「あなぶき」元請によるマンション大規模修繕工事の取組みについて

こんにちは。
あなぶきハウジングサービスの篠原です。
本日は大規模修繕工事における当社の取組みについてご紹介します。
分譲マンションの大規模修繕工事はおおむね12年~15年の頻度で実施される工事で経年劣化したマンションの耐久性を初期性能と同等以上へ向上させるために行う工事の事で、単なる修繕のみならず、居住性を向上させ資産価値を高める機会にもなり、管理組合様の一大イベントでもあります。
その大規模修繕工事の発注先ですが、当社へ管理を委託している管理組合様においては、あなぶきグループの大規模修繕専門会社へ工事を依頼いただくケースが大半ではありますが、首都圏においては、マンション管理会社であります当社へのお引き合いも増加傾向にあり、施工実績も増えております。
今回は、『当社の元請による大規模修繕工事部門のサービス』についてご紹介したいと思います。

 

大規模修繕工事におけるサポート体制(原則)

大規模修繕工事を実施する時期になると、あなぶきグループの大規模修繕専門会社をご紹介し、日頃から共用部分の維持管理をおこなっている管理会社と一体となって、管理組合様と共に修繕内容を考え、工事が始まれば各種検査に立ち会い、大規模修繕工事を成功させるためのサポートを行っております。
施工会社については日本全国で相当数の企業件数がございますが、当社グループ会社での施工や当社元請けをご紹介するポイントとしては、マンションでの改修工事の実績が豊富なことに加えて、管理組合様からの評価が良く柔軟な対応をできること、経営基盤や保証面が安心できること、管理会社やそのグループであれば次の10年に向けたメンテナンスやアフターサービスを日々の管理業務と連動して実施できるという点が挙げられます。

 

なぜ「あなぶき」による大規模修繕工事を行うのか
(元請施工 ※首都圏エリア限定)

大規模修繕工事が成功する要因としては、施工の腕が良く実績があり、経営基盤がしっかりとしている会社を選定する必要があるのですが、比較的施工金額が高めとなるケースもございます。もちろん安くて腕のいい施工会社さんは数多くおりますが、仮に社員数や資本金が少ない場合で不具合等が発生した際に管理組合様へご迷惑をお掛けしてしまうのではないかと保証面で不安があるため、これまではなかなかご紹介することができませんでした。
これを解決する方法として、「お客様より評価いただける工事をできるだけ低価格で管理組合様へ提供したい。」その思いで当社の元請による大規模修繕工事の事業は立ち上がり、新たにスタートすることになりました。

 

 

分割発注工事(低価格で最良の工事を)

屋根・屋上の防水は防水の専門業者、開放廊下の長尺シートはシート専門業者へ工種に合わせて最適な業者さんを当社がまとめることにより低価格で提供できる分割発注工事の仕組みを確立しています。また、その責任と保証は当社が負うことで管理組合様へもご安心いただけるサービスを現在提供しており、好評をいただいております。
今後も、あなぶきグループ企業を含めましたご紹介による方法と、元請による方法の併用してサービスの提供を行っていきたいと考えております。

 

「あなぶき」元請による大規模修繕工事の特徴

管理担当者(フロント)やライフサポーター(管理員)の役割

例えば、大規模修繕工事を行う目的のひとつとして、居住性を高めて資産価値を高める改良工事は非常に大切です。施工会社は見積書や提案書を作成する際は一度マンションを現地調査したうえで作成しますが、ここで出される提案は一般的なものが多く必ずしも居住者の皆様が求めている内容とは限りません。しかし、管理会社である「あなぶき」の大規模修繕工事の提案は、日常業務としてマンションを訪問する管理担当者(フロント)によるお客様の問い合わせ記録や過去の修繕履歴などから居住者様がどのようなことにお困りになっているのかの傾向も読むことができますし、何より居住者様に近いライフサポーター(管理員)から直接お客様の声をいただくことが多いため、居住者様が本当に改善をもとめているお困りごとの改善提案をすることが可能となっています。

 

管理会社の立場として責任ある対応を心がけています

例えば、防水工事はその専門業者の中で複数社の見積を取得し、長尺シートはその専門業者で複数社の見積取得を行います。このように、すべての項目に対して実績のある会社の中から複数社の見積書を取得しています。その中で見積精査を行いコストが低減された大規模修繕工事を管理組合様へ提供しているため適正且つ可能な限り安価な価格でのご提供が可能となっています。
また、施工業者は工事が終われば保証はのこるものの基本的に管理組合様との接点はなくなりますが、当社「あなぶき」は管理会社としての側面もあるため、より責任のある対応を心がけてサービスの提供を行っておりますので、よりご安心していただけるものと確信しております。

 

最後に

本日は「あなぶき」の大規模修繕工事についてご紹介しましたが、お客様へ当社ならではの考え方やサービスなどは1回のブログでは語りつくせぬほど、さまざまなものを取り揃えております。
既に西日本エリアにて好評を得ておりますが、東日本のお客様へリノベーションエリアの見学をはじめ、マンションに関わる様々な情報をご覧いただけます「あなぶきPMアカデミーTOKYO」(神奈川県川崎市)が2019年9月に新規オープンしております。
様々な提案ブースのひとつに、大規模修繕工事専門のコーナーを設けておりますので、ご興味のある方は下記のHPをご参照にお問い合わせの上、訪問してみてください。
是非お待ちしております。

あなぶきPMアカデミーTOKYO(ショールーム)見学

The following two tabs change content below.
篠原準

篠原準

あなぶきハウジングサービス 東京本社
埼玉県出身。2004年入社。
入社以来、一貫して分譲マンションの管理部門に従事しています。これまでマンション管理という仕事を通じてお客さまのお役に立ちたい、お客さまからの信頼を高めたいという思いで務めて参りました。今回はブログを通じて読者の皆様へ価値と感動をお届けしていきたいと思います。どうぞ宜しくお願いします!
保有資格:管理業務主任者、宅地建物取引士、賃貸不動産経営管理士
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

最近書いた記事

関連の記事

  • facebook
  • feedly
  • rss
backtotop