分譲マンションの窓ってリフォームできるの?管理規約を解説!

 

おはようございます。

こんにちは。こんばんは。

あなぶきデザイン&リフォームの桑村です。

 

最近

お笑い芸人のジョイマンさんにはまっています。

気がつくと、

韻を踏むことばかり考えてしまい、

なかなか筆が進まない今日このごろです。

 

さて、今回は、

分譲マンションの窓リフォームについて、解説します。

 

 

Q. 分譲マンションの窓ってリフォームできるの?

 

A.  分譲マンションの窓は、リフォームできます。

ただし、現場状況や、管理規約によって制限を受けます。

 

マンションにお住まいの方の中には、

夏の暑さや紫外線、

冬の寒さや結露にお困りの方も多いと思います。

「でも、窓は共用部分だから、

 リフォーム工事はできないんだろうな」

と、諦めている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

しかし、そんなことはないんです。

 

条件によっては、

リフォーム工事をできる場合があります。

 

管理規約を解説しながら、

詳しく見てみましょう。

 

 

標準管理規約の解説

 

標準管理規約とは、国土交通省が作成した、

管理規約の標準モデル(見本)です。

管理組合がマンションの実態に応じて

管理規約を制定・変更する際の、参考になるよう作成されているものです。

 

標準管理規約には、

窓ガラス等の改良工事について、次のように記されています。

 

(国土交通省ホームページより引用)

 

要約すると、

「共用部なので、原則は管理組合が工事をするけど、

住宅の性能が向上する工事 かつ 

管理組合が速やかに工事できない場合 は、

あらかじめ理事長の承認を受けることで、

区分所有者(個人)が工事することができる」

ということが、書かれています。

 

このように、最新の標準管理規約では、条件はありますが、

窓ガラスや窓枠などの工事のうち、性能が向上するものは、

区分所有者個人が行うことができます。

 

ただし、お住まいのマンションによって、管理規約は異なります。

まずは、ご自身のマンションの管理規約を確認してみましょう。

 

窓ガラス等の改良に関する条文は、

22条あたりに記載されていることが多いですよ。

 

 

 

性能が向上するものとは

それでは、「住宅の性能が向上するもの」とは、どんなものでしょうか。

次は、標準管理規約コメントを、見ていきましょう。

 

標準管理規約コメントには、次のように記されています。

 

 

 

(国土交通省ホームページより引用)

 

つまり、防犯・防音・断熱等に効果のあるガラスやサッシであれば、
予め理事長様へ申請し、承認をもらうことで、工事を行うことができます。

 

例えば、真空ガラスや合わせガラス、二重窓などがあります。

一部の製品をご紹介します。

 

 

断熱効果等の高い「真空ガラス」

(日本板硝子HPより引用)

 

 

防災・防犯効果の高い「合わせガラス」

(板硝子協会HPより引用)

 

 

断熱・遮音効果等の高い「二重窓」

(LIXILカタログより引用)

 

ほかにも、いろいろなメーカーが、お悩みに応じた製品を製造しています。

「うちの窓にはどれが合うのかな?」という場合は、

リフォーム会社へ問い合わせをしてみましょう。

 

 

 

 

まとめ

いかがでしたか?

 

管理規約の制限はありますが、住宅の性能が向上するものであれば、
予め理事長様へ申請し、承認を受けることで、
窓のリフォームを行えるケースがあります。

 

まずは、ご自身のマンションの管理規約を確認のうえ、管理組合へ相談してみましょう。

 

 

 

The following two tabs change content below.
桑村早織

桑村早織

あなぶきデザイン&リフォーム 桑村 早織(くわむら さおり)
香川県出身。2012年入社。

入社以来、新築マンションのインテリアフェア運営や、キャンペーンの企画などを行っています。
マンションならではのリフォームお役立ち情報を中心にお届けいたします!

保有資格:宅地建物取引士、管理業務主任者、マンション管理士、マンション維持修繕技術者、福祉住環境コーディネーター2級、整理収納アドバイザー2級
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

最近書いた記事

関連の記事

  • facebook
  • feedly
  • rss
backtotop