非常時に知っておきたいこと|エレベータートランクルームとその鍵

三原 章 三原 章

こんにちは、三原です。近頃はめっきり冷え込んできました。体調を崩さないようくれぐれもご注意ください。今回はエレベータートランクルームとその鍵に関する情報をご紹介します。

目次

  • エレベータートランクルームって何?
  • 鍵は誰が持っているの?
  • まとめ

エレベータートランクルームって何?

エレベーターにトランクルーム?日頃、使用することはないものなのでエレベーターに乗っていてもあまり意識することはないかもしれませんが、エレベーターの中には、急病人の方を担架・ストレッチャーを用い、寝た状態でも病院等に搬送可能となるよう、トランクルームが設置してあります。
通常、エレベーターの中は、工事資材搬入や引越しの際に傷つかないようにマットが設置されており、パっと見てもわからないと思いますが、実はそのマットをベリベリっとはがすと、扉が見えてきます。そして、その扉を開くと、30センチ程度のスペースがあります。これがエレベータートランクルームです。

鍵は誰が持っているの?

鍵がないとこのトランクルームは開閉できません。このトランクルームの鍵は通常、管理員室等に保管されていることが多いと思います(自主管理されているマンションの場合は理事長等)。この鍵ですが、平成15年10月以降に設置されたエレベーターについては全て同じ鍵です。そして、この鍵には識別できるよう、鍵に「EMTR」(Emergency Medical Trunk Roomの略です)という英字が刻印されています。この鍵は全国共通、救急隊員の方も所持しています。
しかし、以前はこのトランクルームの鍵はバラバラでした。そこで全国消防長会が「居住する方の高齢化や救急搬送の増加を背景として、急病人に適した体位で搬送するには、エレベーターを有効に活用可能かどうかがその救助を左右する」という主張をし、日本エレベータ協会へ要望書を提出、統一鍵が作られることとなりました。
統一鍵(EMTR)への交換は、通常の鍵業者では取り扱っていませんので、各エレベーター会社に依頼することとなります。費用は約4万円位ですので、まだ統一鍵にしていない場合には交換を推奨します。

まとめ

いつ、エレベータートランクルームを利用する状況がくるのかはわかりません。統一鍵に交換することを推奨しますが、エントランス付近に鍵を設置(壁にフックを付け引っかけておく等)し運用しているマンションも多くあります。大事なことは必要な時にすぐ利用できる状態になっていること、およびそのための周知活動を行うことと考えます。

The following two tabs change content below.
三原 章

三原 章

あなぶきハウジングサービス 東京北支店:三原 章(みはら あきら)
はじめまして!三原章と申します。入社以来10年以上、管理フロントとして業務に従事しております。長年フロント業務に従事してきた経験に基づくお役立ち情報や事例などを配信していきたいと思っています。宜しくお願いいたします。
保有資格:管理業務主任者・宅地建物取引士・マンション管理士
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

最近書いた記事

関連の記事

  • facebook
  • feedly
  • rss
backtotop