マンション構造の種類・特徴|RC(鉄筋コンクリート)造、S(鉄骨)造、SRC(鉄骨鉄筋コンクリート)造とは?

飯野琢磨 飯野琢磨

おはようございます。

あなぶきセザールサポート飯野です。

本日はマンションの構造について、ご説明します。

マンションの構造を使用する材料別に分類すると、RC(鉄筋コンクリート)造、S(鉄骨)造、SRC(鉄骨鉄筋コンクリート)造などに分類することができます。それぞれこれからご紹介していきます。

ブログタイトル7.15

目次

  • RC(鉄筋コンクリート)造とは
  • S(鉄骨)造とは
  • SRC(鉄骨鉄筋コンクリート)造とは
  • まとめ

・RC(鉄筋コンクリート)造とは

マンションで最も多いのがRC造です。RC造とは鉄筋コンクリート構造のことで、英語のReinrorced Concrete(補強されたコンクリート)の頭文字をとっています。

組んだ型枠の中に鉄筋を配し、そこにコンクリートを流し込んで、柱・梁など建物の骨格部分を一体に作り上げます。建物の形を比較的自由にできるところが特徴です。

熱に弱く錆びやすく、引っ張り力には強いが圧縮力には弱い鉄筋と、熱に強く、圧縮力には強いが引っ張り力には弱いコンクリート、この二つの材料を組み合わせることにより、お互いの欠点をカバーし合い、マンションに必要な強度を持つ優れた構造となります。

ちなみに日本最古のRC造マンションは瑞島(軍艦島)にある炭鉱住宅で、大正5年に建てられたものです。近年は高強度コンクリートの技術が進んだことから、60m超(概ね20階建マンション相当)までは、RC造が増えてきています。

※日本最古のRC造マンションは瑞島(軍艦島)にある炭鉱住宅です。

nagasaki

・S(鉄骨)造とは

RC造に次いでマンションの構造で多くみられるものにS(鉄骨)造があります。S造のSは英語のSteelの略です。

S造の特徴としては、RC造よりも大きな空間ができること、建物自体が軽くなる事、工期が短くて済むことなどがあげられます。そのため、工場やオフィスビル、体育館等の大空間にも使用されます。また奇抜なデザインにも対応可能です。

奇抜なデザインで特に有名なのが、世界遺産に指定されている、アントニ・ガウディのカサ・ミラで、外観は地中海をイメージして造られたともいわれており、私が好きなS造の建造物のひとつです。

※アントニ・ガウディーのカサ・ミラ:こんな形でも鉄骨造です。現在も集合住宅として使用されており居住者もいます。

Spain_Barcelona_Casa_Mila

S造の大きな欠点として、防音性能があげられます。S造は骨格が鉄骨だけですので、防音性が低く壁を叩くと軽い音がします。防音性能にこだわりたい方はお勧めできません。

また、建物が軽いため、風、地震、交通振動によって揺れやすい特徴を持っています。

鉄骨造のマンションでは振動を抑えるための制震装置を設置するなどの対策が取られているかがポイントとなります。

 

・SRC(鉄骨鉄筋コンクリート)造とは

SRC造とは、鉄骨鉄筋コンクリート造のことで、Steel Reinforced Concreteの頭文字を取っています。SRC造とは名前のとおり、RC造とS造の長所をあわせた構造となります。

超高層マンションでよく採用されており、RC造やS造よりも高強度となりますが、建設にかかるコストは高くなってしまうのが欠点です。低層階はSRC造として、上層階はRC造とすることで、コストを抑えるやり方もあります。

 

・まとめ

新築マンションのモデルルームに出かけていっても、主な説明は住戸内の設備や仕様が中心となり、構造については営業担当も簡単な説明となることがほとんどです。設備や仕様は日進月歩で日々新しいものが出てきますし必要があれば交換もできますが、反対に建物の構造は建替えでもしない限り変更することはできません。分譲マンションを購入する際は構造についても詳しく確認されることをお勧めします。

The following two tabs change content below.
飯野琢磨

飯野琢磨

あなぶきセザールサポート 東京南支店:飯野 琢磨(いいの たくま)
前職では大工や建築積算を経験。入社後、マンション修繕工事のコンサル業務、分譲マンションのリプレイス営業、分譲マンションのフロントを経験。
マンション管理のことについてはもちろんのこと、リフォームやリプレイスなどさまざまな視点から幅広い情報を提供します。
所有資格:一級建築士・マンション管理士・管理業務主任者・宅地建物取士
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

最近書いた記事

関連の記事

backtotop