火災保険契約から手続き基本編

皆様こんにちは。
穴吹インシュアランスの方京です。
今回のブログでは、火災保険の加入から終わりまでに起こりうることを書きたいと思います。

お客様からの声で「火災保険の加入の仕方が分からない」や「加入までは分かるけどその後の手続きが分からない」「住宅を売却したけど火災保険の解約の手続きをどうしたらいいか分からない」といったお声を多く聞きます。

今回はその声にお応えしていくものを中心に書いていこうと思います。

 

火災保険加入手続きについて

火災保険に加入する場面で、住宅を購入した際や賃貸住宅に入居する際など様々な場面で火災保険に加入された方が多いのではないでしょうか。

まず、加入の際に補償内容等についての説明を受け加入の有無を決めます。
補償内容につきましては、各保険会社により異なっております。
ご加入の決め手として自分の生活にあった補償内容や保険期間、保険金額をお選び頂くことをお勧めします。
保険会社とご加入プランを決定し、最終的に保険開始となります。
加入時の注意点として、既にご加入頂いている保険と補償内容の重複がないか確認下さい。
保険料の支払時期や支払い方法等について、ご希望の方法かどうか確認下さい。
住宅を購入の際に住宅ローンを組んだ場合、金融機関から保険開始日を住宅ローン実行に設定する場合がございますので、保険開始日につきましてはご確認下さい。

 

火災保険変更手続き

火災保険にご加入後、様々な場面で変更手続きが必要な場面があります。お客様から多くのご質問を頂く住所変更の手続きについてお話します。

ここでご質問頂いた1つの例をあげます。
「住宅を新しく購入し住宅を2つ持っている場合、火災保険をどうしたらいいか」という質問を頂きました。
・現在加入している保険の書類を新しくご購入した物件に届くようにする場合
⇒変更手続きが必要になってきます。
・現在お住まいの住所に書類の郵送が可能な場合や書類を確認出来る場合
⇒変更手続きは不要となります。

変更手続きに関しましては、その他に住宅の所有者が変更になった場合や現在加入している火災保険の補償内容の見直し等があります。
補償内容の見直しに関しましては各保険会社によっては出来ないケースがありますので、一度加入した保険会社や代理店にお問い合わせ頂ければと思います。

住宅を売却される場合も解約の手続きが必要となってきます。
新たな契約者が保険をかける形になるからです。
お客様においては売却日が決まれば契約した保険会社や代理店にご連絡し、解約の手続きをしてください。

 

 

火災保険契約の終了

火災保険に加入し、保険期間満了となりましたら火災保険が切れてしまいます。
火災保険満了日の2か月前頃に代理店より契約者住所に満了となるお知らせが届きます。
書類やお電話等で保険契約の更新の有無についてご連絡させて頂きます。
その際に、補償内の変更や保険金額の増減についてお話頂きます。
書類等で火災保険の手続きが完了しましたら、火災保険の保険期間まで有効となります。
連絡が取れない場合や保険書類の返送がない場合は火災保険が切れてしまう場合がございますのでご注意下さい。

 

まとめ

変更や解約といった場合はその都度ご加入した保険会社や代理店といったところにご連絡頂ければと思います。
火災保険の加入をお忘れになる場合がありますので、加入時に証券を保菅頂き何かあればご連絡するようにして頂くのが良いと思います。
次回は、火災保険の補償内容について紹介します。

The following two tabs change content below.
方京隼人

方京隼人

あなぶきインシュアランス 高松支店
方京 隼人(ほうきょう はやと)
広島県出身。
主にマンションに入居予定のお客様の火災保険に携わっていました。
そのほかに、自動車保険や生命保険なども取り扱っております。
皆様の生活に1つでもためになるもことをご紹介出来ればと思います。
よろしくお願いいたします。
方京隼人

最新記事 by 方京隼人 (全て見る)

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

最近書いた記事

関連の記事

  • facebook
  • feedly
  • rss