こんなときどうなる?|機械式駐車場の排水ポンプが故障した編

八谷晃帆 八谷晃帆

ガリガリ君は梨味が好きです。あなぶきハウジングサービス八谷です。

今年のGWも終わりましたね・・・。読者の皆さんはどのように過ごされましたか。私は地元広島に帰省しゆっくり過ごしました。広島駅や周辺では再開発が行われていて、変わりゆく風景に驚きながらも完成図を見てとてもわくわくしました。さて、5月から本社高松での研修を終えた新入社員が各事務所に配属されました。次回のブログにインタビュー記事を載せる予定ですのでお楽しみに!!

さて、今回は機械式駐車場の排水ポンプが故障したときの模様についてお伝えしていきたいと思います。これから梅雨の時期を向かえますが排水ポンプは正常に作動していますか?

 

目次

  • 機械式駐車場の排水ポンプとは?
  • 故障したときどうなるの?
  • 故障の原因
  • まとめ

 

機械式駐車場の排水ポンプとは?

屋外の機械式駐車場は雨天時に、雨水が入り込むため排水を行わなければいけません。排水を行うために雨水をためて排水する場所があり、この地面がへこんでいる部分をピットと言います。この中に排水ポンプという機器があり雨水の排水を行っています。

排水ポンプは親機と子機の2台がセットになっており、交互に作動して排水を行っています。2台のポンプにはそれぞれ黄色い玉がついていますが、この玉がピット内にたまった水を感知して排水を始めます。具体的には、親機と子機で黄色い玉は異なる高さの位置についています。子機のほうが高い位置についています。そして親機は1回作動すると次に感知しても休むという設定になっているため、高い位置にある子機の玉が感知しポンプが作動します。このようにして交互にポンプが作動しています。

また、奥に青色の玉がありますが、これはピット内の満水を感知するものです。排水ポンプが正常に作動しなくなり、排水ができなくなった場合に満水を受信します。

※ポンプのメーカーによって機能が異なる場合もありますので、一例として参考にしていただければ幸いです。

 

故障したときどうなるの?

排水ポンプが故障をしたときは排水ができなくなるため満水警報が受信されます。警報が受信されると管理室と警備会社に信号が届きます。故障かな?っと疑いながらも、ポンプの電源を落として再度入れたりすると作動する場合もあります。

しかし、断続的に満水警報を受信している場合は交換が必要となります。なぜなら集中豪雨の際は排水が追いつかないことも予想され、車が浸水する恐れもあるからです。車への被害がないからといってそのまま(地下に水がたまった状態)にしておくと、定期点検が行えない場合もあります。

写真は点検時のものです。チェーンの動きの確認や音、ネジの緩みはないか等、一台一台のパレットを上下に動かし点検を行います。

ポンプが正常ではないと考えられるときは、様子を伺いながらも天候や納品期間を考慮し早めの対応が必要となります。

 

故障の原因

排水ポンプの故障原因として経年劣化が挙げられます。次に挙げられるものとして、砂やホコリ、横砂などです。これらのものが雨風と一緒になりピット内にたまります。そうするとポンプは雨水以外のものも一緒に吸い上げてしまうため、徐々にポンプ内が詰まり雨水を吸い上げて排水する機能が低下します。そして完全にポンプが動かなくなり排水ができなくなります。

実際に交換前の排水ポンプを触ってみましたが、砂やホコリ、そして点検時のあぶらも一緒にまざりべたべたとしています。ポンプにはびっしりと砂やホコリがついて固まっていました。

 

まとめ

今回は大雨の日に満水警報を受信して排水ができていないという連絡がきたところからはじまりました。私ははじめ排水ピットという名前、排水ポンプが親機と子機セットになっていることを知りませんでした。解決に向け対処法や次に予測されることなどを考えながら、経過を観察したうえで、理事長様に経緯等を伝え交換にいたりました。工事報告を理事会や総会の場で行えるようにと思い交換工事に立会い、直接作業員の方から話を聞くことで理解も深まったように思います。入社2年目になりましたがまだまだ知らないことも多くあります。しかしお客様に質問をされたとき、きちんと返答できるように、わからないことは最後まで解消するように心掛けています。

The following two tabs change content below.
八谷晃帆

八谷晃帆

あなぶきハウジングサービス 分譲管理九州事業本部:八谷 晃帆(やたがい あきほ)
広島県出身。2017年株式会社穴吹ハウジングサービスに新卒入社。
5月に広島から福岡に移住してきました。
~じゃけぇから~~とに移行するか悩み中、、、。
現在は一人前のフロントマンになるため、先輩方の背中についていく毎日です。
このブログを通して新人フロントマンが日々成長していく姿をみせられたらと思います。
【好きな食べもの:えび】よろしくお願いいたします。
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

最近書いた記事

関連の記事

backtotop