お洒落なデザイナーズホテルオープンin福岡!【ALPHABED INN福岡大濠公園】

こんにちは、あなぶきスペースシェア 問可です。
前回広島の宿泊施設を御紹介しました  が、今回は福岡

貰って嬉しいお土産ランキング絶対上位の博多通りもん、食べるのが勿体ない程可愛い(食べるけど)名菓ひよ子、めんべい、梅ヶ枝餅…お土産を並べただけでも溢れ出る魅力たっっぷりな福岡県は、転勤で行って良かった都道府県ランキング堂々の1位!(問可調べ)

私は入社してから香川県に配属となり、まだ転勤の経験がないのですが、諸先輩方皆さんが口をそろえて「福岡は楽しかった!」と仰っていて、いつか住んでみたいな~と憧れを抱いています。

さて、本日はそんな福岡県に2019年12月オープンした「ALPHABED INN福岡大濠公園」をご紹介いたします!

動画で紹介「ALPHABED INN福岡大濠公園」

まずは室内の様子を動画でご紹介!

こちらは、香川県で既に運営しているALPHABED INN高松駅前と同様、一棟まるまる宿泊施設としてご利用頂けるデザイナーズホテルです。お部屋によってレイアウトが異なるので、お好きなお部屋タイプをお選び頂けますよ。

施設概要

・住所:〒810-0062福岡県福岡市中央区荒戸1-8-3
・アクセス:地下鉄 「大濠公園駅」より徒歩にて約5分
※当施設に駐車場はございません。近隣のコインパーキングをご利用ください。

・チェックイン:15:00~20:00
・チェックアウト:10:00まで
※15時から20時の間のみスタッフが駐在しています。15時前及び20時以降のチェックインはお受付できませんので、ご了承ください。

 

室内設備

テレビ、インターネット接続(無線LAN形式)、湯沸かしポット、冷蔵庫、ドライヤー、個別空調、空気清浄器、洗浄機付トイレ、ボディーソープ、シャンプー、コンディショナー、ハミガキセット、フェイスタオル、バスタオル、浴衣


パッキングの際、かさばってしまいがちなタオルや寝間着の用意があるのは助かりますよね♪

室内タイプ1:ハリウッドツインルーム 最大定員2名

シングルベッド2台のお部屋。
鏡がとても大きく、扉部分から光がよく入るので、女性の方にとって朝の身支度の際嬉しい洗面スペースではないでしょうか?

客室タイプ2:クアッドルーム 最大定員4名

シングルサイズの2段ベッド×2台のお部屋。


クアッドルームの特徴は、広めのくつろぎスペース+キッチンがついていること。食器や調理器具もご用意しておりますので、ご自由にご利用頂けます。

 

客室タイプ3:ファミリールーム 最大定員5名

シングルベッド2台、シングルサイズの2段ベッド1台、布団セット1組のお部屋。こちらもキッチン付。


ファミリールームの特徴は、室内に畳のスペースがあること。
実際にご宿泊頂いたお客様からは、「0歳の子供と一緒に泊まれるホテルを探していたところ、ファミリールームがあるこのホテルを見つけました。キッチン付きなのでミルクの準備や離乳食のあたためをする事ができ、子供も畳の敷いてある所で安全に過ごすことができました。」と嬉しいお声を頂きました♪

おすすめポイント

ALPHABED INN福岡大濠公園のコンセプトは「和モダン」。
各お部屋・フロントスペースには、博多織のアートパネルを飾っています。こちらのスペースで旅の予定を語らうのも良いですね。

ホテルに入ってお客様をお迎えするフロントは、こだわりの小物で装飾をしました。客室は勿論、入口~フロント~客室番号の案内など、細かい部分までもこだわったデザイン。シンプルでありながらも、素敵な内装テンションが上がってしまうこと間違いなし!の宿泊施設です。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
静かな立地にありますが、周辺にコンビニ多数、スーパー、ドラッグストアもあり便利です。地下鉄を利用すれば、市内観光施設は20分程度で行くことが可能ですよ~!

お洒落なデザイナーズホテル ALPHABED INN福岡大濠公園のご予約は☆こちら☆から。
皆様のご宿泊をお待ちしております!

The following two tabs change content below.
問可叶

問可叶

あなぶきスペースシェア 高松本店運営課
問可 叶(とが かなえ)
高知県出身。2017年入社。
以前は賃貸事業部仲介営業として、お部屋探しのお手伝いをしていました。2019年6月、あなぶきスペースシェアへ入社。現在はお客様対応を中心として、宿泊施設の管理・運営をしています。
誰が読んでもわかりやすい記事を書いていきたいと思います。宜しくお願いします!
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

最近書いた記事

関連の記事

  • facebook
  • feedly
  • rss
backtotop