。
マンション管理士、M&Aシニアエキスパート。
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

最近書いた記事

関連の記事

  • facebook
  • feedly
  • rss
backtotop