初めてのDIY ピクチャーレールを自分でつけてみよう【動画付き】

葛西健太郎 葛西健太郎

あなぶき実重(さねしげ)建設の葛西です。「初めてDIYにチャレンジ」という方のお役に立てればと筆を走らせております。

今回はお値段も非常にお手頃でなおかつお部屋のセンスアップに効果絶大なピクチャーレールを自分で施工してみたいという方の為に、取付け方法や、ピクチャーレールを活用したインテリアコーディネート事例などをご紹介したいと思います。

是非、お部屋のインテリアに少し物足りなさを感じておられる方は参考にしてください。

 

 

目次

  • ピクチャーレールって何?
  • どこの壁にでも取付けられるの?
  • 取付け方法【動画】
  • ピクチャーレールを活用したインテリアコーディネート事例
  • まとめ

 

 

ピクチャーレールって何?

 

ピクチャーレールとはお部屋に絵画やインテリア小物などを吊るすためのカーテンレールのような装置です。

 

 

レール自体もお部屋の装飾として天井と壁の境目を彩ってくれますし、ワイヤーの数や、長さも変更できますので、インテリア上級者はピクチャーレールを活用して壁面を彩ります。お値段も5,000円前後から販売しているものもありますのでコストパフォーマンス抜群ですね。

ただあまり安価なものは耐荷重が低いもの(2kgまでの重さまでしかNGとか)もありますので、吊るそうと考えている額縁やアイテムなどの重量はレールをお買い求めになる前にチェックしておいたほうがいいです。

 

どこの壁にでも取付けられるの?

 

一般的に壁にビス(ドライバーなどでねじ込むクギみたいなもの)で取り付けるものが主流なのですが、天井に施工するものもあります。

マンションなどでは、躯体壁(マンションの隣の部屋との境にある壁や、バルコニー面や共用廊下側面に接している壁)へのビス打ちなどはマンション管理規約等によって制限されているケースがほとんどですので、そういった場合に天井用のピクチャーレールを使います。実際そういった躯体壁はコンクリートで出来ていますので、DIYで施工するのも難しいですしね。

というわけで、マンションの躯体壁(マンションの隣の部屋や外壁との間の壁)付近に絵画などを設置したい場合に天井用ピクチャーレールが使われます。

マンションでも前述した躯体壁以外の通常の壁ならどこでも大体の場所は設置可能ですし、戸建てならよほどの場所でなければ基本的にはどこでも取り付けられるので、安心してください。

ただし、壁の中に下地(木材などの補強材)がない部分に取付けると耐久性が低くなる可能性が高いので、下地がある場所への取付をオススメします。

といっても下地がある場所なんてわからないですよね。

ところが、安心してください!非常に高い確率で下地が入っている場所があります。

それは壁の一番高いところ、天井との際の部分です。

だいたいの方がピクチャーレールを取り付ける場合にはその部分を想定するはずですので、余計なお世話だったかもしれませんね。

 

では実際に壁用ピクチャーレールの取付け方法を動画でご紹介したいと思います。

本業はリフォームプランナーですので、少々不慣れですが、なにとぞ温かい目で動画をご覧ください。

 

取付け方法【動画】

 

  1. 下地が入っている場所を探す

  2. 取り付け位置をマーキングする

  3. 付属のビス等で固定する

  4. ワイヤーなどを活用し絵画等を吊るす

初めてピクチャーレールの施工に挑戦する方でも簡単な方法をご紹介いたしましたが、特別な工具も必要ないですし、工具なんて持った経験が無い方でも、何とかなりそうじゃないでしょうか?

もしやってみて難しい場合は、DIYが得意な方や、専門の業者さんに相談してみて下さい。

 

ピクチャーレールを活用したインテリアコーディネート事例

 

ではここでいくつか事例をご紹介したいと思います。

基本パターンのアートパネルの設置例です。パネルサイズはさまざまですが、上下のラインをそろえて統一感をだしてますね。

 

ショップなどでもよくみられる、まるでディスプレイのようにファッション小物を吊り下げてもおしゃれです。

 

上級編ですね。小物や腕時計、サングラスやフィギュアなどを展示するとまるでセレクトショップのような雰囲気になります。

 

ショップの事例です。ここまでは無理でも100円ショップで画像のような箱を買って、かわいい押しピンを取り付けて、そこにフックをかければ女性でも簡単ではないでしょうか。

 

透明のパネルに色味のあるものを置くとよりかわいらしさが引き立ちます。

 

ご覧いただいてお分かりになると思いますが、オシャレポイントはワイヤーの位置とワイヤーの長さで展示物のバランスを保つことです。

誰でも真似できるテクニックをお伝えしますと、展示物を段違いにするだけで結構こだわっているように見えますので、参考にしてみて下さい。

 

今回掲載のピクチャーレールは「荒川技研工業株式会社」の製品です。

商品が気になる方・もっと事例を見たいという方ぜひリンク先のホームページをご覧ください。

https://www.arakawagrip.co.jp/

 

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか。ピクチャーレールをつけるだけでお部屋は簡単にセンスアップできます。しかもお値段もそこそこで、施工まで自分でできるとなると、試してみたくなりませんか?

是非DIYでもっと素敵なお部屋と暮らしを演出してみて下さい。

Let’s Do It Yourself!!

 

 

The following two tabs change content below.
葛西健太郎

葛西健太郎

あなぶき実重建設 インテリアリフォーム部 葛西 健太郎(かっさい けんたろうう)
香川県の建築系の専門学校を卒業し、その後、あなぶきグループにて新築マンション購入者様に向けてカーテン・照明などのインテリア商品の販売を経て、現在は主にマンションの室内リノベーション工事を担当しています。
インテリア販売で培った知識と経験で、リノベーション工事の際にも家具等のインテリア商品との調和までしっかりとご提案致します。
学生時代はずっとテニスに明け暮れていました。現在の趣味は各都道府県のご当地麺類を食べることです。(福岡はラーメンだけじゃなくうどんもおススメです!)

保有資格
宅地建物取引士 管理業務主任者 福祉住環境コーディネーター3級 第2種衛生管理者
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

最近書いた記事

関連の記事

  • facebook
  • feedly
  • rss
backtotop