マンションの給水方式について~水道直結方式~

飯野琢磨 飯野琢磨

こんにちは、あなぶきハウジングサービスの飯野です。
本日は前回紹介しきれなかったマンションの給水方式についてご紹介します。
給水方式は水道直結方式と貯水槽方式の2種類に分けられることは前回ご説明しましたが、それぞれの方式でさらに数種類の方式があります。
本日は水道直結方式について説明致します。
水道直結方式とは水道本管より水道管を直接引込み、貯水槽を経由せず各住戸への給水所要箇所へ直接給水する方式です。水道直結方式は直圧直結給水方式と増圧直結給水方式へ分類されます。

目次

  • 直圧直結給水方式とは
  • 増圧直結給水方式とは
  • まとめ

 

・直圧直結給水方式

ポンプを使用せず、水道本管の水圧で各住戸まで水を供給する一番シンプルでメンテナンス費用等もかからない方式です。水をタンクに貯留しないため衛生的な水を安全に供給できるメリットがあります。それ以外にも受水槽やポンプのメンテナンス費用やポンプを動かす電気代も発生しないため経済的です。ただし、水の貯留ができないため断水となった時は水の供給が全くできなくなりますし、貯水槽があれば災害時にたまっている水を一時的に使うことができますが、それができなくなります。一般的な直圧直結給水方式はフロア数が3階までの建物に限られますが、水圧が特に強い場合水道局の許可があれば特例直結給水方式という文字通り特例で階高制限なく直圧直結給水方式が採用できる場合があります。

・増圧直結給水方式

水道本管の水圧が足りない場合やマンション規模が大きい場合は増圧ポンプを設置して必要な水圧まで高めてから各戸へ水を供給する方式です。直圧直結給水方式に増圧ポンプを設置するため、増圧ポンプの維持費や電気代も発生します。また増圧ポンプは地方公共団体によっては年1回の点検が義務付けられている場合があり、その際は点検料も発生しますが階高が高いマンションでも水道直結方式が採用できます。マンション規模により増圧ポンプ1台では必要な水圧が得られない場合は、増圧ポンプを並列で設置することによりより大規模なマンションでも水道直結方式が採用できるようになります。また階高が高い場合は直列に設置することでより高層なマンションにも対応できるようになります。

・まとめ

本日は水道直結方式について説明しました。次回は貯水槽方式についてご紹介したいと思いますのでよろしくお願いします。

The following two tabs change content below.
飯野琢磨

飯野琢磨

あなぶきハウジングサービス 東京南支店:飯野 琢磨(いいの たくま)
前職では大工や建築積算を経験。入社後、マンション修繕工事のコンサル業務、分譲マンションのリプレイス営業、分譲マンションのフロントを経験。
マンション管理のことについてはもちろんのこと、リフォームやリプレイスなどさまざまな視点から幅広い情報を提供します。
所有資格:一級建築士・マンション管理士・管理業務主任者・宅地建物取引士
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

最近書いた記事

関連の記事

  • facebook
  • feedly
  • rss
backtotop