新築分譲マンションの入居手続き会とは?

堅田善之 堅田善之

あなぶきインシュアランスの堅田です。
先日、新築分譲マンションの入居手続き会へ参加するため長野県へ行ってきました!
今回は入居手続き会にてどんなことをしているのか、簡単にご紹介したいと思います。

 

目次

  • 1.入居手続き会ってなに?
  • 2.どんなことをしているの?
  • 3.まとめ

1.入居手続き会ってなに?

あなぶきグループにて行っている入居手続き会は新築分譲マンションを購入したオーナー様にお集まりいただき、入居に関しての諸手続きをご案内しています。
鍵のお引渡しの約2か月前~1か月半前ごろに開催します。

お引越しやマンションの管理に関しての説明、登記に関する説明など、さまざまなブースがあります。
ご説明だけではなく、ご提出が必要な書類の回収をさせていただく場でもあります。

マンションの戸数によりますが、1~2日間かけて朝から晩まで行います。
お客様はそれぞれ事前にアンケートなどでお伺いしている時間に会場へお越しいただき、各ブースにて説明を受けられます。

多くの関係者と多くのお客様が集まり、入居に向けての準備を行っていくのです。

 

2.どんなことをしているの?

具体的にどんなことをしているのか、いくつかご紹介します。

登記のブース

マンションを購入する=物件を所有することです。
このため、所有権の保存登記を行う必要があります。
入居手続き会では司法書士の方にお越しいただき、ブースにて登記確認書・委任状などの書類を作成し、お客様へご署名・ご捺印いただいています。

 

管理会社のブース

管理会社のブースでは引越し時や入居後の注意事項、管理費の引落しに関して、設立総会の開催予定や管理組合の予算案についてなど、マンション管理に関する説明を受けられます。
ご入居後の生活に関わることから、他のブースよりも少し長い時間説明の時間を設けています。

 

引越しのブース

ここでは引越会社の方とマンションへの引越し希望日などを打合せします。
マンションの場合、鍵の引渡しを原則1日で行います。
そのため、各自がバラバラに引越しを行うと、エレベーターの使用ができないなど混乱が発生するため細かく引越し時間のスケジューリングを行います。

 

火災保険のブース

火災保険のブースでは専有部分の火災保険について説明を行います。
火災保険のパンフレットや保険料表などを準備しており、それをもとに個別にお客様と打合せをし、ご契約プランを決定します。
入居手続き会の場では申込手続きまではできないので、後日正式な申込書をお送りする流れで行っています。

 

このように各ブースでお引渡しまでに必要な手続きなどのご案内をし、ブースを回り終えると終了となりお客様がお帰りになります。
お客様から質問をいただくこともあり、すべてのブースを回り終えるまで1時間程度かかることもあります。

 

3.まとめ

入居手続き会は多くのお客様が集まる場でもあるので、各ブースの関係者が連携してスムーズな会の進行を心がけています。
また販売に携わった営業マンはお客様とコミュニケーションを図る重要な場にもなっています。

入居手続き会が終わると実際の物件をチェックする内覧会を経て、いよいよお引渡しです。
個人的には入居手続き会に参加すると、いよいよ引渡しが近づいてきたなという感じがして、わくわくする会でもあります。

 

■おまけ

入居手続き会では普段行かないようなエリアに行くこともあります。
泊りがけの出張になることもあり、ご当地のおいしい食事も楽しみの一つです(笑)

The following two tabs change content below.
堅田善之

堅田善之

あなぶきインシュアランス 堅田 善之(かたた よしゆき)
高知県出身。2008年穴吹興産に新卒入社。2009年3月から株式会社穴吹ハウジングサービスへ転籍し、マンション管理組合の運営サポート業務を経験。
2013年4月から株式会社穴吹インシュアランスへ転籍し保険代理店業務を担当。現在は四国・中国・近畿地方エリアを中心に「住宅購入者向けの火災保険」や「マンション管理組合の火災保険」の提案、事故対応業務、グループ社員向けの自動車保険の提案業務を行っています。
【得意分野】火災保険・自動車保険
現在、ファイナンシャルプランナー2級の取得に向けて勉強中です。
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

最近書いた記事

関連の記事

backtotop