自動車保険はなぜ必要なのか?

堅田善之 堅田善之

あなぶきインシュアランスの堅田です。
大型連休中は多くの方がお出かけをすると思います。

そんな時によく起こるのが自動車事故です。
今回はそんな事故から守ってくれる自動車保険について基本的な部分をご紹介します。

 

目次

  • 1.自賠責保険と任意保険の違い
  • 2.相手方への補償は無制限に!
  • 3.まとめ

1.自賠責保険と任意保険の違い

自動車の保険は大きく分けて2つあります。

「自賠責保険」と「任意保険(自動車保険)」です。

自賠責保険は法律によって加入が義務付けられており、必ず加入しないといけません。そのため、「強制保険」とも呼ばれています。
この自賠責保険は必ず加入しないといけませんが、補償される内容が限定されています。

上の図のように自賠責保険は事故の相手方のケガや死亡についての損害しか対象となりません。
しかも上限が決まっていますので、相手方への賠償額が上限金額を上回った場合、超過分は対象外です。

自賠責ではカバーできない部分を補償するのが「任意保険(自動車保険)」となります。

 

2.相手方への補償は無制限に!

任意保険(自動車保険)はさまざまな補償があります。

■任意保険(自動車保険)の主な補償

(1)対人賠償
交通事故で相手方にケガや死亡させてしまい、法律上の損害賠償責任を負担する場合に、自賠責保険の補償上限を超える損害賠償をカバーします。

(2)対物賠償
交通事故を起こして、他人の車や物などの財物に損害を与えた際に、保険金が支払われます。

(3)人身傷害
交通事故により運転者自身や同乗者がケガをした場合などに、治療費などの様々な費用について実際の損害額を補償します。

(4)車両保険
交通事故によって破損した自身の車両修理代が支払われます。自損事故まで補償する補償範囲の広いタイプから補償を限定したタイプなど種類があります。

 

上記のうち(1)、(2)は賠償金が高額になるケースが多くあります。
保険金額を上限のない「無制限」とすることができますので、この2つの補償はぜひ「無制限」にしておくことをおすすめします。

 

3.まとめ

自動車保険の話をお客様としていると、ごくたまに「自賠責保険があるから大丈夫でしょ?」とお話しいただくことがあります。
今回ご紹介したように自賠責保険だけでは十分な補償とは言えません。

自動車はとても便利なものですが、事故の際には相手の方に大きな損害を与えてしまうこともあります。
自動車保険はさまざまな事例に対応するためにいろいろな補償があります。

ご自身に必要な補償がなにかをしっかりとお考えいただく際に本記事を参考にして頂ければと思います。

 

The following two tabs change content below.
堅田善之

堅田善之

あなぶきインシュアランス 堅田 善之(かたた よしゆき)
高知県出身。2008年穴吹興産に新卒入社。2009年3月から株式会社穴吹ハウジングサービスへ転籍し、マンション管理組合の運営サポート業務を経験。
2013年4月から株式会社穴吹インシュアランスへ転籍し保険代理店業務を担当。現在は四国・中国・近畿地方エリアを中心に「住宅購入者向けの火災保険」や「マンション管理組合の火災保険」の提案、事故対応業務、グループ社員向けの自動車保険の提案業務を行っています。
【得意分野】火災保険・自動車保険
現在、ファイナンシャルプランナー2級の取得に向けて勉強中です。
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

最近書いた記事

関連の記事

  • facebook
  • feedly
  • rss
backtotop