築古マンションを魅力的にするための3つの魔法のアイテム

皆さんはマンションとは築年数が経つごとに、マンションの魅力が下がること思っていませんか?

古くなったマンションでもヴィンテージとして魅力を保つマンションも少なからず存在します。

どうしたらそんな魅力が保てるのでしょうか?

それはマンションの共用部を改修して、築古マンションを魅力的に変えていくことです。

マンションの魅力を高める効果抜群な共用部改修例を3つご紹介します。

 

1.メールボックスが小さい→大きいサイズに変更する

古いマンションのメールボックスはサイズが現在の主流よりも一回り小さいことがあります。

サイズが小さいとA4サイズ書類を折らないと入らないことや、再配達にもなりやすいです。

現在の巣ごもりの世の中で、ネット通販はかかせません。ちょっとした商品がメールボックスに入らないことで再配達になるのは面倒です。

大型郵便やメール便が入るサイズのメールボックスに交換すると通販にとても便利になります。

またメールボックスの配置が悪い場合は、高齢者や年少者が背伸びするなどしないと、ポストの郵便物を取り出しにくいケースがあります。

メールボックスの配置や位置変えることで、中身を取り出しやすくなる場合もあります。

メールボックスを変更することや、配置を変更する場合は、現地を確認し、図面などを元に、理事会でよく打合せをして検討することが重要です。

写真の例は分かりにくいですが、大型郵便に対応するものに変更し、約10センチ全体を下げ、中身を取り出し易くしています。

2.外部階段の床がひび割れて汚れている→リニューアルする

マンションの外部階段は床がモルタルのままの状態のマンションも多くみられます。

冬場など寒い時期などは階段の床が凍って滑りやすくなるため転倒事故の原因となります。

また階段の床に雨水がしみこみやすくなり、躯体の劣化の原因にもなります。

そういった外部階段の不満を解消し、見た目の高級感も増すアイテムが、「外部階段の床防水」です。

写真の例は、床をウレタン塗膜防水ノンスリップタイプで施工しています。

夕方には通行できるように、床の防水工事を1日で完了するため、ウレタン塗膜防水材を超速硬吹付けで施工しています。

 

3.玄関扉が古い→カッコいいデザインの扉に交換する

古い玄関扉は蝶番やドアノブ、扉の仕上げなどが劣化するととても目立つ部分です。

断熱性が低い玄関扉はお部屋のなかの暖房が外気の冷気が伝わって、ひんやりとします。また玄関扉の内側に結露が発生する原因にもなります。

対策として、各住戸の玄関扉を一斉交換することがお勧めです。見た目が古くなった廊下も爽やかなイメージに一新できます。

また工事には各居住者の在宅立会いが必要になりますので、不在の場合や日程調整が大変です。「大規模修繕工事」で行うと日程調整等のスムーズなのでおすすめです。

最後に

70年代、80年代の古い車やバイクは一部のファンには非常に人気があります。

ネットで中古車サイトを見ると、古い車でも驚くほど高値で取引される例がいくつもあります。

マンションなどの不動産も同様に70年代、80年代のマンションでも魅力を保つことは難しくありません。

どんどんマンションを住みやすくして、魅力を高めていきましょう!

The following two tabs change content below.
中西克彦

中西克彦

あなぶき建設工業 中西 克彦(なかにし かつひこ)
2013年入社。中四国・近畿を中心にマンション大規模修繕工事の現場管理をしています。
県外の物件に行くときはアプリで美味しいお店をチェックすることが楽しみです。
保有資格:1級建築士・1級建築施工管理技士
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

最近書いた記事

関連の記事

  • facebook
  • feedly
  • rss
backtotop