キッチンのレンジフード(換気扇)の7つの清掃手順!

木須 拓己 木須 拓己

こんにちは、掃除好きの木須です。

今回はレンジフードをきれいにする7つのコツをこっそりご紹介させていただきます。
アイキャッチ

 

あなたのおうちのレンジフード(換気扇)はどのタイプ?

キッチンに付いているレンジフード(換気扇のことです)は、毎日の料理でフル回転しています。

油汚れ、菌、ホコリが付着していますので、1年に1回は、お掃除日を決めて掃除しましょう。
「きれいなキッチンは、料理もおいしくなること間違いなし!」

とはいえ、お掃除の仕方を知っている方は少数ではないでしょうか?

レンジフードの掃除方法でご意見多いのが、

①汚れの落とし方がよくわからない
②取り外し方がよくわからない
③おそうじの仕方はだいたいわかるけど、自分でやると大変だからやりたくない

です。

今回は、ご家庭にあるものでできる、“清掃方法の手順”、“汚れの落とし方のコツ”をご紹介します。
ぜひ、参考にしてくださいね!

まず、レンジフードには、『浅型』、『深型』、『整流板つき』、の3タイプがあります。

シロッコファン(丸い滑車のようなもののことです)の外し方には、

①ストッパーを押しながらあけるもの

②ネジをゆるめてずらすもの

など幾つか方法があるので、取扱説明書などをご確認ください。

レンジフードをきれいにする7つの手順

シンクを洗い場として使用

シンクを洗い場として使用します。
この際に、シンクにビニールシートなどでおおいをかけ、水が排水口や外に飛び出さないようにしましょう。
しっかり養生してそこに水を溜めます。(ぬるま湯でもOK)

フィルターを外す

外したフィルターをシンクの中に入れ、スプレータイプのアルカリ性洗剤(バスマジックリンやガラスクリーナーなど)をかけ、5分ほどおいて水で流してください。しっかり乾かせば、フィルター掃除は完了です。

シロッコファンを外す

防汚カバーを外して、中に組み込まれているシロッコファン(カタツムリのような形をした扇状のもの)を中央のネジをゆるめて取り外します。
注)何年も放置していた場合は油などが付着して取れにくくなっている可能性があります。その場合は無理をせず専門家にご相談することをおすすめします。

シロッコファンを洗剤で浸けおく

先ほど溜めたシンクの水にアルカリ性洗剤(バスマジックリンやガラスクリーナーなどが代表)を適量(目安として手でかき混ぜて軽く泡が出る程度)入れます。
そこでできた液の中に上記で外したシロッコファンを入れて浸けておきます。(約30~40分程度)

取り外したまわりをお掃除

シロッコファンを外したまわりにも油汚れがついているので、その汚れを先ほど用意したアルカリ性洗剤でお掃除します。
擦るものはタワシなど尖ったものではなく、スポンジのような柔らかいものでゆっくり時間をかけて除去していきます。
その後、水ぶきで洗剤や取れた汚れを布巾などでよく拭き取ればここは終了です。

シロッコファンの汚れ落とし

次にメインのシロッコファンについた油を除去します。
浸けおいて油汚れが浮いてきているはずなので、歯ブラシや目の細かいブラシなどで擦るだけで気になる汚れはだいたい除去できるはずです。それでも落ちない場合は洗剤を少し多めにするなどして調整して同じことを繰り返してみましょう。

水分を取って元に戻して完成

洗剤を使って汚れを落としたあとはしっかり水分をとってから元の位置に戻します。
戻すときはネジの位置や締めつけの硬さに気をつけながら元に戻してください。ずれているとその後の作動に影響が出て破損の可能性もあります。

まとめ

今回は、レンジフードの清掃手順(1~7)をお教えしましたが、部材も油で汚れており、すべりやすくもなっています。
掃除する際は、安全(ゴム手袋必須)に気をつけておこなってくださいね。

掃除がどうしても苦手な方は、掃除が楽なタイプのレンジフードもありますので、検討してみてください。

 

kiji_banner_seisou

The following two tabs change content below.
木須 拓己

木須 拓己

あなぶきハウジングサービス :木須 拓巳(きす たくみ)
分譲マンション管理会社で専有部(お部屋内)の様々なサービス開発・企画の立案、リフォーム&リノベーション・室内クリーニング、インテリア商品販売等、お客様の快適な生活をサポートする部署の担当。分譲マンションの管理会社を15年務めた実体験及び情報をわかりやすく伝えるために日々仕事に励んでいます。仕事での心情:ニーズを形にする
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

最近書いた記事

関連の記事

  • facebook
  • feedly
  • rss
backtotop