契約区画に知らない車が停まっている!~対策と対処方法について~

皆様こんにちは!あなぶきハウジングサービス あなぶきコールセンターの清藤です。

当センターでは日々様々なお問い合わせを全国のお客様から頂戴しており、今回は中でも多いご相談である『駐車場トラブル』の中の『迷惑・間違い駐車』について取り上げてみました。

 

『契約しているマンションの敷地内駐車場に駐車しようと思ったら知らない車が停まっている』なんて経験をされた方はいませんか?仕事や買い物から帰宅して駐車しようとしたら見知らぬ車が停まっていたら焦りますよね?今回はそういった場合の対処方法についてお話させていただきます。

 

隣区画で見たことがあるか

迷惑駐車の中で最も多いのが隣区画の方もしくは隣区画の来客者が間違えて駐車してしまうパターンです。
特に新築・築浅物件では自分の区画番号を『端から何番目』など、うろ覚えで感覚で駐車している方が多いように感じます。来客者の場合は訪問先住戸の契約区画に駐車しようと思ったら間違えてしまった・来客用区画の横の契約区画に駐車してしまったという場合が非常に多いです。

 

【対策・対処方法】

隣区画の車両情報を把握しておく

自分の隣区画の車の車種を覚えておけば、外部の方の無断駐車か、入居者の間違い駐車か判断がつきます。見かけたことがあれば、すぐさま管理会社に連絡して区画番号と該当車両のナンバー・車種を伝えましょう。管理会社では予め、こういった場合に備えて管理組合との駐車場契約時若しくは保管場所使用承諾証明書発行時に入居者の車両情報・契約区画を把握、データ保管しています。入居者の車と分かればすぐに連絡を取ってくれるでしょう。合わせて入電時に来客用駐車場の有無、もしくは一時避難先の空き区画があるか確認しましょう。万一管理会社から該当者に連絡が取れない場合にそこに避難駐車することができます。

 

見たことがない車・外部の方の車の場合

隣区画でも見たことがない、管理会社に確認しても入居者の車でないとなった場合は泣き寝入りするしかないのでしょうか?けどレッカー移動はやりすぎだし、、、自分は何も悪くないのに腹が立ちますよね? そういった場合は警察に相談しましょう。

警察に連絡をして現場住所・該当者の車両情報を伝えると警察の方が現場に出向いてくれて、車両確認の上、該当者に連絡を取ってくれます。ただ連絡が繋がれば事情を説明してくれますが、それでも繋がらなかったり、そもそも警察側にも車両の持ち主の情報がない場合は警察でもお手上げです。警察に『マンションの敷地内駐車場は私有地なのでこれ以上は対応できません』と言われるでしょう。
そのような場合は管理会社に事情を話して車のワイパーに『戻られたら管理会社まで連絡してください』とのメモ書きを挟むことが有効です。折り返し管理会社に連絡があれば該当者に事情を説明するでしょう。

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?毎日利用するからこそ良く起きる駐車場トラブルについてお話させていただきました。迷惑駐車が多発している場合は管理会社に相談しましょう。注意文章を作成してくれたり、場合によってはカラーコーンの設置などの対策を検討してくれるでしょう。

 

 

The following two tabs change content below.
清藤颯介

清藤颯介

あなぶきコールセンター 清藤 颯介(きよとう そうすけ)
高知県出身。 松山大学経済学部卒。
新卒で当社に入社をし、福岡で1年間分譲マンション管理(フロント)業務に従事しておりました。
現在は香川県高松市のあなぶきコールセンターにて日々あなぶきグループのお客様のお問い合わせに対応しております。
全国のお客様から日々どのようなお問い合わせをいただくのか、そしてどのように解決できるのかを発信していければと思っております。
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

最近書いた記事

関連の記事

  • facebook
  • feedly
  • rss
backtotop