マンション管理組合の小口現金ってどうやって管理しているの?

久米 則子 久米 則子

こんにちは!あなぶきセザールサポートでマンション会計(組合会計)を担当しています久米です。
だんだん肌寒くなってきましたね。風邪が流行っていますが、みなさんは大丈夫でしょうか?
先日私が勤務する事務所の全体朝礼で、乳酸菌が風邪やインフルエンザの予防に効果的だという話をしていた社員がいました。日頃のこまめな予防が大切ですね!

さて、今回のブログでは、マンション管理組合の小口現金についてご紹介します。
管理組合の方だけでなく、会計担当理事を初めて任された方にも読んでいただきたい内容になっています。
ぜひ最後までご覧ください!

目次

  • マンション管理組合の小口現金とは?
  • 実際の小口現金出納帳を見てみよう!
  • まとめ

マンション管理組合の小口現金とは?

「小口現金」とは、少額の消耗品や雑費などの支払がすぐにできるよう、一定額の現金を管理することです。
日々のマンション管理では、清掃用具、蛍光灯、資料のコピー代など、いろいろな費用が必要になってきます。
例えば、廊下の照明が切れた場合、会計担当に報告してお金の準備をしてもらってから買いに行くとなると、時間がかかってしまい、マンションの居住者にとっても不便ですよね。
そこで、マンション管理組合でも一定額の現金を管理し、会計担当理事の方にその中から支払いをお願いしています。
支払いだけでなく、マンションの居住者からお預かりした駐輪場使用料や、自転車に貼るためのシール代の入金があれば、小口現金の収入として管理していきます。

 

実際の小口現金出納帳を見てみよう!

私が会計を担当しているマンション管理組合の小口現金出納帳を見てみましょう。
一部個人情報が記載されているところは消してありますが、実際に毎月マンション会計課に送られてくるものです。

こちらのマンションでは購入した日付や何の科目で計上するかなど、かなり細かく記載し作成しています。
収入の内訳は自転車置場の使用料とバイク置場の使用料ですね。
支出の内訳は、コピー代やファイルやプリンターインクなどの事務用品、臨時総会の資料をこのマンション以外の場所に住んでいる区分所有者の方に送るときの切手代などですね。
この用紙のほかにレシートも添付されているので、金額と内容に間違いがないかひと目で確認することができます。

 

こちらはまた別の私が会計を担当しているマンションの小口現金出納帳です。

共用部の照明電球代や花苗などを購入しています。
こちらの小口現金出納帳も購入したことがわかるレシートと一緒に届くので、購入日、金額、内容がわかるようになっています。

まとめ

いかがでしたか?
マンション管理組合ごとに小口現金の管理の方法や、小口現金出納帳の記入方法は様々です。
収入・支出の金額をわかりやすく記入し、内訳が分かるレシートや領収書などと照らし合わせることにより、正確に管理することができます。

関連記事です↓マンションの管理組合は理事長のほかにも役員がいます。どんな仕事をするのでしょうか!?

マンション管理組合の役員|会計担当理事って何をするの?
初めての管理組合役員必見!管理組合役員って何をするの?

The following two tabs change content below.
久米 則子

久米 則子

あなぶきセザールサポート 経理部:久米 則子(くめ のりこ)
メディア化委員会2代目編集長。新卒で入社してから15年以上経理一筋。ホテル業の経理、マンション販売の経理、マンション管理業の企業会計とさまざまな業種の経理業務に携わってきました。現在はマンション管理組合の会計業務に従事し、スピードと正確性を重視し、忙しい時こそ笑顔で!をモットーに仕事に取り組んでいます。管理業務主任者を取得し、資格を活かした会計業務のお役立ち情報をお届けしたいと思います。
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

最近書いた記事

関連の記事

backtotop