マンション管理組合の会計│収支報告書の見方④実際の報告書を見てみよう

久米 則子 久米 則子

こんにちは、あなぶきセザールサポートの久米です。前回まで3回にわけて収支報告書の勘定科目についてご説明しました。
→マンション管理組合の会計│収支報告書の見方①収入の部の勘定科目について
→マンション管理組合の会計│収支報告書の見方②支出の部の勘定科目について その1
→マンション管理組合の会計│収支報告書の見方③支出の部の勘定科目について その2
今回は実際の収支報告書を例に内容を見ていきたいと思います。
※数字は架空のものです。

14440710_636770086496673_4157802360151492538_n

 

目次

  • 各項目の説明
  • 予算実行率を確認しよう
  • まとめ

 

各項目の説明

収支報告書(見本)

①タイトル
管理組合の名称、管理費会計・修繕積立金会計どちらなのか、何月分の収支報告書なのかなどの情報が記載されています。 例の報告書で言うと毎年7月決算の管理組合で今回の収支報告書は『6月分』ということになりますね。

②科目
管理組合で今期予算を設定した科目、実際に支出した科目の名称が表示されています。

③予算
総会で承認された予算の金額が表示されています。総会で承認された際の議事録と合っているか確認してみましょう。

④当月実績
収支報告書の月の1ヶ月分の合計金額が表示されています。例の月次収支報告書は6月分の報告書ですから、6月に計上された1か月間の収入および支出の金額が表示されています。

⑤当期累計
期首から収支報告書の月までの累計金額です。今回の例だと6月分までの11ヶ月の累計金額です。

⑥予算実行率
総会で承認された予算金額を100%とし、予算金額に対して実績の金額がどのくらいの割合なのかを表示しています。

 

予算実行率を確認しよう

予算実行率

収支報告書を確認するポイントとしては、予算実行率を確認することがあげられます。
予算実行率は毎月定額発生するものに関しては、金額の変更がない限り均等に推移していきます。 この管理組合だと11か月目ですので毎月定額計上される管理費収入や管理委託料、レンタル・リース料等の予算実行率はすべて91.7%(12ヶ月を100%となるので100÷12ヶ月×11ヶ月=91.666…)となっています。同率の予算実行率になっているか確認しましょう。
また機械式駐車場保守料のように年○回と点検回数が決まっているものもあります。今回の場合ですと年4回のうち3回目の点検が終了しているということになり、予算実行率は75.0%となります。

電気料水道料等は前期実績をもとに予算計上することが多く、なかなか今期どの位計上されるかを予測するのが難しい科目です。 当月分の数字だけではわかり辛いところもありますので今月までの予算実行率を確認し、今期あまりにも多く費用がかかっていないかを確認しましょう。 LED照明に交換した場合などは、実際にどのくらい費用が安くなっているかを確認してみるのも良いでしょう。

また管理費収入(修繕積立金収入もですが…)が毎月きちんと計上されているからといって安心してはいけません。発生主義ですので滞納している人も収入として計上されます。収支報告書とともに貸借対照表や未納一覧も必ず確認しましょう。

 

まとめ

収支報告書はどこを確認したら良いのか難しいところもありますが、予算実行率をうまく活用して確認していきましょう。 予算実行率が高くなっていないかということだけでなく、予算を超過していないか(予算実行率が100%以上になっていないか)、また予算をとっていないのに計上されている費用はないかなどを確認するのが良いでしょう。
また理事長様に送られてくる月次収支報告書には収支報告書だけでなく経費明細や年間の推移表等もついているはずです。他の資料も活用してきちんと確認し、不明な点は管理担当者に確認しましょう。

The following two tabs change content below.
久米 則子

久米 則子

あなぶきハウジングサービス 業務推進室:久米 則子(くめ のりこ)
新卒で入社してから経理一筋。ホテル業の経理、マンション販売の経理、マンション管理業の企業会計とさまざまな業種の経理業務に携わってきました。現在はマンション管理組合の会計業務に従事し、スピードと正確性を重視し、忙しい時こそ笑顔で!をモットーに仕事に取り組んでいます。管理業務主任者を取得し、資格を活かした会計業務のお役立ち情報をお届けしたいと思います。
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

最近書いた記事

関連の記事

  • facebook
  • feedly
  • rss
backtotop