引越しが決まったら!賃貸物件の退去~入居までの流れ

こんにちは。あなぶきハウジングサービスの木村です。

今年も引越しシーズンがやってきました!入学、就職で一人暮らしを始める方、転勤で引越しをする方、結婚を機にお部屋を借りられる方、引越しの理由は様々だと思います。

私も引越しを6回経験しておりますが、引越しが決まるといつもバタバタとしておりました。特に初めての引越しの時は何をして良いか全くわからず不安が大きかった記憶があります。

 

そこで今回は『賃貸物件の退去~入居までの流れ』についてお話しできればと思います。

 

1)新居探し

まずは何と言っても新居を決めることが一番です!

急な転勤の場合は会社様が準備して頂ける場合もあるかと思いますが、赴任日までの引越しが必要となるのでお部屋を探す事が引越しの準備の中で最優先です。

入学、就職で一人暮らしの場合も入居の一か月前位までには部屋を決定し『入居申込』をしなければなりません。入居申込について注意点は下記となります。

 

・申込は書面を記入しないとお部屋を予約することができません。

この時期は引越しする方が多いので、お部屋は先着順です。

いい物件はすぐ無くなってしまいます。

・申込日~1ヵ月後までには入居することが目安になっている物件が多いです。

・申込後に入居審査がございます。

審査や契約締結等で2週間位は時間を要する事がありますので、余裕を持って申込みをして下さい。

 

2)退去連絡

現在も賃貸物件にお住まいの方は『退去連絡』を管理会社に連絡する必要があります。一般的には退去連絡は退去日の1ヵ月前と契約書に記載されております。急な引越しの場合は退去しても退去受付日から1ヵ月の賃料が発生いたします。又、契約書に「退去月の賃料は半月割・日割り無し」などの記載もあると賃料が発生する最終日が異なりますので、ご注意下さい。

 

 

3)引越し準備

無事新居が決まりましたら、引越し日に向けて各種準備が必要となります。

 

引越業者の選定・予約

先ずは引越業者の選定と予約が必要となります。この時期は引越し繁忙期でなかなか希望日に予約がとることが難しくあります。何社もある引越業者から一括で見積依頼をとれるサイトもありますが、各社下見が必要となり見積が出揃うまで時間がかかる場合もございますので、私の場合は2社位に見積依頼をし決定しておりました。

引越し会社が決まらないと希望日で予約できず入学や入社に間に合わない事態にもなる場合がありますので、予約は早急に行いましょう。

 

 

ライフライン等の手続き

引越しに伴う手続きはたくさんあります。下記に書き出しましたので、ご確認下さい。

 

・電気の閉栓、開栓

オール電化で電気温水器がある物件の場合は、前日に電気を開栓し電気温水器の設定しする必要があります。(電気温水器は深夜電力にてお湯を沸き上げる設定となっているためです。)

・ガスの閉栓、開栓

ガスの開栓はお立合いが必要となりますので、早めにガス会社へ連絡をして下さい。又、ガスコンロ等のガス機器はガスの種類によって専用機器がありますので、新しい物件が都市ガスかプロパンガスか確認が必要です。

・水道の閉栓、開栓

管理会社が検針している物件以外は公共水道の閉栓、開栓手続きが必要となります。

・固定電話の移転手続き

市外への移転の場合は電話番号が変更となります

・インターネットの移転手続き

転居先が無料インターネット導入物件の場合は必要ございませんが、ご自身でインターネットを申込される場合は余裕をもって1ヵ月前までには移転もしくは新規申込をした方が安心です。この時期は混みあっていたり、新しい引込の場合は工事が必要となります。テレワークやオンライン授業でインターネットは必須でありますので、早めに手続きをして下さい。

・郵便局の転送届け

郵便局にある届出もしくはインターネットで手続きできます。2週間位時間を要する事がありますので、こちらも早めにお手続きして下さい。

・新聞の解約

・家財保険の解約

・住民票:転出届け、転入届け

・各種住所変更

運転免許証、パスポート、銀行、クレジットカード、保険各種(生命保険、車等)、定期購読物、定期購入物 等、様々な住所変更が必要となります。

 

 

4)退去立会

引越作業が終わったら賃貸物件に住まわれていた方は、住んでいた賃貸物件の退去立会(室内の確認、鍵の返却)が必要となります。退去立会の方法は管理会社によって異なる場合がございますので、事前にご確認下さい。

 

以前当ブログにて退去立会のことをご紹介させて頂きましたので、ご参照頂けますと幸いです。

賃貸マンションを退去する際に、原状回復費を請求される項目とは?

 

5)まとめ

楽しみな新生活と併せて、慌ただしい引越作業が多々ありますが、何をするかを事前に把握して、家族で手分けできるところは分担するなどすればトラブルは軽減できると思います。引越繁忙期はどの業者も思うように予約が取れない場合がございますので、早め早めの準備をお勧めいたします。

 

お忙しい中、最後まで読んで頂きありがとうございました。

The following two tabs change content below.
木村千春

木村千春

あなぶきハウジングサービス
木村 千春(きむら ちはる)

香川県出身。20年近く県外に出ておりましたが、
Uターンを機にあなぶきハウジングサービスに入社しました。
2002年より不動産(賃貸管理)業務を経験し、現在は賃貸物件の管理業務に従事しております。
建築営業にも携わっておりました。
今までの経験を生かして様々な事をお伝えできればと思います。

保有資格:宅地建物取引士、賃貸不動産経営管理士・2級ファイナンシャル・プランニング技能士
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

最近書いた記事

関連の記事

  • facebook
  • feedly
  • rss
backtotop