マンション最新キッチン徹底比較|クリナップ

木須 拓己 木須 拓己

こんにちは、急に寒くなり、風邪気味の木須です。

今回から5回にわたり、“最新キッチン徹底比較!!”と題しまして、独断と偏見でピックアップした各メーカーの最新キッチンをご紹介します。

メーカーの特色やコンセプトを理解するには、そのメーカーの最上位グレードを知るのが一番。グレードが高ければ高いほど、メーカーの思いやこだわりが詰まっているものです。

ということで、最上位グレードのこだわりや特徴を中心に、他シリーズもご紹介していきます。

第一回目は、国内で一番人気がある?キッチンメーカー「クリナップ」。
クリナップが誇るオールステンレスキッチン『SS』をメインにご紹介します。

image3

目次

  • なんといっても売りはステンレス
  • SSの特徴的な機能
  • その他のシリーズ
  • まとめ

 

・なんといっても売りはステンレス

01

最上位機種「SS」

クリナップといったら=ステンレス、といっても過言ではないくらいステンレス製にこだわりが強いメーカーです。

未だに業務用厨房機器を製造していて、ハードに使用するプロ仕様のキッチンを知り尽くしています。
厨房機器では基本であるステンレスの良さを知っているからこそ、こだわりが強いのかもしれませんね。

日本の高湿な気候、水を多く使う生活様式に耐えうる理想の素材は「ステンレス」に限るというのが、50年以上ずっと日本のキッチンを研究してきたクリナップの結論です。

最上位グレード『SS』は、ステンレスの中でも特に優れている「18-8ステンレス(SUS304)」を使用。
18-8ステンレスは、耐食性・耐熱性に優れており、ねじや機械の恒久部品から原子力発電所で使われる冷却水のパイプまで広く用いられています。

ステンレスは、自ら表面にバリアを作り、そこに傷がついても自然に再生する性質なので、錆びにくく長持ちします。水や熱に強く、優れた強度を持つという特性が、キッチンにとって最適な素材であり、湿気の多い日本の風土に適しています。

02
『SS』のこだわりは、熟練した職人の技術力に裏打ちされた究極のキッチンだということ。

ワークトップだけでなく、キャビネットまでもステンレスなので、耐久性が高くかつ清潔。そんなステンレスにこだわってきたクリナップならではが「クラフツマンワークトップ」。体に負担をかけないシンク形状など、職人の手作業が入っているから実現できたもので、他メーカーには真似はできない、とクリナップは言います。本格的な料理をされる方にこそ、ご満足いただけるはず。

業務用の厨房より丈夫な1.2mm厚のステンレスを使用し、熟練した溶接工が手作業で仕上げています。
腰に負担が少ないシンクデザイン、三方が高い立ち上がりのバックガード、シンクに向けて傾斜をつけた調理スペース…と、料理から掃除まで工夫が詰まった究極のワークトップです。

キャビネット、ワークトップだけでなく、扉や引出しの底板やフロアコンテナの前板までステンレスを使用。本格料理をする方には、最適なガシガシ使えて使いやすいキッチンです。

03

・SSの特徴的な機能

ここで『SS』の主な特徴を4つご紹介します。
●美コートワークトップ

傷・汚れに強い「美コート」をワークトップに採用。キッチンのお手入れは、少しでも楽にしたいものですよね。

クリナップは、キッチンにつきやすい油汚れや傷を徹底研究。「美コート」+「特殊エンボス加工」という2つの技の組み合わせで汚れ落ち、傷への強さが格段にアップしました。

「美コート」とは、水に馴染みやすい親水性のセラミック系特殊コーティング。汚れの下に水が入り込み、汚れを浮かします。
落としにくい油汚れもサッと水拭きだけでOKです。さらに、ステンレスたわしで擦っても細かいキズがつきにくく美しさを長く保てます。

04

名称未設定-1

●流レールシンク

“ウルトラの母”が一時CMをしていた「流レールシンク」は、
お料理中などで使う水が野菜くずや油汚れを集めて、排水口へと流してくれる新水路構造。網カゴもお手入れしやすい一体成形。
汚れとキズに強い美コート加工をしているので、いつもシンクがキレイに保てます。作業音も抑えるサイレント仕様。

「クリン網カゴ」も、継ぎ目のない一体成形。ゴミを受けとめ、汚れがちな網カゴも、もちろんステンレスの一体成形。
シンクや排水口同様に美コートが施されているので、汚れを落としやすく、とっても清潔です。

06

●洗エールレンジフード

ボタンひとつで、フィルターとファン内の汚れの約8割を自動洗浄してくれます。面倒なフィルターとファンのお掃除から解放される、画期的なレンジフード。

操作は簡単3行程。
①給湯トレイにお湯(40~45℃)を入れて本体にセット
②洗浄ボタンを押すと集めた油汚れを自動洗浄(約10分)
③排水トレイの水を捨てる
フィルターをファンと一体化させた新構造のファンフィルターをお湯で浸け置き洗い。お湯を掻き揚げる動作によって生じる水流を繰り返し衝突させることで汚れを除去。排水は排水トレイに溜まります。

約月1回の洗浄で約10年間フィルターを取り外さずに掃除ができる優れものです。

07

08

●カラーステンレスフェイス

クリナップだからこそできた、コンロの正面までカラーステンレス。キッチンの色選びがさらに楽しくなります。
色あせないステンレスフェイスで、カラフルになったガスコンロとIHクッキングヒーターです。

気兼ねなく調理できる清掃性の高いガラストップ。素材のうまさを引き出す遠赤外線セラミックバーナー。本格的な調理を楽しむための機能を搭載している、DELICIAとLiSSeは全10色から選ぶことが可能です。

09

10

特に、流レールシンクと洗エールレンジフードは、クリナップが初めて独自で開発した機能です。
流レールシンクは、お掃除しやすいとかなり評判が高く、片付け効率UPに繋がるようです。

・その他のシリーズ

クリナップの最上位グレード『SS』以外のシリーズもご紹介します。
●クリンレディ

クリナップの誇るステンレス性能を受け継いでいる中位グレードのシリーズ。

木製キャビネット並の価格で、より進化した環境にやさしい新ステンレス素材で作った新しい時代のためのキッチンが、ステンレス エコキャビネットを標準装備した『クリンレディ』です。

カビが繁殖しにくく、ニオイもつきにくいから、とっても清潔なステンレス素材で、水汚れやサビ、熱にも強く、お手入れもカンタン。

さらに木製キャビネットではできなかった解体しやすいシンプル設計でリサイクル推進にも繋がっています。

11

●ラクエラ

お求めやすい価格で提供可能な『ラクエラ』。
ステンレスのこだわりは薄くなっていますが、扉面材の色柄が豊富なシリーズです。

新しく面材コレクションも加わり、さらに豊かな表情と素材の質感にこだわりました。幾何学柄やタイル柄、木目柄などのバリエーションも増え、あたたかな風合いのビンテージ仕上げのタイル柄も。ライフスタイルに合わせたキッチンの表情をお選びいただけます。『ラクエラ』の扉ラインアップが益々充実しています。

12

・まとめ

さすがに、国内キッチンメーカーランキングNo.1のクリナップ。
ステンレスの性能を知り尽くした機能&デザインで、使い勝手含めて日本のキッチン事情にぴったりなキッチンだと言えます。

ここで、独断と偏見によるクリナップの総評です!

価格帯:○
機能性:◎
耐久性:◎
種類数:◎
デザイン:○
サポート:◎

機能性&耐久性は、ステンレスを駆使した清潔さと劣化が少ないことで◎。サポートもキッチン専用メーカーということで◎評価。賃貸物件用の『コルティ』というシリーズもありますので、賃貸オーナー様も一件の価値ありです。

第2回目は人工大理石が特徴の旧ヤマハ「トクラス」を紹介予定!!

記事内バナー02

The following two tabs change content below.
木須 拓己

木須 拓己

あなぶきハウジングサービス :木須 拓巳(きす たくみ)
分譲マンション管理会社で専有部(お部屋内)の様々なサービス開発・企画の立案、リフォーム&リノベーション・室内クリーニング、インテリア商品販売等、お客様の快適な生活をサポートする部署の担当。分譲マンションの管理会社を15年務めた実体験及び情報をわかりやすく伝えるために日々仕事に励んでいます。仕事での心情:ニーズを形にする
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

最近書いた記事

関連の記事

  • facebook
  • feedly
  • rss
backtotop