マンションのインターネット契約変更 ~個別契約編~

梅原慎太郎 梅原慎太郎

こんにちは、あなぶきハウジングサービスの梅原です。
私の記事では、マンションとインターネットに関する記事を中心にお伝えさせていただきます。

今回は、「マンションのインターネット契約変更 ~個別契約編~」についてご紹介させていただきます。

マンションのインターネットが遅い問題

マンションでのインターネット利用されている方から、速度が遅い(遅い時間帯がある)というご相談がよく寄せられます。

これは、マンションのような集合住宅では、マンションプラン(タイプ)のインターネットが導入されていることが多いためです。
マンションプランのインターネットは、料金が安いなどのメリットがありますが、回線を共有しているため、速度低下が発生しやすい環境となっています。

マンションのインターネット環境については、以下の記事をご確認ください。

マンションのインターネット環境・ネット回線の違いについて

 

契約変更を検討する

最新のパソコン、Wi-Fiルータの交換、速度低下しやすい時間帯を避けての利用など、いくら対策をしても、どうしても速度が遅い(安定しない)などの場合は、最終手段として、契約(回線)先を変更するのも方法があります。

契約変更には様々なハードルがあり、また、契約変更を行っても速度改善しない場合もありますので、契約変更を行う場合は、十分に情報収集、事前確認等を行うようにしてください。

※マンションでは、全戸一括導入型プランなどもありますが、今回は個別契約の方法を紹介します。

 

マンションプランからマンションプランへの契約変更

インターネット対応マンションでは、複数の提供会社と回線契約できる場合があります。
NTT系、KDDI系、電力会社系、ケーブルテレビ系、等、マンションによってはたくさんの提供会社から契約を選択でき、こちらは比較的簡単に契約変更が可能となっています。

共用部まで各提供会社の光回線が引き込まれている場合が多いので、変更先の提供会社やプロバイダへ契約変更したいことを伝え、次の注意点を確認し契約を変更しましょう。

 

① 一時的にインターネットの利用ができなくなる。

契約変更により回線工事が必要な場合は、工事開始までに数週間程度時間を要する場合があるようです。引越しの多い、3月から4月にかけては、ゴールデンウィークを過ぎても工事が終わっていないということもあるようなので、利用できるまでどの程度時間がかかるか確認した方が良いかと思います。

② 変更元のプロバイダの解約金などが発生する。

インターネットの契約は、複数年契約による割引が一般的になっています。初期工事費、月額利用料、キャッシュバックなどが対象となっており、解約するタイミングによっては解約金が発生し、数万円にもなる可能性があります。解約する時は、解約金が発生しない条件などを確認してください。

③ 変更先の提供会社(プロバイダ)の契約数が上限となっている。

複数の提供会社が存在する場合、その数の光回線が共用部引き込まれております。共用部のスペースは限りがありますので、導入されている設備(機器)のサイズも制限がある場合あります。新たな契約先に、本当に契約可能か確認してから、既存の契約を解約するよう気を付けてください。

マンションプランから戸建てプランへの契約変更

マンションプランでは、回線を共有しているため、提供会社を変更しても速度の改善がない場合があります。そこで、回線を独占して使用できる戸建てプランへの契約変更を検討するのも一つの方法です。

しかし、マンションで戸建てプランを契約するのはいくつかハードルがありますので、内容を確認していきましょう。

① 管理組合・オーナーの許可が必要

戸建てプランにし、回線を独占するということは、新たな光回線を引き込む必要があるため、管理組合やオーナーの許可を得る必要があります。
戸建ての多くは、電柱(電線)等から回線を引き込んでおり、エアコンダクトや電話線配管の利用、時には壁に穴を開けるなどしているようです。

マンションでは、壁に穴を開ける事はまず難しいでしょう。電柱からの引き込みについても、低層階のみ可能、限られた方角のみ可能、などの条件があるようです。※電柱からの引き込みは景観等の問題もあります。

共用部の配管を使用する場合もありますが、通常共有して使用するスペースを個人で使用することになる為、こちらも事前許可をしっかりとる必要があります。
導入の方法は、事前に契約会社と相談してから、管理組合やオーナーに確認をする方が無難でしょう。

② 利用料金が上がる

戸建てプランは、回線を1人で独占するため、マンションプランと比べ利用料が高くなります。また、全戸一括導入型プランを採用しているマンションの場合は、利用料金の二重払いとなる場合もありますのでご注意ください。

③ 提供エリア

そもそもお住いのマンションが契約したい回線の提供エリア内となっていないと契約できません。回線の改善を求める場合、既存の契約会社と異なる会社を選択する場合が多いと思いますが、提供エリア内となっているかしっかり確認してください。

契約変更の前にもう一度確認を

速度低下等で、インターネットの契約を変更する場合は、変更前にもう一度、原因を確認・調査してみてください。

原因がご自身のパソコンや、Wi-Fi、LANケーブルなどの場合は、いくら回線を変更しても解決しません
時間帯によって速度低下が発生する場合は、提供会社(プロバイダ)等に相談してみるのもよいと思います。

いずれの場合も、必ず速度改善する訳ではありませんので、繰り返しになりますが、情報収集、事前確認を十分に行ってください。

 

まとめ

マンションのインターネット契約変更について確認しましたが、いかがだったでしょうか。

速度低下の原因は無数にあり、多くの問題の一つに回線の混雑があります。
契約変更する場合は、お住いのマンションによって事情が異なる為、簡単に契約変更できないこともありますので、手段の一つとして検討し、ストレスのないマンションのインターネット環境で過ごしてください。

The following two tabs change content below.
梅原慎太郎

梅原慎太郎

あなぶきハウジングサービス イノベーション戦略本部
梅原 慎太郎(うめはら しんたろう)

通信・IT業界を得て、現在は不動産業界に従事。
入社後、分譲マンションの管理担当を経験し、現在は、入居者様に快適な生活 をご提供するサービス開発・企画等を行う部署に所属しております。
みなさまに少しでも快適な生活を送っていただけるような情報を発信していきます。
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

最近書いた記事

関連の記事

  • facebook
  • feedly
  • rss
backtotop