【マンション居住者様向け】消防設備点検って何するの?

三浦成美 三浦成美

こんにちは、マンション管理担当の三浦です。
東京では18日連続降雨や突然のゲリラ豪雨が続くなど、じめじめとした日々が続いておりましたが、段々と夏らしい天気に戻ってきたように感じます。

さて今回は消防設備点検についてお話しさせていただきます。
マンションでは年に2回消防設備点検を行います。
点検内容によってはお住まいの皆様のお部屋内やバルコニーに入らせていただくこともありますが、一体どんな点検をしているのか確認してみましょう。

目次

  • 消防設備点検とは
  • 室内のどこを見るの?
  • 絶対やらなきゃいけないの?
  • どうしても都合が合わない…そんなときは
  • まとめ

消防設備点検とは

皆様もご存じかと思いますが、マンションには給水ポンプや排水ポンプ、電気設備、エレベーター、自動ドアなど様々な設備があります。
そしてそれらの設備に異常がないか、皆様の生活に支障をきたすような不具合がないかを定期的に専門業者による点検を行います。

消防設備点検もそれらの設備点検のうちのひとつです。

もしもマンションで火災が起きてしまったときに、火災の警報や消火・避難設備が機能しなかったら大変ですよね。
そのため、消防法という法律で年に2回点検を行うことが定められています。
しかし、他の点検と比べると違う点があります。
それは、マンション共用部だけでなく(設備によって)お部屋内の点検が含まれていることです。

 

室内のどこを見るの?

では消防設備点検ではお部屋の中のどこをみるのでしょうか?
大きく分けると、キッチンや各お部屋の天井に設置されている感知器・報知機の作動確認、ベランダに避難ハシゴがあるお部屋の場合はハシゴの動作確認をします。
自分の部屋のどこに感知器があるのか、事前に把握しておいてください。
お部屋の間取りによって感知器の数や位置が若干違います。押し入れの中に感知器がある場合もあり、居住者の方も点検で初めて知ったということもありましたので、時折室内を見上げてみて天井や電気、感知器を確認してみるとよいかもしれません。

 

絶対やらなきゃいけないの?

マンションにお住まいの方から「消防設備点検のお知らせが投函されてるんですが、絶対やらなきゃいけないの?」というご質問の電話をいただくことがございます。
他にも外部所有者の方が多い、ワンルームで賃貸のお部屋が多いマンションでは賃借人の方が外出していたり、仕事で留守にしてしまって消防設備点検の入室点検の実施率が低い傾向にあります。

マンションの管理組合さんの方針によって「絶対在宅して点検を受けましょう!」というように決めている組合さんもあるかもしれませんし、入室点検実施の強制力などは違いますが、法律などで点検を受けなかったから罰せられるということはありません。
しかし入室点検を受けなかったことで、感知器等の不備・故障に気付かず、火災になったときに作動しなかったり、故障していたことでマンションへの被害が大きくなってしまった場合は、居住者の方の責任が問われる場合もございます。

お部屋内の立ち入り点検の時間は、1部屋およそ5~10分程度となっておりますので、消防設備点検の日はぜひともご在宅のご協力をお願い致します。

 

どうしても都合が合わない…そんなときは

点検があるのは知ってるんだけど、でもどうしてもその日は抜けられない仕事が・・・、そんなときももちろんあるかと思います。その場合は、管理会社へご一報お願い致します。もしなにか必要な手続きがある場合は、管理会社よりご案内がございます。また事前にご連絡いただけますと、点検業者さんにも事前にお知らせできますので、当日スムーズに作業を進めることにもつながります。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。
自分や家族以外の人が部屋の中に入るということで、いやだなあと思う方もいらっしゃるかもしれませんが、火災にかかわる点検ですので、マンションの安全を守るため、ご自分の安全を守るため、ご協力くださいませ。

The following two tabs change content below.
三浦成美

三浦成美

あなぶきセザールサポート 東京西支店:三浦 成美(みうら なるみ)
青森県出身。入社後は立川市にある東京西支店配属となり、マンションの管理担当であるフロント業務を担当しております。
“すぐ駆けつける”をモットーに日々奮闘中です。分譲マンションでの生活に関するお役立ち情報を配信していきたいと思っています。よろしくお願いいたします。
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

最近書いた記事

関連の記事

backtotop