管理費未収は要注意!貸借対照表についてご紹介

三林由佳 三林由佳

目次

  • 貸借対照表とは?
  • 要注意!未収金は残っていませんか?
  • 貸借対照表の4つの勘定科目をご紹介
  • まとめ

 

こんにちは!あなぶきセザールサポートでマンション会計(組合会計)を担当している三林由佳(みつばやしゆか)です。
今回のブログでは、月次収支報告書の中のひとつである「貸借対照表」についてご紹介します。

貸借対照表とは?

私たちマンション会計(組合会計)が毎月作成している月次収支報告書の中に「貸借対照表」があります。
こちらはマンション管理組合が、資産と負債と純資産をどのような状態で所持しているかをあらわす表です。
左側が資産、右側の上が負債、その下が純資産(資産-負債)です。

 

 

要注意!未収金は残っていませんか?

お住まいのマンションで、管理費や修繕積立金などを滞納されている方はどのくらいいるでしょうか?
貸借対照表の未収金の部分を見ると、すぐにわかります。
未収金は貸借対照表の左側の資産の部に記載されています。入金されるべきものですので資産の扱いになりますが、実際にお金は入金されていません。「未収金」というひとつの勘定科目でまとまっている場合もあれば、「未収金-管理費収入」、「未収金-駐車場収入」、「未収金-自転車置場収入」など、各収入ごとに分けて表示されている貸借対照表もあります。
あなぶきセザールサポートで作成している月次収支報告書には、未収金一覧表というものを添付しています。
未収金一覧表と貸借対照表の未収金金額は一致していて、この表を見ると、どの部屋の方が何か月分滞納しているか、一目でわかるようになっています。

貸借対照表の4つの勘定科目をご紹介

つぎに、貸借対照表に出てくる4つの勘定科目をご紹介します。
普通預金のみ記載された貸借対照表が理想ですが、なかなか難しいところがあります。

未払金(みはらいきん)※負債の部に計上されます
マンション管理組合が支払わなければいけないのに、まだ支払われていない金額です。支払いの手続きのサイクルの違いにより1ヶ月~2ヶ月残ったままになる場合もありますが、あまりにも長期間残っている場合は支払状況を確認するなどチェックが必要です。

前受金(まえうけきん)※負債の部に計上されます
翌月以降の管理費などの入金があったときにこの勘定科目を使用します。例えば、1月から3月までの管理費(月額1,000円)全額を1月中に入金された場合、2月分と3月分の2,000円は前受金として計上します。2月になれば2月分の1,000円は前受金ではなく、当月の管理費収入という科目に変更されます。

前払費用(まえばらいひよう)※資産の部に計上されます
保険料を計上する時に使うことが多いです。5年分の保険料を一度に支払う場合、1/5は当期の保険料、あとの4/5は前払費用として計上します。

過払金(かばらいきん)※資産の部に計上されます
資産の部に記載されていて、実際の請求があった金額より払いすぎている場合に使います。いつ返金されるのか、返金の手続きは行われているのか確認が必要です。

まとめ

いかがでしたか?貸借対照表のチェックポイントはお分かりいただけましたか?
貸借対照表は収支報告書だけではわからない、マンション管理組合の資金の状況を読み取ることができます。
月次が届いたときはこのブログの内容を思い出して、貸借対照表を見てみてくださいね。

関連記事です。こちらもご覧ください!

マンション管理組合の会計|貸借対照表の勘定科目を知ろう!

マンション管理組合の会計│貸借対照表の重要な3つの勘定科目のチェックポイント

マンション管理組合会計のポイント⑤|貸借対照表の4つのルール

 

The following two tabs change content below.
三林由佳

三林由佳

あなぶきセザールサポート 経理部 三林 由佳(みつばやし ゆか)
大阪府出身。マンションの管理組合会計を担当し、月間100件を超える組合資料の作成に携わっています。
仕事は「ミスなく、スピーディーに、わかりやすく」をモットーに日々奮闘中!
趣味はフラメンコ、好きなものはオカメインコ。
このブログを通して、マンション管理組合会計の仕事をわかりやすくお伝えできたらと思います。
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

最近書いた記事

関連の記事

backtotop