リフォーム事例のご紹介 ~ご自宅をホテルライクな心地良い空間へ~

おはようございます。こんにちは。こんばんは。

あなぶきデザイン&リフォームの桑村です。

 

今回は、リフォーム事例をご紹介します。

築25年 3LDKの分譲マンションの住宅が、

ホテルライクな心地よい空間に生まれ変わりました。

 

コンセプト

お客様がもともと使われていた、素敵な家具を活かしたコーディネートです。

お持ちの家具から、全体的なインテリアテイストをご提案いたしました。

木の温かみと、洗練された家具との調和が、とても素敵な空間です。

 

 

書斎

和室は、間取りを変更し、

在宅ワークができる書斎と、ウォークインクロゼットにリノベーションしました。

書斎には、沢山の書籍や資料を収納できる壁面収納を備えました。

また、自然素材がお好きなお客様のご要望から、タモ集成材や、書斎の壁には珪藻土を用い、

こだわりのある書斎空間となりました。

 

 

 

キッチン

キッチンは、囲い壁を撤去し、より明るく開放的な空間になりました。

開放的な一方で、キッチンカウンターが、本体よりも、少し高くなっているおかげで、

手元が隠れるので、機能性も◎です。

 

 

分譲マンションのリフォームの場合、管理規約の制限により、

撤去してもよい壁と、撤去してはいけない壁があります。

躯体(くたい)と呼ばれるコンクリートの壁は、共用部分のため、撤去することはできませんが、

今回のキッチンのように、木材や石膏ボードでできた間仕切り壁は、

専有部分なので、撤去することができました。

 

過去の記事にはこちら

ご存じですか!?分譲マンションの共用部分と専有部分の違い | もっとわくわくマンションライフ|マンションライフのお役立ち情報 (anabuki-m.jp)

 

寝室

洋室は、既存のクローゼット扉を撤去し

造作のオープン収納と、カウンターを設けたワークスペースを確保しました。

全体的に落ち着いた雰囲気になるよう、最小限のダウンライトと間接照明を用いました。

床はあえてカーペット仕様とし、ホテルライクな空間になりました。

 

 

 

水まわり

水まわり設備は、新しいものに取り替えましたが、

タイルや木材、レトロなペンダントライトをコーディネートすることで、

新しい中にも、温かみのある空間になりました。

 

 

トイレの奥隅に設置したペンダントライトのガラスシェードは、

お客様のご実家にあったものです。

新しい真鍮ソケットと組み合わせることで、新たに生まれ変わりました。

 

 

 

機能性

快適な住心地には、デザインだけでなく、機能性も重要です。

補助金を活用して、窓の断熱改修を行いました。

 

また、マンションに不足しがちな収納力をアップするために、

和室の押入れを利用し、廊下から出入りできるウォークインクロゼットを新設しました。

 

お客様のお声

リフォーム後、お客様からは、

「自宅で過ごす時間がとても豊かになり、気持ちのゆとりができたおかげで、

音楽や絵を楽しめる暮らしができるようになった」

と嬉しいとお言葉をいただきました。

 

 

 

まとめ

 

いかがでしたか?

 

新しいものも魅力的ですが、お気に入りの家具や思い出の照明器具など、

古いものを融合することで、自分だけの素敵な空間になりますね。

好きなものや快適なものに囲まれると、ご自宅での時間が、より豊かになると思います。

 

あなぶきデザイン&リフォームでは、お客様のライフスタイルに応じて、

さまざまなリノベーションのご提案を行っています。

 

 

 

インスタグラムにも、施工事例を多数掲載中です。

 

The following two tabs change content below.
桑村早織

桑村早織

あなぶきデザイン&リフォーム 桑村 早織(くわむら さおり)
香川県出身。2012年入社。

入社以来、新築マンションのインテリアフェア運営や、キャンペーンの企画などを行っています。
マンションならではのリフォームお役立ち情報を中心にお届けいたします!

保有資格:宅地建物取引士、管理業務主任者、マンション管理士、マンション維持修繕技術者、福祉住環境コーディネーター2級、整理収納アドバイザー2級
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

最近書いた記事

関連の記事

  • facebook
  • feedly
  • rss
backtotop