考えてみよう!駐車場の空き対策

前口 恵理 前口 恵理

こんにちは。あなぶきセザールサポート、管理課の前口です。
皆さまGW楽しんでいますか?GWも残り2日になってしまいましたね。長期のお休みはあっという間に終わってさびしく感じます…
6月は祝日が無く、次は7月になりますので、それまで皆さまお仕事や学校がんばりましょう!笑

さて今回のブログのテーマは、「駐車場の空き対策」についてです。最近は若者の車離れなどもあり、駐車場の空きが埋まらない!なんて事あるかと思います。駐車場は管理組合にとって大きな収入源の1つでもありますので、これを機に見直してみてはいかがでしょうか。

目次

  • 駐車場の空き対策(始める前に)
  • 駐車場の空き対策①
  • 駐車場の空き対策②
  • まとめ

 

駐車場の空き対策(始める前に)

駐車場の空き対策を取る前に、何故空きがあるのかを把握する事が大切です。なぜならその理由次第で取るべき対策法が変わってくるからです。そこでまずは居住者の方にアンケート実施してみましょう。

アンケートは下記内容を含めてみてはいかがでしょうか?

・車を所有しているか

・(車を所有されている方)外部orマンションに駐車場を借りているか

・マンションの駐車場の金額は妥当か

・賃料を減額した場合、駐車場を契約してくれるか

駐車場の空き対策①

先程のアンケートで「マンションの駐車場の金額が高い」や「減額したら駐車場を契約してもいい」の回答が多かった場合は、駐車場の料金を見直してみましょう。
外部で契約しているお客様の大半の理由が‘マンションの駐車場料金よりも安いから’かと思います。そこで現在のマンションの駐車場料金、外部の駐車場料金の相場を比較し金額を検討してみましょう。
減額をする場合には現在の収入総額よりも下がらないようにバランスを考えることも必要です。
また金額を見直す場合には総会で承認が必要となります。理事会でいくらにするかを決め、総会で承認をもらいましょう。

ただ駐車場の金額を見直し‘減額’した場合に、その時は空き駐車場が埋り、収入が安定しますが、この先また空きが増えてしまった場合は収入がより低くなってしまう、値上げを検討しても承認されることが難しくなってくるなどの問題も考えられます。それらの事も踏まえて、金額の見直しについて検討するとより良いかと思います。

駐車場の空き対策②

「所有している人が居ない」や「今後マンションの駐車場を契約する予定はない」の回答が多かった場合は外部貸しを検討してみましょう。外部には、マンションの外部に貸す方法とサブリースを導入するという方法があります。

マンションの外部の人に貸す場合は、広告などを外に掲示し、募集者を募る方法を取ります。そのため借りたいという人が居れば収入が増えるのですが、借りたいという人が出なかった場合は、そこは空き状態のまま無収入となります。

一方サブリースを導入する場合は、サブリース会社と管理組合が駐車場を貸す契約を結びます。その後はサブリース会社が駐車場の契約者を探してくれるため、組合は何もすることはありません。またサブリースを導入している場合は、その駐車場の区画の利用の有無にかかわらず毎月の収入が入ってきます。万が一居住者で借りたいという人が居れば、だいたい2ヵ月前に報告しサブリースを解約することも可能です。

どちらも実施する場合には、管理規約の

「(共用駐車場の使用)
第 15 条 管理組合は、駐車場について、使用希望者に駐車場使用契約により使用させることができる。」

というように外部の方も駐車場を使用できるような条文を入れる必要がございます。

またどちらも収益事業にあたるため、税務署に申告をする必要がありますので、気を付けましょう。

まとめ

皆さま駐車場の空き対策少しは参考になりましたでしょか。どの方法を採用してもメリット・デメリットは出てきてしまうかと思います。ですが駐車場の使用料は管理組合にとっては大きな収入源になりますので、現在空きが複数あり困っている方は早めに対策を考えてみましょう。

では!皆さま残りのGWも楽しんでください♪

The following two tabs change content below.
前口 恵理

前口 恵理

あなぶきセザールサポート 東京本店:前口 恵理(まえぐち えり)
新卒で入社し管理担当者として、現在12棟のマンションを担当しております。
お客様目線で寄り添ったフロントを目指して日々奮闘中です。
趣味は食べる事と旅行で、ウユニ塩湖にいくのが夢!
このブログを通して少しでもお客様のお力になれたらと思います。
保有資格:管理業務主任者
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

最近書いた記事

関連の記事

  • facebook
  • feedly
  • livedoor
  • rss
backtotop