お部屋探し中の方必見!知っておきたい「1R」と「1K」の違い。

生山 亨 生山 亨

あなぶきセザールサポートの生山です。

今回は「1R(ワンルーム)」「1K(ワンケー)」の違いについてお話させていただきます!
意外とこの違いを知らないままお部屋探しをする人がいます。

1Rと1Kは違います。

違いをしっかりと理解したうえで、後悔しないお部屋探しをしてくださいね。

1R1Kの違い

 

目次

  • 1R(ワンルーム)
  • 1K(ワンケー)
  • 1Rのメリット・デメリット
  • 1Kのメリット・デメリット
  • まとめ

1R(ワンルーム)

まず「1R」の間取り(例)です。

1R

 

洋室の中にキッチンがありますね!
このように部屋とキッチンが分かれていないタイプが1Rです。
ロールカーテンで仕切っていたりする物件もありますが、扉で仕切られていないものは1Rです。
上の間取図では廊下と洋室の間に扉がありますが、扉のないタイプの1Rもあります。

1K(ワンケー)

次に「1K」の間取り(例)です。

1K

 

そうです!部屋とキッチンが扉で分かれているのが1Kです。

1Rのメリット・デメリット

1Rと1Kの違いは分かっていただけたと思います。
次に1Rのメリットとデメリットについてお話します。

1Rのメリット
・1Kに比べて家賃が比較的安いこと

・扉等が少ないので開放感があること

です。

1Rのデメリット
・料理をするとにおいが部屋中に広がること 

・人が来た時に部屋からキッチンが丸見えになってしまうこと

ですが、ロールカーテンを付けたりすれば多少は解消することができます。

 

1Kのメリット・デメリット

1Kのメリットは1Rのデメリットが解消されることです。
・料理をしてもにおいが部屋には広がらないこと

・部屋からはキッチンが見えないこと

1Kのデメリット、これも1Rのメリットの裏返しですが、

・1Rに比べて家賃が比較的高いこと

です。

まとめ

他に特徴として、一般的に1Rの方が狭く(目安として~18㎡)、1Kの方が広い(目安として18㎡~)です。
「1R、1K、どちらを選べばよいか」ですが、ライフスタイルに応じて決めればよいと思います。
料理が好きな人、よく友達が部屋に遊びに来る人には1Kをお勧めします。
逆に「料理はほとんどしないし、誰も来ないし、家に帰ってもほとんど寝るだけ」の人は1Rでもよいと思います。
(僕はこのタイプです 笑)

もちろん1R、1Kという間取りも大切ですが、他に
・立地や設備
・家賃
・築年数
・収納の大きさ
・日当たり
・洗濯機を置く位置
・冷蔵庫を置く位置

…など総合的に判断して決める必要があります。
その人、その人によってライフスタイルは異なりますので、1R、1Kの違いを知ったうえで、自分のライフスタイルにあったお部屋探しをしてくださいね!

The following two tabs change content below.
生山 亨

生山 亨

あなぶきハウジングサービス イノベーション戦略本部:生山 亨(いくやま こう)
分譲マンションの管理担当(フロント)を経て賃貸仲介・賃貸管理・売買仲介・総務業務を経験。長年やってきた賃貸業務、中でも特に空室の改善、対策は得意分野です。
会社に地域に、そして日本に少しずつ“わくわく”を創ります!
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

最近書いた記事

関連の記事

  • facebook
  • feedly
  • rss
backtotop