安心でエコな自動水栓への交換のオススメ

あなぶき社宅サービス公式 あなぶき社宅サービス公式

こんにちは。あなぶき社宅サービスの丹治です。
弊社はあなぶきグループの総合力で管理・給食・建物メンテナンス等の寮・社宅に関わるサービスをワンストップで提供させていただいております。
その中で今回は建物メンテナンスの業務から施設の『水栓交換』についてのお話を担当の杉井からご紹介させていただきたいと思います。
それでは、杉井さんよろしくお願いします。

こんにちは、あなぶき社宅サービスの杉井です。
弊社では様々な企業様の社員寮の管理をさせて頂いております。
そしてお取引をさせて頂いている企業様に対して、寮生様に安全で快適な生活をお過ごし頂けます様に、設備改修のご提案をしております。
今回は、その中でも弊社が現在、積極的にご提案をしている水栓交換についてご説明をさせて頂きます。
社員寮は建築されてから20~30年位経過している物件が多く、水栓につきましては自動水栓ではなく、ハンドル式の水栓(ひねる蛇口のことです)が設置されているケースが多い状況です。
弊社では水栓交換が必要なケースのご説明、また、自動水栓に交換すると様々なメリットがあることをお取引先企業様にお伝えし、自動水栓への交換をご提案しています。

それでは、以下、ご提案をしている理由を順番にご説明させて頂きます。

1.食品衛生法の改正に対応致します。

食品衛生法の改正に対応するため水栓交換が必要な設備があります。
弊社では、企業様の社員寮の管理業務を行っており、そして管理をさせて頂いている多くの社員寮でお食事のご提供をしております。

ご提供しているお食事は寮内の厨房で弊社従業員である管理員が調理していますが、その際には必ず食品衛生法に従い業務を行っています。弊社を含め、全ての食品等事業者は食品衛生法に従い業務を行うことが義務付けられています。
食品衛生法は、あまり聞きなれない法律ではありますが、飲食による健康被害の発生を防止するための法律であり、実は私たちの生活に深く係わっている法律です。
そして、食を取り巻く環境の変化や国際化などに対応して食品の安全を確保するため、2021年6月1日に食品衛生法は大きく改正されました。
食品等事業者は営業許可を取得することが必要ですが、食中毒のリスクや事業者の営業実態等を考慮して32業種が定められました。そして、営業許可を取得する為の施設基準についても変更がありました。
より安全であることを目的として「施設に求められる手洗い設備」についての施設基準が変更となり、「厨房内の流水式手洗い設備(洗面台等)の水栓に関しては「洗浄後の手指の再汚染が防止できる構造であること」と定められました。
洗浄後の手指の再汚染が防止できる構造であること」とは、どの様な構造のことを指しているのでしょうか。
「再汚染が防止できる構造」とはセンサー式(自動水栓)、レバー式、押しボタン式など手洗い後に水栓を再び触らずに止水できる構造のものとなります。
今後は、2021年6月1日以降、飲食店営業許可を更新または新規取得する場合は、上記の「再汚染が防止できる構造の水栓(センサー式、レバー式、押しボタン式)」に変更する必要がありますので、弊社では様々なメリットを考慮して自動水栓への交換をご提案しています。

実際に、ハンドル式水栓から自動水栓に交換をして頂いた事例をご紹介致します。
弊社の管理人が、厨房で調理作業の際に使用致します厨房手洗い場の水栓交換となります。

 ①【厨房手洗い場:水栓取替前(ハンドル式水栓)】

 

②【厨房手洗い場:水栓取替後(自動水栓)】

 

2.感染症対策に役立ちますので安心です。 

社員寮には上記でご説明した「厨房内の流水式手洗い設備(洗面台等)の水栓」以外にも、寮生様が共同使用するトイレ・お風呂・洗面台にも多数の水栓が設置されています。
これらの水栓につきましても、自動水栓であれば手を触れずに差し出すことで水がでますので、他の人が触れた蛇口をひねる必要がなくなり、接触感染防止対策に大きく役立ちます。現在では自治体においても、感染症対策として学校・公共施設の手洗い場、トイレに導入する事例が増えています。

3.高い節水効果が期待できて、環境にも優しくなります。

自動水栓であれば、手を近づけるとセンサーが感知して自動的に吐水しますから、水の出しっ放しや、うっかり水栓を閉め忘れてしまうことがなくなります。そうすることで大きな節水効果が期待できます。
水の使用量を減らすことには、浄水場や下水処理場で使用するエネルギー消費量の削減にもつながりますから環境にとてもやさしい行動となります。

以前は、自動水栓を取り付ける際に電気工事が必要となる為、導入を断念することもありましたが、現在では、電池式や発電タイプ(水栓自体が水の流れを利用して発電・蓄電します)の様な電源不要の自動水栓も発売さており、電気工事をしないで交換が可能な製品がございます。
弊社でも自動水栓への交換のお手伝いをさせて頂くことができます。もし、ご関心があれば、是非、お問合せを頂ければ幸いです。

今回ご紹介しました『水栓交換』の他にも、何か施設の管理・運営にお困りのことはありませんでしょうか?
少しでもお困りごとや気になる事がございましたら、是非、私ども『あなぶき社宅サービス』にご連絡ください。
これを機会に、弊社ホームページもご覧いただけると幸いです。

弊社ホームページ ⇒ あなぶき社宅サービスホームページ

 

 

 

 

 

The following two tabs change content below.
あなぶき社宅サービス公式

あなぶき社宅サービス公式

社宅サービスは企業や官公庁の社宅・寮管理と給食の提供を行っています。
このブログではあなぶき社宅サービスで提供している給食のレシピも含め、お役立ち情報をお伝えしていきます。
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

最近書いた記事

関連の記事

  • facebook
  • feedly
  • rss
backtotop