出かけよう!気軽にいけるショールーム活用術

佐々木美穂 佐々木美穂

こんにちは。専有部リフォーム担当の佐々木です。

今回はリフォームをするにあたって必ず行っていただきたいショールームについてご紹介いたします。
意外と知らない人も多いのですが、施工会社が決まっていなくてもショールームはとっても気軽に見に行けるのです!

目次

  • ショールームに行こう|ショールームの上手な活用方法
  • ショールームに行く時の注意点
  • まとめ

 

 

 

ショールームに行こう|ショールームの上手な活用方法

ショールームは予約していきましょう。

ショールームには様々な商品が展示されています。
フラっと予約しないでいくとショールームアドバイザーの方がほかの接客であいていない場合、聞きたいことも聞けず結局見るだけになってしまいます。
見た目だけではなく各社の機能を体感していただくのが重要です!予約することで自分の見たいものやその商品について、ショールームアドバイザーの方がわかりやすく説明をしてくれます。どんどん質問しましょう。実際に予約していけばよかたという後悔の声を多数いただきます。

ショールームには1度だけではなく、数回行きましょう。

ショールーム見学は意外と疲れます。
最初はざっくりと機能を見比べて、実際どの商品にするか絞れてから再度訪問してカラーなど決めていきましょう。

ショールームでの注意点

必ず図面を持っていきましょう。

マンションリフォームはいろいろなことが制限されます。せっかく気に入った設備があっても設置できないとならないように、図面をショールームアドバイザーに渡しましょう。
最終的には必ず現地調査を行って判断します。

高さや奥行など、靴を脱いで実際に立って、さわって確認しましょう。

例えば、ショールームでは靴を履いていますが実際生活する上では靴ははいていませんよね。
特にキッチンや洗面台はどのメーカーでも高さを選ぶことができますので、うっかり靴をはいたままの高さで発注してしまうとリフォームしたのに使い勝手が悪くなってしまいます。今使用しているキッチンや洗面台の高さを測っておき、使いやすさ、使いにくさの目安にしましょう。

まとめ

ショールームでは、最新の機器や機能に魅力を感じることが多いと思います。
どのメーカーでも使い勝手が考慮され、便利な機能もありますが、家族構成やスタイルにあっていなければ使いこなせない場合も。一度だけでなく比較検討を重ね、本当に必要なもの、優先順位を明確にして選ぶようにしましょう。
また、先ほどふれたように、ショールーム見学は意外と疲れます。
見るだけでなく、操作したり、靴を脱いで立ってみるなど、さまざまな動作をすることもあるので、動きやすい服装、歩きやすく脱ぎやすい靴で出かけましょう。

 

1日でできる!マンションリビング壁面のプチリフォーム3選

1日でできる!マンショントイレリフォームのポイント

https://anabuki-m.jp/renovation/17190/

The following two tabs change content below.
佐々木美穂

佐々木美穂

あなぶき実重建設:佐々木美穂(ささき みほ)
分譲マンション専有部分のリフォームを担当しています。
地場工務店で新築工事に携わり、あなぶきグループに入社してからは、マンションリフォームの営業・プラン等をして7年目になりました。
お客様と近い距離でお部屋のお困り事、ご相談にのっています。
得意分野は、内装・造作家具・キッチンまわり。
好きなものは、ネコとボート。
保有資格:インテリアコーディネーター
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

最近書いた記事

関連の記事

  • facebook
  • feedly
  • rss
backtotop