リフォーム事例のご紹介 ~間取変更で広くて明るいLDKに~

おはようございます。こんにちは。こんばんは。
あなぶきデザイン&リフォームの桑村です。

 

今回は、マンションのリフォーム事例をご紹介します。

築38年4DKの分譲マンションが、
広くて明るい1LDKに生まれ変わりました。

 

 

 

コンセプト

 

ベージュ・ブラウンや木目を基調とした、温かみのある明るい空間に仕上がりました。

 

同系色で統一感を出しつつも、
タイルや大柄の壁紙など、異なる素材をアクセントとして組み合わせることで、
ナチュラルかつスタイリッシュな空間になっています。

 

 

 

 

広くて明るいLDK

 

もともとの和室とリビングをつなげて、ひと部屋にしました。

 

また、窓がなく薄暗かったダイニングキッチンを、対面キッチンに変更することで、
明るい空間に生まれ変わりました。

明るい対面キッチンは、ご家族との会話が増え、お料理の時間が楽しくなりますね。

 

キッチン横の棚にはゴミ箱をおくスペースを設けました。
見た目だけではなく、収納力もアップしています。

 

 

 

 

 

前回のブログでも紹介しましたが、
分譲マンションのリフォームの場合、管理規約の制限により、
撤去してもよい壁と、撤去してはいけない壁があります。

 

躯体(くたい)と呼ばれるコンクリートの壁は、
共用部分のため、撤去することはできませんが、
今回のように、木材や石膏ボードでできた間仕切り壁は、
専有部分なので、撤去することができました。

 

過去の記事はこちら

ご存じですか!?分譲マンションの共用部分と専有部分の違い | もっとわくわくマンションライフ|マンションライフのお役立ち情報 (anabuki-m.jp)

リフォーム事例のご紹介 ~ご自宅をホテルライクな心地良い空間へ~ | もっとわくわくマンションライフ|マンションライフのお役立ち情報 (anabuki-m.jp)

 

 

ワークスペース

 

ダイニングの一角には、デスクを造作し、ワークスペースを設置しました。

 

お持ちのプリンターを置けるよう、
奥行きも含めぴったりサイズの棚をつくりました。

棚板の位置を変えることができる、可動式です。

 

市販品では、なかなかぴったりサイズのものが見つからないので、

これもリフォーム工事ならではですね。

 

ついつい散らかってしまいがちなデスクまわりには、
備え付けの収納があると、整理整頓がしやすくて助かります。

 

 

 

 

寝室

 

2部屋あった洋室は、つなげてひと部屋にすることで、
広々とした寝室になりました。

 

リビングと同様に、木目を基調とした明るい空間です。
アクセントに用いた、落ち着きのあるブルーや水色の効果で、よい眠りにつけそうですね。

 

 

もともとあった和室の押入は、ウォークスルークローゼットへ。

廊下と洋室の両方からアクセスできるので、とても使いやすくなりました。

 

 

 

玄関・廊下

 

玄関には、新たに大容量の収納を設置しました。

 

エコカラットと関節照明をつけることで、奥行きのある素敵な空間になりました。
スタイリッシュさと、収納力を兼ね備えています。

 

廊下にはミラーを設置しました。
鏡の効果で、空間が広く、明るく見えますね。

 

 

 

結露対策

 

快適な住宅には、デザイン性だけではなく、機能性も重要です。

一般的に、鉄筋コンクリート造の建物は、気密性が高く良い面もありますが、
結露にお悩みの方も多くおられます。

 

こちらのマンションにお住まいのお客様も、
窓や玄関ドアの結露にお悩みだったので、結露対策もしっかり行いました。

 

窓には内窓を設置し、

玄関ドアの内側(住戸側)には、断熱塗料を塗りました。

 

 

 

分譲マンションのリフォームの場合、

窓や玄関ドアは共用部分のため、管理規約の制限を受けます。

 

管理規約はマンションによって異なりますが、
一般的に、内窓の取付は、管理組合に申請をし、承認をもらうことで工事できることが多いです。

 

玄関ドア自体は共用部分ですが、
玄関ドアの鍵や内側(部屋側)は、専有部分です。

ドア内側の塗装やシート貼りなら、行ってもよい場合が多いです。

 

 

過去の記事で詳しくご紹介しているので、ぜひご覧ください。

 

分譲マンションの窓ってリフォームできるの?管理規約を解説! | もっとわくわくマンションライフ|マンションライフのお役立ち情報 (anabuki-m.jp)

分譲マンションリフォーム 管理規約による制限事項について | もっとわくわくマンションライフ|マンションライフのお役立ち情報 (anabuki-m.jp)

 

 

まとめ

 

いかがでしたか?

4部屋に区切られていた築38年のマンションが、
広くて明るい1LDKの空間に生まれ変わりました。

 

統一感のあるナチュラルなインテリアの中にも、
タイルなどの素材でアクセントをつけることで、スタイリッシュな印象になりますね。

 

分譲マンションは、管理規約や配管の制限がありますが、
その中でも間取りを変更したり、収納を増やしたりして、
リフォームで理想の空間をつくることができます。

 

 

あなぶきデザイン&リフォームでは、お客様のライフスタイルに応じて、
さまざまなリノベーションのご提案を行っています。

 

インスタグラムにも、施工事例を多数掲載中です。

The following two tabs change content below.
桑村早織

桑村早織

あなぶきデザイン&リフォーム 桑村 早織(くわむら さおり)
香川県出身。2012年入社。

入社以来、新築マンションのインテリアフェア運営や、キャンペーンの企画などを行っています。
マンションならではのリフォームお役立ち情報を中心にお届けいたします!

保有資格:宅地建物取引士、管理業務主任者、マンション管理士、マンション維持修繕技術者、福祉住環境コーディネーター2級、整理収納アドバイザー2級
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

最近書いた記事

関連の記事

  • facebook
  • feedly
  • rss
backtotop