マンション長期不在時の臭い対策|排水の悪臭原因はどこ!?

藤井理絵 藤井理絵

新年あけましておめでとうございます。あなぶきコールセンター藤井です。
コールセンターでは24時間365日ご入居者様のお声を承っています。
その中から今回は、水回りの“封水切れ”についてご紹介します。
年末年始で長期間ご自宅を留守にされている方も多いと思います。
ご帰宅時に“臭い”が気になる際は、下記の記事を参考に今一度お試しください!

目次

  • 年末年始“専有部設備トラブル事例”統計
  • 長期不在時の悪臭と封水切れの関連
  • 封水切れの対処方法
  • まとめ

 

年末年始“専有部設備トラブル事例”統計

あなぶきコールセンター統計

 

 

長期不在時の悪臭と封水切れの関連

 

グラフのとおり、年末年始の専有部の設備関連のお問い合わせでは“水回り関連”のお問い合わせが上位を占めています。
『水漏れ』や『お湯が出ない』等の設備の不具合の他に、帰省などで長期間ご自宅を留守にされ、数日ぶりに帰宅すると『どこからか悪臭が漂い部屋中に臭いが充満している!』とのご相談を承る事も増えてきます。

水回りの排水管の途中には、S字型等の“排水トラップ”と呼ばれる部分があり、この部分に溜まった“封水”と呼ばれる水が“排水の臭い”をシャットダウン!する役目を担っています!

 

排水トラップは構造上、下水の悪臭や硫化水素などのガスを遮断し屋内へ侵入するのを防いだり、害虫などを屋内に進入させない働きもあります。

日常生活の中で水を使用すると、自然にこの部分に“封水”が溜まり、臭いをシャットダウンしてくれるのですが、長期不在にすると、水を使用しない状態が続く為、この“封水”が蒸発して無くなってしまいます。

“封水”が無くなると、臭いがシャットダウンされなくなり、排水管の“どぶの様な臭い”が上がってきて、室内に充満してしまうのです。

しばらく留守にした後、疲れた体で玄関ドアを開けると、いきなり  “どぶの様な臭い”  が充満していたのでは、疲れも倍増してしまいますよね。次の項目では、そんな封水切れの対処方法をご案内します。

 

封水切れの対処方法

 

封水切れの対処方法は簡単です!

普段の日常生活のとおり水を使用していれば、自然に排水トラップ部分に水が溜まり、臭いも徐々に改善されていきます。
気になる際は、帰宅後しばらくの間、水を流した状態にし、早く封水を溜めるようにすると気にならなくなります。
数日経っても改善しない場合は、設備業者さんへ有償での点検を依頼する事も出来ますので、まずは慌てず、水回りの“封水切れ”をお確かめ下さい!

また事前の対策として、封水が蒸発して無くなってしまわないよう “排水口の蓋”を閉めたり、市販の“排水トラップ蒸発防止剤”を使用する事も一案です。

 

~LIXIL HPより~
http://tostem.lixil.co.jp/support/troubleshooting/wet_area/bathroom_sw/case06-01.htm

 

 

まとめ

せっかくの長期間の楽しい時間も、帰宅後の悪臭でゲンナリしてしまうと残念な事になってしまいます。疲れた体を癒して、また新しい1年を気持ちよくスタートできるといいですね!

The following two tabs change content below.
藤井理絵

藤井理絵

藤井 理絵(ふじい りえ)
あなぶきハウジングサービス(あなぶきコールセンター)2006年入社
あなぶきコールセンターにて北は北海道から南は沖縄まで24時間365日ご入居様のお声を承る業務に従事しています。
日々緊張しつつの応対ではありますが、頂いたお声に対してお役立ち出来た時は一番うれしい瞬間です。
コールセンターに頂いたお客様のお声をもとにお役立情報をご案内していけるよう頑張ります。
好きな事:旅行(のんびりと南の島へ行くのが理想です)
保有資格:管理業務主任者・宅地建物取引士・福祉環境コーディネーター2級、電話応対コンクール香川県大会出場
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

最近書いた記事

関連の記事

backtotop