分譲マンション管理員/管理員への取組み(バースデーハピカ) 

岡田洋二 岡田洋二

こんにちは。あなぶきセザールサポートでマンション管理員の指導を行っている岡田です。

私たちライフサポート課では、管理員の採用・指導や研修を行っています。
今回は、私たちライフサポート課の研修以外のライフサポーター(管理員)に行っている取組みを紹介します。

 

目次

  • バースデーハピカとは
  • 代行協力シール
  • まとめ

 

 

バースデーハピカとは

「ハピカ」

社員同士が「ありがとう」を気軽にやりとりできるようにカードの形にして渡す取組みです。
このハピカカードに担当フロントがライフサポーターの誕生日お祝いと、日頃の感謝のメッセージを添えて送っています。

“○○ライフサポーター誕生日おめでとうございます“
“いつも大変お世話になり感謝しています“
“これからも長くお勤めしてください“

フロントとライフサポーターの関係が少しでも良くなるように、と始めました。

実際にライフサポーター巡回面談に行くと、今まではフロントに関する不満を相談してくるライフサポーターが多くいましたが、最近では随分と少なくなってきていると感じています。

もらったバースデーハピカを社員証の中に入れているライフサポーターが何人もいました。

あなぶきセザールサポートのユニークな取組み①『ハピカ』で紹介)

「しあわせのカケラ」

ハピカカードと一緒にシール(スタンプ・しあわせのカケラと呼んでいます)も1枚プレゼントします。

このシールはスタンプラリーのように、たまった枚数に応じハピスタ商品と交換が可能となります。
ハピスタ商品は、フロント担当が直接ライフサポーター(管理員)へお届けします。

 

(ハピカカード・スタンプシール“しあわせのカケラ”)

マンション管理“感理”ではフロント担当・ライフサポーター(管理員)の息の合ったコンビネーションが必要です。

→(あなぶきセザールサポートのユニークな取組み⑥『ハピスタ』で紹介)

 

代行協力シール

多くのライフサポーター(管理員)がスタンプシールを集めるのを楽しみにしています。
本来『ハピスタ』は、ライフサポーターからの情報提供や紹介によりスタンプシール“しあわせのカケラ”を送っていますが、スタンプシールが貯まりやすいように誕生日の他に代行業務(管理員が休みのマンションに代わりに管理員業務を行う)に協力してもらったライフサポーターに代行協力の都度、スタンプシール1枚を送ります。
これにより、多くのライフサポーターがハピスタ商品を受け取っています。

 

まとめ

ライフサポート課では、毎月1回会議を行い各拠点の状況確認、ライフサポーターの情報共有や研修の内容についての打ち合わせを行っています。

私達は居住者様の一番身近にいる管理員の「資質向上」を図り、安心・安全・快適な住生活を提案し続けます。

The following two tabs change content below.
岡田洋二

岡田洋二

あなぶきハウジングサービス 東京北支店:岡田 洋二(おかだ ようじ)
分譲マンションは管理員さんで決まる!ライフサポート課では管理員(ライフサポーター)の採用・指導・研修を行っています。清掃は“心”をモットーに、ライフサポート課6名で力を合わせ、ライフサポーターのスキル向上を目指しておりますので、宜しくお願い致します。これからマンション管理員の清掃や指導・研修などの現場に関する情報を発信していきます。
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

最近書いた記事

関連の記事

  • facebook
  • feedly
  • livedoor
  • rss
backtotop